EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【私は人妻デリヘル嬢】第1話.源氏名は「千秋」

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【私は人妻デリヘル嬢】第1話.源氏名は「千秋」

シリーズ物【私は人妻デリヘル嬢】

読者投稿40代後半の女性

 さっそく何件か電話をかけてみる。
 大抵は年齢制限に引っかかり、門前払い。
 当時の私は40代前半。
「若い子しか採ってないんですよ」の答えが多かった。

(やっぱり誰だって若い子抱きたいよね…)

 暗澹たる気持ちになりながら、求人をひとつひとつ潰していく。

 何件目だろう。
「まずはお話を聞きに来られませんか」とありがたい言葉を頂いた。
 年齢は問題ないという。

 ただひとつ、気になっていることがあった。
 私は以前、初めての飲み屋さん勤務のストレスから1年で20kgも激太りしてしまい、安心して脱げる体型ではなくなっていた。
 太っていることを話しても、断られることはなかった。

 数日後に面接の約束を取り付け、電話を切った。
 実はデリヘルの面接は初めてではない。
 遡ること数年前、まだ細かった頃にデリヘルの面接を受け、いわゆる実地研修も受けた。
 お風呂場での洗い方、フェラの仕方、そしてゴムなしの本番の仕方。
 当時は本番ありが暗黙の了解だったらしい。
 体験入店で2回ほど接客したが、あまりの仕事の少なさに私は本入店を諦めた。

『またあの頃のように実地研修があるんだろうな』と覚悟を決め、面接の日を迎えた。

 夏の強い陽射しをパラソルで遮りながら、私は広島駅の南口を歩いていた。
 お店まで送迎ドライバーさんが送ってくれるという。
 徒歩ナビでも迷うほど方向音痴な私は、ありがたくその申し出を受けることにした。

 教えてもらったナンバーの黒い軽のワゴン車を探す。
 決して広いわけではない停車スペースなのに、緊張してナンバーを探す目が滑る。
 隅の方に停まっていた車をどうにか探し、助手席のドアを開けようとすると「後ろに乗ってください」と言われた。
 後ろに乗るのは…なんだか落ち着かない。
 そわそわしながら、お店までの道を覚えようとしたけれど、裏道を駆使するドライバーさんには通用しなかった。

 ほどなくして、車はあるビルの駐車場に停められた。
「こちらですよ」と誘導するドライバーさんに付いて行く。
 重い鉄のドアを開け、6畳より少し狭い部屋に通された。

「そこのソファーで座って待っていてください」

 緊張が高まる。電話が鳴る。

「はい、『人妻の花園』です」

(あぁ、もしかしたらここで働くのかもしれないのか…どうしよう。ほんとに私ここに来てよかったんだろうか)

 暑さと緊張で汗が止まらない。メイクが崩れてしまいそうだ。

 来るはずのオーナーが遅れるそうで、またしばらく待たされる。
 ふと棚を見ると、たくさんのミニバッグが置かれていた。
 その横にはコスプレ用の服がかけられていて、どれも可愛らしいものばかり。
『こんなの入らないよー!』と心の中で叫んでいた。

 テレビには水戸黄門の再放送が映っていたので、それをぼんやり見ながらオーナーを待つ。
 時折入ってくる女の子たちが細くて可愛くて眩しい。
 場違いな所に来てしまったことを強く後悔した。

「おはようございます」

 水戸黄門が佳境に入ってきた頃、少し恰幅の良い男性が入ってきた。

 私も思わず「おはようございます!」と返す。

「遅くなりました…オーナーの緒方です。面接を始めましょう」

(遂に来た…。あの実地研修があるのか…でもなんかオープンな雰囲気の事務所だし、あるのかな?)

 不安になりながら、差し出された紙に住所や名前、できるプレイとできないプレイなどを書いていた。

「結構できること多いですね」

「アナルプレイは最近してないんですけど、一応経験はあります…」

 これが良かったのか、採用になった。
 覚悟していた実地研修は無かったが、ファイルを渡されて熟読するように言われた。
 そのファイルには、手コキの仕方が詳細かつリアルなイラスト付きで説明されていた。
 恥ずかしがりつつも、持ち出しはできないので懸命にやり方を頭に叩き込んだ。

 源氏名を決めるように言われた時、少し悩んだ。

 前もって見ていたお店のサイトでは、みんな芸能人の名前を付けているのが特徴的だった。
 なんだかそうしないといけないような気がして、源氏名は私が好きなポケットビスケッツの千秋から取って「千秋」にした。

 ポケビでの頑張りを見せた、あの千秋のようになりたかった。
 早速オーナーの了解を取って、100均でカードとカラーペンを買い、手作り名刺を作ることにした。
 リピーターを作るためには、名前と顔を覚えてもらわなくてはいけない。
 店名と源氏名をカラフルに書いて、私は明日の出勤に備えた。

第2話13番ブースが私のお城

【無修正】出会い系で素人娘と待ち合わせをしてホテルで即ハメ中出ししたら絶頂 - 3 min
PCMAX(出会い系素人娘動画)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top