EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【援助交際】若い娘に貢いだ結果は「ウォレットさん」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【援助交際】若い娘に貢いだ結果は「ウォレットさん」

執筆者30代後半の女性

 知人の50代男性が、娘ほども年の離れた子にあっけなくフラれて落ち込んでいた。
 お相手は元々は夜の蝶、ホステスだったらしい。

 北海道の田舎町から出てきた、「いじらしく見える」彼女の為に部屋を借りてあげ、室内に彼女の好きな家具を揃えてあげ、挙句の果てには洋服から靴まで、自分好みの女にしようとあれこれプレゼントした。

 そして夜の世界から足を洗わせようと、知人に頼んで昼の仕事まで紹介した。
 当然の如く、金銭的に厳しかった時は事あるごとに支援もしてきた。

 それもこれも若い彼女の為に。

 そんな関係が5年ほど続いていた。

 だがしかし、彼女にはずっと内緒で付き合っている同世代の彼氏がいたのだ。
 元々水商売を始めたのも、その彼氏の為。
 稼いだお金を愛する彼氏に渡していた。
 枕営業もビジネスだと割り切っていた。
 所詮…その程度の女だったのだ。

 彼女達の間で、知人男性は「ウォレットさん」と呼ばれていたらしい。
 彼女の『今月きびしいの…』という携帯メール1つで、お金をホイホイ援助してくれるお財布オジサンと見なされていた。
 残酷だ…。

 でも冷静に考えれば分かるはず。

 誕生日やクリスマスプレゼント、特別な記念日の贈り物以外…女性(いや男性でも)は好きな人、愛する人から必要以上に物やお金は頂けない。
 相手を思えば当然の事だ。

 もっと簡単に書けば、貢がせる男に対して本当の愛は無い。
 勿論居なくなれば困る、必要で大切な人だが…まさに金の切れ目が縁の切れ目。
「貴方に恋してる」わけではなく、「貴方を便利に思ってる」だけなのだ。

 よっぽど財力のある男性なら、愛人の1人や2人を囲うことは出来るが…それでも品のある知的な男性は、品格の無い女性を選ばないだろう。

 その知人男性、去年のクリスマスイブにフラレたらしい。

 奥さんに浮気を勘づかれ…彼女に前ほどお小遣いを渡せなくなった。
 値切ったらフラレたそうだ。

 最後には、

「若い女と付き合うならケチケチするな!」

と捨て台詞を吐かれた。

 知人男性は「そんな事言わない娘なのに…」と言っていたが…いやいや、最初からそういう女だって事に気付こうとしなかっただけだ。
 彼女の本心がそこにあるのだ。

 多分、また同じような“パパ”を探すだろう。

 援助交際は巷で横行しているが…しない娘は絶対にしない。

 娘がいる人なら、自分の娘に置き換えて考えてみるといい。

『娘は遊ぶ金欲しさ、男に貢ぐために援助交際をするんだろうか?』
『簡単に身体を売るんだろうか?』

 大抵の娘は、出来る範囲でアルバイトをするのではないだろうか。
 欲しい物を我慢したり、安い物を上手く組み合わせて買ったり。
 それが普通の事、当たり前の事である。

 女性が男性からお金を受け取るのは、家庭を持ってからで良い。
 一家の主が汗水流して働いて稼いだお金を預かり守る。

 それが本当の意味で“美しい女”だと思う。

 それにしても、「若い娘がいい」と言う男性は多い。

 きっとその男性は、女性を落とす自信が無いのだろう。
 若い娘なら自分の経験値で丸め込める。
 お金や物でも釣りやすい。

 しかし、そうやって手に入れた女性を素敵に育てられる男性は、残念ながら少ない。



この記事繋がりで、日本一悲惨な貢ぎ男を見つけてしまったお
その目にとくと焼き付けるがいいお
ヤる夫(よく考えたら)

貢ぐって言うレベルじゃないだろ・・・
男もアホだが、キャバ嬢がブラックホール過ぎる
ヤらない夫

おススメの割り切り情報

実際に出会えた【割り切りサイト】を厳選して公開中!
高レベルの女とヤりたいならこれを読め!

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top