EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

川崎のソープランド『突撃奥様』に行ってきた

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
川崎のソープランド『突撃奥様』に行ってきた

【出典:川崎堀ノ内ソープ突撃奥様

読者投稿20代後半の男性

 先日、川崎は堀之内にある、比較的新しいソープを発見したので行ってみた。

 その名も「突撃奥サマ」。

 堀之内をブラブラしていたら見つけ、『なんのこっちゃ』と思い、写真と説明だけでも受けてみようと入ってみる。
 何やら知的チャラ系のお兄さんが待ち構えていた。

「いらっしゃいませぇ~!どぞどぞ!写真と説明だけでも!」

 その店は俺のニーズにジャストミート(笑)

 やり取りはよくある流れなので割愛するが、要約すると下記の通り。

『突撃奥様』のシステム

●部屋に入ると、カーテン越しのベッドで女の子がオナってる。
●それを眺める。
●1人で服を脱ぎ、シャワーを浴びる。(その間女の子はオナニーし続ける)
●シャワーを終えたら、バイブや電マで責めまくり!
「ここの女の子はみんなMですから攻めまくっちゃってください!」と店員に笑顔で言われた。
●責めるのに飽きたらそのまま入れる。(もちろんゴムは装着する)
●コンセプトは《一味違う、非現実的なファンタジミックソープランド!


(面白いじゃねぇか)

「通常価格18,400円のところ、今なら15,400円です!」ということで、いつも行くソープと料金が同じくらいということもあり、本日のソープ決定。

「待ちは10分程度です!」と言われたので、待合室で待った。

 待った。

 待った…。

 待ちまくった……。

 合計30分。

 この業界の“待ち時間”はデタラメもデタラメ。
「5分待ちます」は「10分待ちます」に等しく、「10分待ちます」は「15~20分待ちます」が常識だ。

 だが、30分はさすがに経験が無かった。
『金返してもらって帰ろう』と思った時、案内があった。

あまりにもシュール


『仕方あるまい』とばかりに案内されるまま付いて行ったところ、何やら凄まじく怪しいオーラを放つ扉の前へ。

(え…?ここ?この扉?)

 そう思ってしまうほど、あまり使われない部屋の扉という雰囲気。

 その疑心とは裏腹に、ボーイが小声で「それでは女の子がオナニーしてますので、静かにお入りください」と囁く。

 またしても、我が心の底から唸るような警鐘が。

 しかし、もう時既に遅し。

『男たるものここで引いては!』と文字通り突撃した。

 中に入ると、女の子が目隠しをしながら、カーテン越しに仰向けでオナニーしている。

(ほほぅ…面白い)

「あん、あん、あん…」

 単調な喘ぎ声。
 すぐに演技と分かるその単調さは、逆に見事としか言わざるを得ない。

 しばらくその様子を眺める俺。

 想像してみてくれないか。

 静かな部屋、響く単調な喘ぎ声、眺める俺。

 あまりにもシュールな光景を。

そこはもはや膣ではない、戦場だ


(…まぁいいか)

 1人で服を脱ぎ、シャワーを浴びる俺。
 その間もずっと単調な喘ぎ声を繰り返す女の子。

『こんな状況でむしろ萌える奴がいるのか』という疑問と、ずっと「あんあん」言ってなきゃならない女の子が気の毒で仕方無かった。

 シャワーを浴び終えてベッドインすると、そこには電マとローターとバイブがあった。

 道具は使い放題らしいので、まずは電マから試してみることに。

 Mということで、フルスロットルにして当ててみた。

「あん…あん、あ、ちょ…ちょぉ痛い!」

 ドスの効いた声が返ってきた。

 目が点の俺。

「あ、ごめんごめん。敏感なんだね」

 弱くするが、それでも痛いと言う。
 結局、止まりそうなダイヤルで当てていた。

 つまらなかった。

 飽きたのでローターやバイブに手を伸ばしたが、どちらも電池が無かった。

(え…ええええ。いや電池ないってなんやねん。マック行って「ポテトが品切れです」って言われるようなもんやでそれ)

 仕方なく電池の切れたバイブを挿入。

 またしても、ただの棒を出し入れしているシュールな画に。

『もういいや』と思い、入れたい旨を伝えると、お姉さんが起き上がりアイマスクを外した。

 暗がりの中でのご対面。
 ややドスの効いた声だが、『可愛いかもしれない』という一片の望みに賭けた。





 モンスターのお出ましだ。





 おばさんだし、可愛くないし、ドス効いてるし。
 唯一の救いと思えるのは巨乳…でも垂れている。
 絶望的状況の中で俺は戦った。

 しかし、フェラでは全くと言っていいほど立たなかった。
 期待していた分、落胆の衝撃は相応に凄まじかった。

 本当に立たなかった。
 こんな経験は2度目だ。

 半ば諦めて、後は挿入に賭けた。
 ペロンペロンの息子に何とかゴムをしてねじ込み、パコパコ。

 ようやく元気を取り戻してきたが、そこはもはや膣ではない、戦場だ。
 しばらくの闘争の末、主砲発射。

 もう必死だった。
 本当に必死だった。
 死ぬ思いで撃ち込んだ後、『人間やろうと思えば何でも出来るな』と思った。

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『突撃奥様』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

4.0 rating

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 風俗店員ラブラブ希望もない。夢もない。エサを食べる家畜みたいになる。

    社会最 底辺の意地を見せてやれ。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top