EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【潜入ルポ】出会い喫茶『MANKI』東京池袋店

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
【潜入ルポ】出会い喫茶『MANKI』東京池袋店

【出典:MANKI東京池袋店

読者投稿30代後半の男性

 風俗でハズし…出会い系でも見つからず…。
 俺は悶々とした日々を過ごしていた。

 そこで頭に浮かんで来たのが、東京の出会い喫茶だ。

 以前、大宮で散々痛い目に遭ったのに、性懲りもなくまた…と思うかもしれない。
 だが今度は東京の、東京の(2回言っておく)出会い喫茶なのだ。
 東京の出会い喫茶ならば、女の子がたぁ~くさん居て選び放題(だと思う)。
 行くしかないっしょ。

 まずは「池袋 出会い喫茶」で検索。

(んっ!この店に行ってみるか)

 そう直感で決めたのが、出会い喫茶『MANKI』だった。
 入店料は2,000円、名前、住所、携帯電話の登録も無しという謳い文句。
 俺はこの店に潜入する事を決めた。

うちはサクラは一切いません


 一路、東京は池袋に向かった。

 着いたのは午前11時頃。
 何となく、東京の街に活気が感じられない。

 無理もない。
 長引く不況で労働賃金は減る一方…雇用もままならない状態だ。
 国家の危機に、出会い喫茶で美味しいコーマンを買おうなんて…。

 だが考えてみて欲しい。
 コーマンを売りに来ている女の子にも生活があるのだ。
 微力ながら、そんな子に援助の手を差し延べられれば、冷えきった日本経済にも貢献できよう。
 俺は熱い使命感に燃えた(スケベ心とも言う)。

 ガラケーの小さな画面の地図を頼りに、やっと某ビルを見つけた。
 エレベーターに乗り、出会い喫茶『MANKI』のある階に到着。エレベーターを降りるとすぐに入り口を発見。

 ドアを開け、幅1メートルの真っすぐ伸びる廊下の先、正面に受付のカウンターがある。
 このカウンターの右側が女の子の待合室、左側が男の待合室だ。

 カウンターで黒服の説明を聞く。

 俺は過去の経験から黒服に、

「ここはサクラは居ないの?」

と軽くジャブ。

黒服「うちはサクラは一切いません!」
俺「ホントに?」
黒服「ホントにいません!」

 少し苛立っている様子。

 まぁ疑ってみたところで始まらないし、2,000円を支払い受付を済ませた。

 この店のシステムは、まず入店料が2,000円かかる。
 女の子と交渉するのに3,000円、この金額は何人交渉しようと変わらない。
 店に合計5,000円を支払えば、当日は店内の女の子と何人でも交渉する事ができる。
 女の子を連れ出す場合は、相手に5,000円以上を支払うという取り決めだ。

 つまり、女の子を連れ出すには最低1万円が必要となる。

 この店は男の待合室と女の子の待合室が隔離されていて、直接女の子を見る事は出来ない。
 それではどうやって見るかというと、女の子の待合室に防犯カメラのようなモノが設置されており、その映像が男の待合室のパソコンに配信されるのだ。
 男はパソコンでカメラを遠隔操作しながら女の子を物色し、気に入った子が居たら黒服を介して交渉する。

 男の待合室に入ると、俺の他に先客が1人居た。
 彼は黙々と漫画を読んでいた。

 ここは大宮のマジックミラータイプの出会い喫茶と異なり、待合室は明るい。
 そこそこ健康的な雰囲気を醸し出している。

 俺は早速パソコンにかじり付き、カメラを遠隔操作でぐりぐり回して物色する。



 物色する…。





 物色…。







 女の子1人しかいねーじゃん!

【卒業】童貞だけどネットで会った女とセクロスしたったwww
PCMAX(であ速)

まさかこんな事をしに来てないですよね?


 入店した際、受付のカウンターからチラッと見えた女だった。
 見た目は20代前半、パステル調の服を着ており、雰囲気は悪くないが…どうしてもヤリたいかと問われれば考えてしまうレベル。

(東京の、それも欲望渦巻く池袋なのに、女の客は1人かい…。ま、不況だし平日だし…)

 意気消沈する自分に言い聞かせた。

 程なくして、JD風の黒髪ショートカットの女の子がご入店。

(やっぱり東京の出会い喫茶は違うぜっ!)

 今度は勝手に盛り上がる(笑)

 解像度の低いカメラで凝視するも、ルックスがよく分からない。
 それでも、『概ねタイプだな』と辛うじて感じ取る。
 指をくわえて見ているだけでは始まらない。

(やっぱ、直談判でしょ!)

 黒服を呼び、

「この子と話させて」

と3,000円を支払い交渉権を得た。

 黒服に交渉ルームへ案内される。
 交渉ルームとは言っても、壁に出来たヘコミみたいな場所で、入り口にカーテンがあり広さは半坪ほど。
 横に並んで座るとすぐ目の前に壁がある。

 壁の注意書きには、

店外デートは女性に5,000円お支払い下さい。
※売買春等の行為は固く禁止します

と書いてある。

『売春の斡旋はしてません』というアピールなんだろう。

 黒服に交渉ルームへ通された後、すぐに指名した女の子が横に来た。
 遠隔操作のカメラで見た時よりも残念な感じ。
 気合いを入れて来たのか、目の回りのくまどりがキツイ。

JD「あっ、こんにちは。初めまして。選んでもらってありがとうございます」
俺「は、初めまして。ど、どうも…」
JD「あ、あの…今日はどんな目的で来てるんですか?」
俺「あ、いや、その、えっと…」

 躊躇していると、JDは壁の売買春禁止の貼紙を指して

「まさかこんな事をしに来てないですよね?」

といきなり予防線を張ってきた。

俺「それをヤリに来たんだけどwwwっていうかそれ以外何するの?w」







 言えなかった…。







俺「ん、ん、うん!と、当然じゃないですかぁ!」

 心にも無い事を言ってしまった。

 こうなるともう向こうのペース、怒涛のトークラッシュを受ける。

JD「はぁ、良かったですぅ。安心しましたぁ。そういう人だったらどうしようかと思っちゃいましたぁ。いい人で良かったですぅ。いまぁ、バイトとか無くて大変なんですぅ。お腹とか減っちゃって、良かったらこれで(注意書きの5,000円を指しながら)ご飯でも一緒に行きませんかぁ」





 必死過ぎて少し引いた。





俺「えっ!?ご飯食べさせて更になんにも無しで5,000円あげてまたねってか?んなバカな話あるかwww世の中そんな甘くないっしょw」










 言えなかった…。

 俺は心の中で『ダメだこりゃ』と呟いた。

【卒業】童貞だけどネットで会った女とセクロスしたったwww
PCMAX(であ速)

ねぇ、これからどうする?


俺「あっゴメン、何だかカメラの画像と違う感じで…ちょっとタイプと違うかな」
JD「えっ?何がいけないんですか?」

 ここで食い下がってくる。

俺「ん、ん~。ちょっと化粧が濃いところとか、苦手なんだよね(汗)」
JD「はぁ…」
俺「じゃ、そういう事でゴメンね」

 俺はそそくさと交渉ルームを出た。
 JDは獲物を取り逃がしたという体でがっくり肩を落としていた。
 気の弱い男だとペースに乗せられてハマッているかもしれない…お~怖っ!

 また待合室に戻る。

(俺はもう3,000円払ったし、最初に居た女の子とも話してみるか)

 黒服を介し、入店時から居たパステル調の服の子を指名、交渉ルームに入った。

俺「あ、どうも、こんにちは」
「こんにちは~っ。もう、アタシは最初から居たのに何であの子に先に声かけるかなぁ~っ」
俺「いや、ゴメンね~。スルーしちゃってw何となく、何となくだよww」

 笑ってごまかす。

 パステルカラーの女を近くで見ると、美人ではないがタレ目で愛嬌のある顔をしていた。
 ヤリたいレベルは10段階で言えば5ってところか。
 話しのノリはいい感じだった。

 軽く他愛もない話しをしていると、

「ねぇ、これからどうする?ここだとさぁ、ほら(売買春禁止の貼紙を指して)いろんな話しも出来ないでしょ。とりあえずさぁ、ここを出てご飯でも食べてそういう話ししようよ」

と女が言ってきた。

「ん、ん…………」

 俺が逡巡していると、

「ね!ね!」

と決断を迫ってくる。

「ええぃっ!これも社会勉強だなっ、行くかっ!」

 意を決してその女と店を出る事にした。

出会いならPCMAX!創設10周年以上の安心実績の優良SNS
PCMAX(スタイリッシュ系)

さっき蕎麦って言ったじゃん


 俺と女はビルを出た。
 池袋の街は晴れていて、日差しが眩しかった。
 俺達は横断歩道を渡り、ビルと道を挟んだ向かい側の歩道に来た。

 ちょうど昼時だ。
 俺の中での2人は擬似恋人。
 街をぶらつきながら、何を食べるか相談プレイで決めようと思っていた。

俺「何食べる?その辺歩いて探そうよ」
「え~っ、ここのお蕎麦屋さんでいいじゃん」
俺「でもさぁ、せっかくなんだからいろんなお店見てみようよ」
「あたしぃ、ここのお蕎麦が食べたいのぉ」
俺「ん、んん。じゃそうしよう」

 まぁ、そう言うなら仕方がない。

 入った店は、肩を寄せ合ってやっと15人くらい座れる狭い蕎麦屋だった。
 女は天丼を注文する。

(さっき蕎麦って言ったじゃん!)

 小さい事を気にしてはいけないと自分に言い聞かせる。
 俺はせっかくなので蕎麦を注文した。

 狭い店で昼時なので相席だ。
 どうもそのテの話しはしづらい。
 女はそんな事を気にも留めていないようだ。

 隣の推定40歳くらいのおじさんに、「出会い喫茶でさっき出会ってこれから金払ってコーマンしに行く」雰囲気丸だし(笑)

 何というデリカシーの無い女と男。

 女は自称23歳、アスカ(仮名)と名乗った。
 大学を出て、今はフリーターをしていると言う。
 そして司法書士の資格を大学時代に取得済みだとか。

(えっ!?君が……?)

 どうひいき目に見てもそうは見えない。

俺「へぇ、なんだか狐に摘まれたような気分。人は見かけによらないんだねw」
アスカ「そうなのょ。賢いのを馬鹿っぽく見せるのって難しいのょ~」





・・・





(やっぱこいつ馬鹿なんじゃないか?)





 ま、取り敢えず信じるとしよう。

 かなり前、池袋の出会い喫茶で知り合ってホテルに入り、金の支払いで揉めて殺人事件になった話をした。

Memo池袋出会いカフェ女子大生殺人事件 裁判傍聴記録

 アスカは当然知っていた。

アスカ「あの子はマンキに居た子じゃなくて違う出会い喫茶の子だょ」

 本人とは顔見知りではないが、やはり出会い喫茶嬢の独自の情報網があるようだ。
 そしてアスカはプロの出会い喫茶嬢…と言ったところか。

俺「あんな事件があると怖くない?」
アスカ「怖くないって言ったら嘘だけどぉ、大体本人を見ればねぇ…分かるでしょ」

 どうやら俺は安全牌らしい(笑)
 ただ、こんな話しも隣のおじさんに全部聞かれていた…。

出会いならPCMAX!創設10周年以上の安心実績の優良SNS
PCMAX(スタイリッシュ系)

高い金を払うコーマンにこんなホテルは嫌だ


 食事も終わり、俺達は蕎麦屋を出た。

 店の前の歩道で、

「じゃ、どうする?」

とアスカが本題に入った。

俺「そうだね、Dキス、生F、ゴム本でアスカちゃんの取り分が総額2でどう?」
アスカ「ん~じゃあホテル代込みで総額3は?」

 値切るのも何だし、ホテル代が5、6千円するからまぁいいかと思い、

「ん、ああ、いいよ」

と条件を飲んだ。

 そこからは交渉成立という事で、手を繋いでラブラブ気分でルンルンデート。
 途中コンビニに寄り、買物をしてラブホ街へ…。

 池袋のラブホ街は俺にとってアウェーだ。
「手を繋ぐ」と言うより、「手を引かれて」と言ったほうがしっくりくるかもしれない。

 目の前に現れたのは薄汚いピンクのラブホ…。
 汚いだけあって値段も破格、看板には「40分2,000円~」の文字が。

(マジかいw)

 そう思っていると…










アスカ「ここがその殺人事件があったラブホだよ」










(…マジかい!)

俺「こ…ここなんだ~へぇ~」

 若干ビビリながら答える。

アスカ「さ、ここに入ろ」

(えっ………!ここ?この殺人事件があったラブホ!?)

 せっかくの高い金を払うコーマンにこんなホテルは嫌だ。

俺「え゙~ここぉ~嫌だよ。せっかくなんだもん、もっと綺麗な所に行こうよ」
アスカ「いいから、いいから、ねっ!取り敢えず入ろうよ、取り敢えずだからね」

 手を繋いでいたので半ば強引に連れ込まれた。
 渋々、俺は受付でスタート料金2,000円を支払う。

 1階のフロントのすぐ横の部屋に通された。
 外側も汚いが中も汚い。
 照明は蛍光灯、明かりは塞ぎきれない窓のメクラ板から漏れた光だ。

 つくづく後悔した。
 だが入ってしまったものは仕方がない。

出会いならPCMAX!創設10周年以上の安心実績の優良SNS
PCMAX(スタイリッシュ系)

はい、シックスナイン取りやめ


アスカ「じゃ、シャワー浴びよ」

 そう言いつつ1人で脱ぎ始めるアスカ。

俺「ちょっ、待って俺に脱がさせて」

 やっぱり女を脱がすのは男の楽しみでしょ!

 パステル調の服を脱がすと…ボヨョョ~ン!
 全体的に少し緩んだ身体だった。

(まぁしゃあない、乗りかかった船だ)

 俺も服を脱ぎ一緒にシャワーを浴びた。

 こんな時でもドーピング(バイアグラ)をキメた俺の身体は頼りになる。
 既にチンポは臨戦体制に入っていた。

 シャワーを終えて身体を拭きベッドへ。

 アスカのプレイはどことなくおざなりだ。
 ベッドに寝てから雑なキスをし、体勢を変えてシックスナインでクンニに突入…。





(うっ!)





・・・





(少しオイニーがっ…!)





 はい、シックスナイン取りやめ。

 ちょっと厳しいので仁王(臭うだけにw)立ちフェラに変更した。
 あくまでもアスカのプレイは雑だ。

アスカ「あたしフェラ好きじゃないんだよね~」
俺「え~、ちょっとくらいしてよ~。お願いだよ~」

 少し強引にアスカの口にチンポを突っ込む。

アスカ「え~だってぇ嫌なんだも…モゴモゴ…」

 両手でアスカの頭を押さえつける。

アスカ「ん、ん、んご、ん~ん~っ」

 声にならない声を上げる。

俺「頼むよ~。お願いだよ~」

 腰を振ってアスカの口を犯した。

 抵抗するアスカ…。
 これが妙に興奮させられた。

(Yes!リアルイラマチオ!)

 何故だろう、微塵の心もこもっていないフェラに興奮するのは。

アスカ「んご、んごっ…」

 その時、圧倒的な快感が来てしまったのだ。
 ものの2、3分の出来事だったろう。

俺「あっ、ダメだっイッちゃう!」

 臨界を超えたチンポはどんな事をしても止められない。

 俺はそのままアスカの口に大豪射…










しようと思ったらアスカは直前で俺のチンポを離し横に向けた。

 俺のザーメンは放物線を描いて宙を舞い、空しくシーツの染みとなった。

出会いならPCMAX!創設10周年以上の安心実績の優良SNS
PCMAX(スタイリッシュ系)

さっき家庭教師のバイトだって言ったじゃん


 我ながら情けない気持ちでいっぱいになった。

俺「未遂!」

アスカ「え~っ!既遂だよ」

 そそくさとティッシュで拭く俺。

俺「あ~あ、イッちゃった。2発目は頑張るよ」
アスカ「え~っ!アタシ忙しいのぉ。これから家庭教師のバイトがあるしぃ~。1回イッたんだからいいじゃない」
俺「えっ!?これで終わり?そんな~もう1回お願い」

 懇願した。

アスカ「え~、だってこれから約束があるんだもん、ダメ~」

 にべもなかった。
 俺は『この女に何を言ってもダメだな』と思い諦めた。
 出会い喫茶絡みの殺人事件が起きる理由が解るような気がした(不謹慎)。

 総額3万円、ホテル代が2千円…アスカに取り分の2万8千円を渡した。
 凄く質の悪い風俗でぼったくられた気持ちになった。

 アスカには虚言癖があるようだ。
 司法書士関係の基本的な質問をしたら、しどろもどろな答えが返ってきた。

 俺達はシャワーを浴びてホテルを出た。
 ホテルには30分も居なかっただろう。

 俺は頭に来ていたが、高い授業料を払った代償に、もう少しアスカを観察しようと思った。
 一緒にホテルを出ると、再び出会い喫茶『MANKI』に戻る。
 勿論アスカも一緒だ。

(さっきこれから家庭教師のバイトだって言ったじゃん!)

 俺は心の中で突っ込んだ。
 でも口にはしなかった。

 彼女は嘘の塊だ。
 正論をふっかけたところで、また嘘の上塗りをするだろう。
 無駄な問答はしたくない。

 アスカは待合室に戻って行った。

 考えてみれば、俺はアスカの行動パターンに完全にハメられていたのだ。
 昼ご飯の場所、条件交渉、そして格安ホテル。
 トドメは短時間で終わらせて、自らの取り分を最大化させる。
 俺の早漏は嬉しい誤算だったろう。

 昼ご飯もそうだ。
 離れた場所では、あの殺人事件があった格安ホテルに行けなくなってしまう。

 あのホテルは、出会い喫茶嬢の御用達なのだろう。
 殺された女子大生も、同じようなパターンだったのではないだろうか。
 俺は犯人に少し同情した(不謹慎)。

 アスカは再び待合室で獲物を待っている。
 まるで女郎蜘蛛が巣を張るかのように………。

 こうして、俺の出会い喫茶『MANKI』潜入ルポは終わりを告げた。
 もう二度と出会い喫茶には行きません(多分)。

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『MANKI』東京池袋店の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

5.0 rating

コメント&トラックバック

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 自分も5年前?出会い喫茶何度か行きましたが、おかしいのが多かった感じです(笑)

    • ななしさん、出会い喫茶はアレな女性の巣窟ですからね…(笑)
      お気に入りの娘を見つけられれば、人によっては良いサービスなのかもしれませんが、基本的にはハイリスクローリターンの場所ですね(笑)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top