EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【愛すべき異常性癖者たち】常識破りの「穴マニア」

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【愛すべき異常性癖者たち】常識破りの「穴マニア」

シリーズ物【愛すべき異常性癖者たち】

 世の中には色んな性癖を持っている人たちがいる。

 日本の「多文化共“性”社会」を目指して、俺が今までに出会った、あるいはこれから出会うであろう『異常性癖者』にスポットを当てたシリーズ第2弾。

 後輩のT君は、異常なくらい「穴」が好きな男。

 普段はフリーのイラストレーターをやっていて、ちょっと外見はヘンテコな奴だが、まぁ至って普通の男である。

「穴」と言えば、まず最初に女性器を連想するのが漢(おとこ)というもの。

 男で女性器が嫌いな人はいないと思うし、男は基本、全ての局面において、本能的に「穴」を追いかけていると言っても過言ではない。

 ところがT君は、女性器やアナルだけではなく、





「穴」そのものに興奮してしまう。





 もちろん、チンチンが入る程度の「穴」限定なのだが、穴を見るとムラムラして、挿入したい衝動が抑えきれなくなるという。

 まぁ、俗に言う変態だ。

 外国では、車や家財道具などの愛好家が、コレクションが愛しすぎて“性愛対象”となり、車のマフラーにチンチンを突っ込んでファックする変態が多いそうだ。

 T君はちょっと違う。

「人工的に作られた穴」に興味はなく、「自然に作られた穴」に異常な執着心を持っている。

 一度、とある釣り場へ夜釣りに行った時も、防波堤の壁に穴を見つけてはおもむろにチンチンを挿入する。

 サイズが合わない時は、

「アカン、アカン…」

と何度も首をかしげながら腰を振る姿は、見慣れていてもちょっと引く光景である。

 いつかの夏、バーベキューに行った時も、ジーッと一点を見つめてると思ったら、やっぱり視線の先の樹木に穴が空いていたりする。

(おい、昼間やし女もおるから止めとけよ…)

 そう小声で制止したら、「アカン、アカン」とつぶやきながら頭を振って、一応は我慢する。

 実際、穴に入れても射精には至らないケースが多いのだが、入れたくてたまらなくなる性癖は抑えきれない。

 T君はいつも、真夜中に“犬の散歩”に行っては、誰もいない公園で木や地面の穴を探し、チンチンを突っ込むという。

 一時期は、野球場の地面にスコップの取っ手でいい具合に穴を掘り、挿入するのにハマっていたらしい。

 一度、巡回中の警察官に不審者として捕まりそうになったため、『これはマズイ』と思って頻度を落としているそうだ。

 ある日、T君に質問してみた。

「お前、なんでそんな自然界の穴に挿入したいんや?」

 変態に対して身も蓋も無いことを聞いたら、T君はものすごく照れた表情を浮かべ、もじもじしながら







「『俺、今地球とセックスしてるぜ~!』って思うと興奮しません?」










 うん、悪いけど全然しません。

 T君はさらに続ける。

「だってTENGAを含めオナホールってただの『穴』でしょ?そこにチンチン突っ込むのはOKで、なんで自然界の穴に突っ込むのはダメなんすか?」

「なんなら俺のほうがスケールは大きいっす!」

 もはや言葉が出なかった…。

 人に迷惑をかけない程度に挿入を楽しむように、とだけT君に伝えた。

 もし、皆さんの近所にいい感じの「穴」があれば、それはT君がチンチンを突っ込んだ後かもしれない。

次の記事ぶっ飛んだ「羞恥心」

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top