EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【愛すべき異常性癖者たち】アブノーマルな「視姦」

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【愛すべき異常性癖者たち】アブノーマルな「視姦」

シリーズ物【愛すべき異常性癖者たち】

 今までに俺が出会った、愛すべき『異常性欲者』にスポットを当てたシリーズ第6弾。

 いきなりだが、皆さんはどんなネタでオナニーしてるのだろうか。

 まだエロビがDVDではなくVHSテープの時代、オナニーのおかずを友達と回しあった青春時代。

 ものぐさな俺は、テープを巻き戻すことなく友人にそのまま渡し、俺の性趣向ばかりか「イキどころ」まで全てバレたのも苦い思い出……。

 さて、今日はオナニーのおかずの話。

 今回紹介する変態は、幼馴染の「ヤス」

 コイツは自他共に認める変態で、少し変わったネタでオナニーをしている。

 あなたは「視姦」をご存じだろうか?

 ヤスは、視姦をおかずにするオナニープレイヤーなのだ。

 いや、厳密に言うと「視姦」ではないかもしれない。

 視姦は相手を見つめることで、相手を辱めて性的興奮を煽る行為のことである。

 だがこれは、女性が見られる自覚があることを前提とした行為だから違う。

「じゃあ隠れて覗き見する『窃視』が好きなのか?」と聞くとそうではなく、女性の着替えや入浴中の裸体にはさほど興味が無いらしい。

 では、ヤスは何に性的興奮を覚えるのか。



「路上にいる女性」である。



 バス停でバスを待ってるOLさん、彼氏や友達と待ち合わせしている学生、立ち話している奥さん…。

 路上にいる“普通の女性”を部屋の窓から見つめながら、オナニーするのが一番のおかずなのだそう。

「君は気づいていないかもしれないけど、今、俺は君を『おかず』にオナニーしてる」

 そう呟きながらシコるのが、何ともグっと来るらしい。

 俺がその性癖を知ったのは10年前。

 当時は、同級生の仲間と一緒に温泉旅行へ行った。

 その中にヤスもいたんだが、「夜にみんなで露天風呂に入ろ~」と誘っても、

「俺は明け方にゆっくり入るわ…」

と彼だけは拒否する。

 仕方が無いので、ヤス以外の仲間と露天風呂でほっこりしていた。

 古い温泉旅館だったので情緒はあったが、何とも防御壁の甘い所で、男湯と女湯を隔てる竹を重ねた塀に、よく見ると結構な隙間が空いている。

「この好条件は変態のヤスに知らせなくては!」

 使命感に燃えた俺は身体も拭かず浴衣を羽織ると、再び部屋に戻ってヤスを呼びに行った…。

「ヤス!露天風呂がすごいことに……」

 俺は驚愕した……。

 部屋が真っ暗。

 ヤスの姿が見えない。

 目を凝らしてよく見ると、部屋の小窓の前に腰かけたヤスが、俺のほうを向きながら人差し指を口元に当てて「シ~!!」と言っている。

 何となく、『ピーン』と張りつめた緊張感が漂う。

 ヤスは咥えタバコで片膝を立てながら、部屋の小窓から、露天風呂に繋がる渡り廊下にいる女性グループを静かに見つめていた。

 ヤスのその眼光、佇まいたるや凄腕の暗殺者。

 まるでアホな「ゴルゴ13」である。

 もちろんその手にはゴルゴよろしく、自分の下半身の銃器をしっかり握りしめている。

「ヤス…露天風呂の壁に隙間が…」

「興味無い!早く部屋から出てけ!!」

 現在、ヤスは大阪で高い家賃を払って、「視姦」に最適な立地条件のワンルームマンションに住み、毎日オナニーに励んでいる。

 もしかしたら、貴女も既にヤスのおかずにされているかもしれない……。

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top