EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

私の「露出狂」への対処法

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
私の「露出狂」への対処法

執筆者30代後半の女性

 今日痴漢に遭遇する夢を見ました。

 はい、欲求不満です。

 よく痴漢の被害に遭う友人からは、

「昼間スーパーの帰り道、両手にスーパーの袋ぶら下げて歩いてたら外人に両胸わし掴みされた」(巨乳だからね…)

とか

「地下鉄でお尻触られた」

とか

「地下鉄降りたらスカートに精子ついてた」

とかの話を聞きます。

 痴漢によく遭うコは「何度も会う」と言うけど、私にも人より多く会う方々がいます。

 それは露出狂の方々!!(露出もある意味痴漢じゃない?)

 過去に数えきれないほど遭遇しています。

 大通り公園を女友達と2人で歩いていると、コート着たオッサンが寄ってきてオープン。

 コートの中は真っ裸、ニヤニヤして見せてきました。(ブツはショボイ)

 きっと普通の女のコは

「キャッー!!」

って反応するんだろうけど、常連の私はグッと耐えて

『そのちっさいおチンポが何か?』

っつう目でお上品にシラケた表情で素通りします。

 悲鳴を上げて逃げると相手の思う壺のような気がしてならないから、極力そうすることにしています。

 今でこそ出来る技ですが、初めてお会いした時は過剰に反応してました。

 それはまだ10代の頃。

 友達と2人、冬の札幌を何故かハイヒール&ミニスカートで歩いていると、軽自動車が私達の歩く速度に合わせて付いてくる。

 ナンパだと思って無視をしていたら助手席の窓が開いた。

 ふと見ると、運転席に1人のオッサンが乗っている。

 窓が開いたのに何も言わない。

 不思議に思いよく見ると、オッサンは下半身を出し私達のほうを見てシコッてた。

 ビックリした私は

「ギャッー!!!」

と悲鳴を上げた。(ウブでした)

 その悲鳴に過剰反応した友達が、助手席のドアをハイヒールで蹴った。

 気持ち良くシコってたオッサンが我に返り、

「おいっ!ガキ!な、なにすんだよ!」

っとまるで

『被害者は僕ちんなのだ!ナニをするんだオマエたちぃー』

みたいな口調で怒鳴るので、ムカついて更に私がハイヒールで車を蹴った。

 友達もまた蹴った。

 軽自動車だからボコボコに凹んだ。

 調子に乗った10代2人で

「ばぁ~か!ばぁ~かぁ~変態!腐れチンポ!」

などと暴言を吐いていたら、急にオッサンが





「クソガキ!!ひき殺してやる!!」





っと怒鳴り散らしたので、怖くなった私達はハイヒールで雪道を必死に逃げた。

 逃げて逃げて…近くのマンションに逃げこんだ。

 窓から見ると、オッサンが必死に私達を探しているのが見えた。

 無事に逃げ切った後、『今度から蹴るのは止めよう』と心に誓った。

 女装したオッサンがニヤニヤシコシコ歩いてきても。

 花火をしている私達を見ながらニヤニヤチラチラとチンポを見せてきても。

 スカートを履いた男が自転車に股がりチラチラニヤニヤとチンポを見せてきても。

 今の私は決して蹴らず、

『そのちっさいおチンポが何か?』

という表情でやり過ごすようにしています。

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top