EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【100人斬り男の体験談】最終話.あいつのことは許してやるか

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
【100人斬り男の体験談】最終話.あいつのことは許してやるか

シリーズ物【100人斬り男の体験談】

 これは俺と嫁の話である。

 俺は社会人になってから元キャバ嬢と同棲をしていたが、2年程で破局した。6月の事だった。

(しばらく彼女出来ないだろうな)

 そう思いつつも、今年の夏休みに海でゲットすると誓っていた。
 夏休みに入る時に職場の先輩達に宣言する。

俺「夏期休暇で彼女ゲットしてきます!」

ビーチボール持ってくれば良かったね~


 友達と海に行く約束をして、「いつもの海じゃあつまらないから綺麗な海に行こうぜ」と言った。

友達「じゃあ場所選んでおいて」

 返信があった。

 ネットで調べると、凄く綺麗な穴場スポットの海を見つけた。

俺「ちょっと遠いけど、ここに行こう」

 当日、友達5人とその海に行った。
 カンカン照りのまさに夏って感じの天気だった。
 ビーチに行く。
 失敗した…海はメチャクチャ綺麗だが女がいない!
 口コミしか情報が無い穴場スポットは穴場過ぎた。

 俺達は諦めて海を楽しむことにした。
 ビーチボールを持って来ていたが、男5人でビーチボールをするのは面白くない。

 一方、海は澄み渡っていて最高だった。
 ほとんどは砂浜だが、満潮・干潮を利用する岩の生け簀みたいな所があり、その上から飛び込みをしまくっていた。

 生け簀で遊んで砂浜に帰ってくると女グループが3組いる!
 普段の海なら数十組いるのだが、穴場スポットでの3組は嬉しかった。

 友達とナンパしようと相談し、まずは少数精鋭で行くことにした。
 最初はギャル2人組だ。
 俺はギャルに興味が無かったので、他の2組を監視していた。

 そこに俺のど真ん中タイプがいた。
 彼女は3人組で社会人になりたての雰囲気だった。3人とも可愛い。
 彼女達はビーチに座って雑談していた。
 その雑談の中で、

『ビーチボール持ってくれば良かったね~』

 そんなジェスチャーをしていたのを俺は見逃さなかった。

(フフ、俺はビーチボールを持っている)

友達「ダメだった、ほぼシカト」

 友達2人が帰ってくる。

俺「あのグループいけそうだよ、ビーチボールやりたがってる」
友達「まじで?なんで?」
俺「ボール持ってないのに、こうやってトスするようなジェスチャーしてた」
友達「よし、じゃあ次いってみるか」

友達「ナンパなんですけどいいですか~?」
女「なにそれー直球過ぎるでしょ(笑)」

 第一感触はいい感じだ。今回は俺を含めた3人で挑戦した。

俺「ビーチバレーしようぜ」
女「ほんとに?ビーチボール持ってくれば良かったって話してたの」

(知ってる)

 俺達6人はビーチボールで遊びながら自己紹介をした。
 途中から待機していた2人が合流する。
 その後も砂浜に埋めたり、海ではしゃいだりして遊んだ。

雰囲気悪くて申し訳ないが、俺と付き合ってくれないか?


 帰る時に番号を交換することになった。
 俺達は代表の1人がアドレスを交換して、そこから皆に伝える方法を取った。
 アドレスを交換したのは俺と嫁だった。
 理由は簡単なものだった。
 キャリアが一緒で、電話番号だけでメールが送れるからだ。

 俺は帰りの車中でメールをしていた。

俺「友達1と友達2が○○ちゃんのメアド知りたいって言うから教えてくれる?」
嫁「わかった~○○だよ」
俺「嫁ちゃんは誰か知りたい人いる?」
嫁「うーん、私はいないかな~」

 嫁は終始ノリが悪かった。後で理由を聞くとナンパが苦手だったらしい。
 友達に付き合い仕方なくといった感じだ。

 俺と嫁はメールを繰り返した。
 なんとか夏期休暇中に映画に行けることになった。
 当日映画を見て、居酒屋に行く。

俺「ナンパした時は無愛想だったけど、本当は明るいんだね」
嫁「だってナンパは苦手なんだもん」
俺「最初見た時からタイプで絶対声かけようと思ってたからね。だからビーチボールしたいのも知ってた」
嫁「あ、知ってたんだ?ずるい!タイプって○○のこと?」
俺「いや、嫁ちゃんだよ」
嫁「嘘、○○だとずっと思ってた。よく話しかけてたからさ」
俺「○○ちゃんはノリいいじゃん?盛り上げるにはノリのいい子に話しかけないといけないからな」

 俺達はいい感じに打ち解けていた。

嫁「私もあの中では俺さんが一番カッコイイと思ってたよ」
俺「マジで!?超嬉しいわ」

俺「居酒屋で雰囲気悪くて申し訳ないが、俺と付き合ってくれないか?」
嫁「本当に?」
俺「本当に」
嫁「うーん、俺さんいい人だし、わかった、付き合おう!」

 俺は最近起きた自分の出来事に気付いた。

俺「ありがとう!超嬉しいわ!でも1つ言っておかないといけないことがあるのを思い出した」
嫁「なに?」
俺「俺、ついこないだ難病になっちゃったんだ」
嫁「えっ…?」

 これは、会社の健康診断の結果が『精密検査が必要』となっていて、大きな病院で再検査して発覚したものである。

俺「ごめん、付き合う前に言えば良かったね」
嫁「どんな病気なの?」
俺「医者曰く、○○って難病で発症してから3年で8割の人が治るらしい」

 嫁は泣き出した。

俺「えっ!えっ!どうした?」

 俺は嫁が落ち着くまで待った。

嫁「ヒック…だって3年で8割の人が亡くなるんでしょ?そんなのひどいよ」

 居酒屋がうるさくて聞こえてなかったみたいだ。

俺「いやいや、8割の人がな・お・る!」
嫁「えっ?じゃあ残りの2割は?」
俺「長引く」
嫁「それだけ?」

 俺の難病は治療法が見つからないだけで、実害は息切れ位だった。

 俺は泣いてくれた嫁を大切にしていこうと心に誓った。

 嫁との出会いは運命だと思っていた。

 出会ったあの時、あの海水浴場を選んだのは、たまたま同じ口コミを見て嫁が決めたからだ。

 嫁は俺の趣味のゲームにも寛大で、バイオやモンハン等を一緒にやっている。

 外見は俺好みのどストライクだった。

 そして一番運命だと感じたのは、過去に俺をいじめていた女と漢字は違えど同じ名前だったこと。

 俺は明日提出する婚姻届を見てつぶやいた。

「あいつのことは許してやるか」

最後に

 本当にこれで終わりです。
 今まで読んでくれてありがとうございました。
 俺も昔のことを思い出せて、楽しかった。

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top