EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

ハイレベルなオナニスト「新築コキ逃げ」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
ハイレベルなオナニスト「新築コキ逃げ」

【出典:安田塗装

執筆者年齢不詳の男性

 新築・新居と言えば、「焼肉やろうか?」が定番の挨拶。

 昭和生まれだと、新築にも関わらず室内で焼肉の臭いを付けるというネタ振りなんだけど、今の人には通じるのかな?w

 先日、道場関係者と飲んでいたのだけど、そこで変態自慢が始まったのよw

 俺が「セックス自慢とかする奴は単なるナルシスト野郎だから気にならないけど、オナニー自慢する奴には何故か負けたくないわw」とか言ったら、出るわ出るわ変態自慢wwwww

 まず1日の最大オナニー回数。

 俺は中学の時に5回。しかもセックスを2回した後、彼女が帰宅してから思い出して抜いたという話をしたら、連中は余裕で2桁突破www

 そして、俺の中の変態ランキングが急上昇する程のオナニストが存在した。

 一応、その変態を「Y」と称する事にする。

 Yは20代前半のイケメンスポーツマンだが、会話をすると馬鹿っぽさが全開になるのが痛い。

 格闘技の腕前もかなりのもので、錬成大会(同じ流派内の練習試合)では始めて1年半なのに優勝した事もある。

 そんなY曰く、「新築でコキ逃げするのが気持ちイイ」らしい。

 以下は飲み会での会話。

Y「自分、この前、友人の新婚の新築宅に呼ばれたんスよ」

Y「で、新婚2人が買い出しに行って、俺1人で留守番する事になったんですわ」

Y「そしたら、奥さんから『暇つぶしにどうぞ』とデジカメ渡されて、新婚旅行の写真の中に奥さんの水着姿も映ってたんですわ!」

Y「これは『私で抜いて下さい!』って意味でデジカメ渡してきたってことですよね?」

一同「違うわwwwwwww」

Y「で、いろいろ考えたら家だからパンティもあるじゃないですか?」

Y「タンスを物色したら当然、洗濯済みだったんですよね」

Y「そこで洗濯カゴを物色したら使用済みが有ったんスよ」

一同「ちょ!おま!wwwwwお巡りさんwwwww」

Y「で、奥さんのデジカメの水着姿と使用済みの下着を持ってトイレに行ったんスよ」

Y「自分、トイレでオナニーするの大好きなんスよ」

俺「狭いから読書とか落ち着くって言うけど?」

Y「違うんです!!ウォシュレットってアナル舐めされているような感覚が味わえるし、手も使えるからオナニーするには最高なんです!」

一同「死ねよwwwwwwwww」

Y「で、興奮し過ぎて2分くらいで出ちゃったんスよ。奥さんのパンティをチンコに巻きつけたままで外すの忘れて…」

一同「死ねよ!マジで死ねばいいんだよ!wwwwww」

Y「で、洗濯カゴに戻すのも問題だと思って、慌てて自分の車のシートの下に仕舞ったんですわ」

一同「完全に下着泥じゃねーか!www」

Y「すみません」

一同「すみませんじゃねーよ!wwww」

Y「で、新婚だからハメ撮りとかしてると思ってパソコンの中身を調べたんッスよ」

一同「もう駄目だwwwお前は破門だwww」

Y「え?こんなの普通ッスよ?」

一同「刑務所入れwwwwww」

Y「そしたらハメ撮りは無かったんですけど、奥さんの妹さんの写真が出てきたんッスよ」

Y「で、よく見るとTシャツで青いブラジャー透けてるんですわ」

Y「これは2回戦しかないなと…」

Y「で、抜こうかと思った瞬間に新婚の車が帰って来た音がしたので諦めたんですけどね」

一同「マジでアホだ。お前がそんな奴だったとはwww」

一同「お前、相手に罪悪感とかないのか?www」

Y「勿論、奥さんに悪いので、ちゃんとパンティは2回くらい使ってから洗濯して、わざとベランダに落として返しておきましたよ?」

一同「そういう問題じゃねぇよ!wwwwww」

 そんな訳で、もうYの変態ランクは上がりっぱなしwww

 他にも援助交際で一発抜いて、お金が勿体ないから二発目は払わない代わりに、目の前でオナニーを見てもらうという柔道家も居てビックリwww

 マジで体育大学出てる連中には勝てないわ…orz

 俺ってもしかすると自称体育会系なだけで、本物の体育会系じゃなかったのかもしれない(汗)

 そんな人生観の変わる飲み会でしたw

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top