EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【私は人妻デリヘル嬢】第2話.13番ブースが私のお城

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【私は人妻デリヘル嬢】第2話.13番ブースが私のお城

シリーズ物【私は人妻デリヘル嬢】

読者投稿40代後半の女性

 翌日、朝から出勤させてもらうことにした私は、約10年ぶりに朝の仕事のためにメイクをし、広島行きの電車に飛び乗った。
 勤務は余裕を見て10:30から。

(10:00にお店に着いたらもう一度メイクを見直したい)

 そう思っていた。

 実際にはそうはいかなかった。
 昨日、帰り道はすんなり覚えたのに、どこを曲がればいいのか覚えてない。
 唯一覚えてるのは、すぐ近くに夜の蝶のドレスショップがあったことくらい。

(お店からまっすぐ電車通りに出られたのに…)

 電停からすぐ近くの角を曲がったことは覚えていた。

『確かここだったはず』と角を曲がってまっすぐ歩く。
 でもドレスショップは見当たらない。私はパニクった。早くしないと遅刻してしまう。
 1本違う道に行き、どうにか10:30ちょうどにお店に着いた。

 昨日のあのドアを必死で探し、事務所に「おはようございます!遅くなりました」と駆け込む。
 ちょうどオーナーがいて、「千秋さんちょっと」と私を呼ぶ。

「女の子はこのドアじゃなくて、こちらの自動ドアから入ってくださいね」

 外に出ると、薄くて白いプラスチックのパネルが目隠しのように立っていた。
 仕事柄の配慮なのだろう。

 初めての仕事を待ち受けるべく、私は改めて事務所に向かった。

 事務所に入り、まずは待機用のブースを決める。
 図面を見て、入り口が見える隅っこの13番が気に入ったので、そこに決めた。
 それ以来先客がいない限り、私は13番ブースに入ることになった。

 あの棚にあったミニバッグを渡される。
 中には小分けされたイソジンうがい薬とローションが入っていた。
 バッグは年季が入っていて、縫い目が少しほつれていた。

「イソジンやローションを無くすと1,000円、バッグを無くすと2,000円賠償してもらいます」

 商売道具だもの、ごもっとも。
 他に小冊子も入っていた。
 広島のデリヘル紹介誌で、お客さんに配るように言われた。

 ブースに案内され、13番の札を立てた。
 テレビと携帯充電器と電話がある1畳のスペースが私のお城だ。
 ソファーがあり、「待機中はそこで寝ていてもいいですよ」とブランケットの場所も教えられた。
 漫画女性雑誌もあり、ちょっとした漫画喫茶みたいだった。

 ブランケットを1枚取ってブースに戻ると、私は携帯を取り出して「写メ日記」を開いた。
 お店に在籍している女の子は、写メ日記で自分をアピールできると聞いて、採用が決まってからすぐに、緒方オーナーにIDとパスワードの発行をお願いしていたのだ。

 今日IDとパスワードを発行してもらえたので、早速日記を更新する。

『皆さん初めまして。人妻の花園に入店しました千秋です。わからないことばかりですが、よろしくお願いします』

 写メは自分の首から胸を撮って載せた、もちろん着衣で。

(綺麗に見えるかな…)

 緊張しながら写メを載せた。

 私は本当は40代。お店の指示で「30代」になった。そしてバツイチなのに、人妻になった。
『話を合わせるのがたいへんだな』と、テレクラのサクラをしていた頃を思い出した。

 昨日買ってきて用意した手書きの名刺を取り出した。
 メイクの見直しをして、名刺数枚を化粧ポーチに潜り込ませた。
 お客さんにひとこと書けるように、カラーペンも用意した。

 テレビを見る気にはなれなくて、携帯を見て過ごしていると突然ブースの電話が鳴った。

 遂に来た。怖くて取れない。でも意を決して受話器を取る。

「はい」

「千秋さんお仕事ですぅ。外に出て待っててくださいね」

「ありがとうございます」

 自分のお財布とお仕事用のお財布、カラーペンと化粧ポーチが入ったバッグと、お仕事用のバッグを持って自動ドアから外に出る。
 しばらくすると、シルバーのワンボックスカーが静かに停まった。

「千秋です。よろしくお願いします」

「千秋さんデリランドフリー40分、ジュピター201ね」

「デリランド…フリー…ですか?」

 実は、お店は人妻の花園だけではなかった。
 オーナーが何店舗か経営しているらしく、デリランドもそのひとつだった。
 お仕事をひとつでも多く取るため、人妻の花園以外のお店にも出向くことがあるのだという。
 フリーは指名ではないということ。

(大丈夫かな)

 不安になりながら、携帯に部屋番号をメモして車は出発した。

 ドライバーさんは安田大サーカスのクロちゃんみたいな雰囲気の人で、とても話しやすかった。
 初めての私の緊張をほぐそうと、いろいろ話しかけてくれた。

 ホテルジュピターはお店から近く、あっという間に着いた。
 クロちゃんに「頑張ってくださいね」と送られてジュピターに入ると、私は201号室のドアをノックした。

第3話初めてのお仕事

ガチンコ体験レポート
PCMAX(レポート風)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top