EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【PCMAX】PTSD・オナニー依存症の23歳激カワフリーター

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【PCMAX】PTSD・オナニー依存症の23歳激カワフリーター

読者投稿40代半ばの男性

 今回の記事はどうしようか迷ったのですが、本人もOKだし独特な子だったので書きますね(笑)

 PCMAXで出会った宇都宮在住23歳、フリーターの紗香ちゃんです。

 私は女性の裸を撮影するのが趣味なので、彼女にはホテルでの撮影許可を貰ってます(セックスは無し)。

「いつも日記見てます。面白そうですね」

「こんにちは。気が向いたら携帯にメール送ってくださいね」

 程なくして紗香ちゃんからメールが。

「撮影してみたいんですけど、ちょっと私情緒不安定な所があるのですが大丈夫かなぁ…」

「大丈夫!私も情緒不安定だから。不安定同士で盛り上がるかもよw」

「面白いですねっ!」

「撮影って言ってもただの遊びなので気楽に考えてください」

「わかりました。M(私)さんにも一度会いたかったし」

 こんな感じで、当日は宇都宮インターパークで待ち合わせ。
 しかし、ここの福田屋激デカだなぁ。駐車場に一体何台入るんだろ???
 10分後、紗香ちゃんが到着。
 猫顔(柴咲コウ系)の可愛い女の子です。

「どーも、○○です」

「こんにちは、Mさんだ!!!」

「はいはいMさんです。それじゃ早速ラブホに移動しますか」

 彼女は野外露出はNGだったため、そのままラブホに移動。
 しかし、移動中の私の一言で状況が激変してしまった…。

オナニーばかりしちゃうんです


「あれ、紗香ちゃんって学生だっけ?」

「いえ、フリーターです」

「じゃ、卒業してずっとフリーターだったんだ」

「いえ、OLしてました」

「あっそう、じゃ、1年もしないで辞めちゃったんだね。もったいないな」

 この会話の直後、紗香ちゃんはいきなりガタガタと震え始め、過呼吸になってしまった!!!!
 もちろん車を急停車して車内にあったビニール袋を被せ対応。救急車を呼ぼうと思ったけど、すぐに落ち着き始めたため経過観察。 

 その後なぜか号泣。
 詳しくは書きませんが、紗香ちゃんは職場で執拗なイジメに遭ったようで、会社も辞めたと言うより辞めさせられたようです。完全にPTSDですね。それが原因で鬱病になってしまったそうです。

 まだ興奮状態だったため、その場に車を停めて1時間くらいお話タイム。
 小学校の時にイジメられた事や、会社での嫌がらせなども泣きながら話していましたが、趣味でやっているプリザーブドフラワーの話になると表情が一変!
 今までの不安定な状況が嘘のように、超可愛い笑顔で一所懸命話をしてくれました。
 なんか、そんな姿を見ているといじらしいというか、思わず抱きしめたくなっちゃいましたね。

「紗香ちゃん、今日は撮影止めようぜ。体調が良い時にまた連絡くれればすぐに会いに来るから。ここで1枚だけ撮ってギャラも払うよ」

「え~~~、ヤダヤダヤダ!!!絶対ヤダ!どうして??また、おかしくなるから?Mさんに虐めて欲しいのに、やだよぅ~~」

 またも号泣しながら訴えてきた。

「いや、私は構わないけど…大丈夫?」

「はい」

「実はネット見たりMさんの日記とか読みながらオナニーばかりしちゃうんです。ずっと家に居るから何回も何回もしちゃうんです。実は今日もしてきちゃいました。Mさんに会えると思って我慢できなくなっちゃったんです」

「我慢出来ないの?」

「はい。手が動いちゃうんです。自分でも分かっているんですけどどうしてもダメなんです」

「毎日?何回くらいしちゃうの?」

「多分10回とか15回とか普通に…」

「そう。病院には行ってるんだろ?」

「鬱病の薬は貰っていますけど、オナニーの事は恥ずかしいから言えない…」

 依存症ですね。アルコールもギャンブルも薬も然り。依存症はそれをする事によって達成感と安心感が出て落ち着きます。紗香ちゃんの場合はそれがたまたまオナニーだった訳ですね。

 結局彼女の希望でラブホに行って撮影もしましたが、撮影中の表情は最高に良かったですね!!
 紗香ちゃんの気が済むまでリクエストに答えてあげました。
 ストレスが飛んだのか、帰る頃には超可愛い表情になっていましたね。

 そしてお別れの時間。
 またも不安になったのか、泣き始める紗香ちゃん。
 なんだか、娘が子供の頃を思い出しますね。私が仕事に行く時にお別れしたくなくて号泣していた頃を。

 結局、また20分くらい宥めながらお別れ。
 最後の最後まで泣きながら帰って行った紗香ちゃん。
 極めて複雑な撮影でした。

 紗香ちゃん、強く生きろ!!!

PS:写真は掲載はNGです。すみません。

『PCMAX(ピーシーマックス)』のレビューはこちら
PCMAX(レポート風)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top