EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

12年で882万円を使った男が教える!優良風俗店を選ぶ7つのチェックポイント

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
12年で882万円を使った男が教える!優良風俗店を選ぶ7つのチェックポイント

読者投稿35歳の男性

 私は風俗遊びが大好きです。
 どれくらい好きなのかは、タイトルに書いてある通りですね(笑)
 得られたモノが多くありましたし、全く後悔していません。

 風俗って、一度行ったら本当にハマってしまいます。
 私のようにモテない男なら尚更です。

 あなたは風俗に行ったことがありますか?
「興味はあるけど勇気が出ない」と言う人もいることでしょう。

 実は、私もそうでした。
 初めて風俗に行くまでは、『店の中で何が起こっているんだろう?』と疑問に思っていました。

 23歳の時、先輩に無理やりピンサロに連れて行かれたのがデビュー戦です。
 最初は誰かに引きずられでもしないと行かないものです(笑)
 当時はドキドキして、心臓が止まりそうになったのを覚えています。

 基本的にソープランド以外は本番(セックス)禁止です。
 ですが実際は、ヘルスやデリヘルなどでも本番している風俗嬢は結構います。
 私が行ったのはピンサロですから、フェラチオで抜いてもらうだけです。
 初めてのピンサロは、緊張しすぎて射精できませんでした。

 そして私は、23歳~35歳までの12年間、風俗にどっぷりハマり、累計882万円を注ぎ込みました。
 その12年間で学んだノウハウをあなたに伝授します。

 この記事では、「優良風俗店を選ぶ方法」を書いています。
 以下のチェックポイントを押さえれば、確実に満足のいく風俗遊びが楽しめます。
 どうぞ有効にご活用ください。

 それでは早速、順を追って解説してきましょう。

1.風俗情報サイト


 いきなり風俗店に行ったりせず、まずは事前調査をしましょう。
 私がチェックしている風俗情報サイトをご紹介します。

私が使っている6つの風俗情報サイト

1.FU-TOWN

2.ヌキなび

3.シティヘブンネット
 シティヘブンネットは有名な風俗情報サイトです。
 風俗情報誌も発行しており、過去に購入していた時期があります。
 悲しい童貞時代、風俗嬢に癒されるために毎月チェックしていました(笑)

4.よるともネット

5.デリヘルタウン

6.マンゾク
 マンゾクネットも有名な風俗情報サイトです。
 ここで調べれば、まずボッタクリに会う事はありません。


 上記の6サイトをチェックしてみてください。
 全て有名な風俗情報サイトなので、そこに掲載されていないお店は要注意です。

 お客様の信頼を得るため、各媒体に広告を打ってアピールし、いかに遊びやすくするかを考えるのが風俗店の責務。
 そんな中、広告費を渋って目先の利益ばかりを追ってしまうお店は、良いサービスを提供してくれるとは思えません。

 風俗情報サイトは必ずチェックするようにしましょう。

2.風俗クチコミサイト


 クチコミサイトとは、実際にサービスを利用した人が評価を投稿しているサイトのことです。
 いくつか紹介しておきますので、こちらもチェックしておきましょう。

口コミ風俗情報eyes(アイズ)


 実際に風俗店に行った人の評価が見られます。

 それでは実際に見てみましょう。
 今回は「関東版」を見ることにします。
 まず「関東エリア」をクリックしてください。

『eyes』関東エリア1

 次に左側上部の「只今のクチコミ」をクリックします。

『eyes』関東エリア2

 すると、関東エリアの風俗店に行った人が書いた評価を見られます。

『eyes』クチコミ

日本ピンサロ研究会


 風俗店の体験レポートを読めます。
 かなり細かく書かれていて、凄く参考になります。

 それでは実際に見てみましょう。
 まずは左側上部メニューの「Reports」をクリックします。

『日本ピンサロ研究会』メニュー
「東日本本部」と「西日本本部」があるので、今回は「東日本本部」をクリックします。

『日本ピンサロ研究会』メニュー2
 お好きな支部名をクリックしましょう。

『日本ピンサロ研究会』メニュー3
「最新レポート」欄の名前をクリックすれば、体験レポートが読めます。

『日本ピンサロ研究会』メニュー4

 初めてのお店に行く場合は、最低限ここまで調べておきましょう。

3.検索してみる


 私は用心深い性格のため、さらにもう少しだけお店や風俗嬢について調べます。
 例えば、『おっぱい天国』というお店の「ノドカ」嬢を指名したい場合、ヤフーやグーグルなどで検索し、その女性の顔写真をチェックします。

検索例
おっぱい天国
おっぱい天国 ノドカ
おっぱい天国ノドカ

 このようにして、複数の風俗サイトを見ていきます。
 ほとんどの風俗サイトでは可愛い顔写真が掲載されているのですが、たまに余り可愛くない写真が掲載されている場合があります。
 後者が本当の風俗嬢のルックスです。

 風俗店の場合、ベストな写真を撮影するために照明などで光を当てたり、化粧などで誤魔化したり、何年も前の古い写真を掲載していたりするケースが結構あるため、このくらい念入りに調べたほうが良いでしょう。

4.HP(ホームページ)の更新状況


 知っている人は得をするHPチェック!
 HPは「店の心臓部」と言っていいくらいです。
 大抵のHPには、新着情報や本日のニュースなど、リアルタイムの情報を配信できるスペースが設けられています。
 まずはここを見てみましょう。

 お客様のことを真剣に考えて営業しているお店は、マメに更新しています。
 例えば、新人情報だったり、現在のご案内状況だったり、まさに現在進行形。
 それらが何日も更新されていない状態でしたらかなり危険です。

 中には『忙しくてHPを管理できない』なんてお店もありますが、私はどうかと思います。
 更新に手が回っていないお店と、忙しくてもきちんとお客様目線で情報を配信しているお店の違いは明らかですよね。

5.在籍人数


 風俗情報サイトやお店のHPに載っている在籍人数もチェックしてください。

 風俗情報サイトによっては、掲載できる人数に限りがありますが、最近は何人でも載せられるサイトがほとんどです。
 公式HPに至っては、無限に掲載できます。
 在籍人数が50人以下のお店は要注意です。

 在籍人数が少なければ選択の幅は狭まり、十分に納得のいく女性を選べる可能性は低くなります。
 また、少ない在籍で何人ものお客様を対応しているお店は、女性が疲れていたり、スれている可能性が高まります。
 お店側からすれば、在籍人数が少ないと女性1人当たりの稼ぎが多くなり、暇な女性も出にくいので楽なのでしょうが、お客様側の立場からすると勘弁ですよね。

6.お店のコメント


 HPの写真チェックはもちろんなのですが、女性の顔が出ていようが出ていまいが、写真と実物はイメージと違うことが多いものです。
 最近は修正技術も発達していますので、なおさら印象が違うこともあるでしょう。

 女性の人物像が見えるのは、お店からのコメントです。
 女性のプロフィールの充実が大前提ですが、お店からのコメントが丁寧に書かれているようでしたら、かなり信憑性があります。
 本当におススメできる女性でしたら、お店側も必死になりますからね。

 コメントが無かったり、月並みで雑な文章だった場合は要注意です。

7.電話の応対


『良さそうだな』と思ったら、最後に電話をかけてみましょう。
 その際、スタッフの第一声をチェックしてください。

「はいもしもし」「お電話ありがとうございます。○○です」などが一般的ですが、重要なのは声のトーンです。
 明るく、ある程度元気良く、ハキハキしていながらも柔らかい声が理想です。
 ドスが利いていたり、印象が悪いようなら、止めたほうが無難です。

 電話はお互いに顔の見えないコミュニケーション。
 電話応対にきちんと気を遣い、第一声から気持ち良く感じてもらおうと努力しているお店がおススメです。

 3~4軒電話をかけてみると、その違いに驚かれるかと思います。
 また、こちらの話を聞こうとせず、お店の都合やアピールばかりを喋りまくるのは言語道断です。

 風俗店は電話が命!
 お客様の好みやご要望を、一生懸命聞こうとする姿勢が感じられるお店を選びましょう。

最後に

 風俗店で遊ぶ前に、上記の7点をよくチェックしてみてください。
 これだけで、あなたがハズレを引くリスクは格段に下がります。

『リスクが高い』と思われがちな風俗遊びも、ほんの少しの事前チェックで、いかようにも変わってしまうもの。
 一か八かの賭けを繰り返していては、充実した風俗ライフを満喫できません。

「年収200万円~300万円時代」とも言われる昨今、大事なお金は慎重に使いたいものですよね。
 風俗遊びは、お店選びから始まるのです。

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.0 rating

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 本当に達人ですね。。。。ぜひよろしくお願いいたします。

  2. 少しあまいですね。
    口コミサイトは店のスタッフが書き込みしているケースが多いですよ。
    また、サイトの更新に関して最近はweb専門のスタッフがいたりするので、店の質に直結しているとは判断し難くなっていますしパネルの修正に力を入れている店も沢山あります。
    値段の割に可愛いパネルの多い店は高い確率で失敗します。
    12年で882万円・・・次の12年でもっと楽しい風俗ライフをおくる為には、パネル見学で店員の対応に注意してみたり、風俗遊びで一番失敗をしない方法は店員と仲良くなることです。
    それに尽きます。
    決して媚を売るとかそんなことではなくて、何回か通った店の店員のアドバイスなんかを素直に聞いてみることです。「このお客さん、オススメとか素直に聞いてくれるな」と思ったら、新人の入店情報をコッソリと前日に教えてくれたり、サービス(〇番有り)の良い子を正直に教えてくれたり・・・。店員も“良い客”と思えば、お互い損をしない様に店単位で優遇してくれます。

    モテない中年の私は14年間で3,917万円のお金を風俗で使いましたし、現在も通い続けています。
    いくつかの店に自分の好みを把握してくれている店員がいるのは、気分も悪くないですよ。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top