EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

ピンサロで拾ったトラウマ「毛ジラミ」

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
ピンサロで拾ったトラウマ「毛ジラミ」

【出典:アタマジラミの対策

読者投稿50代前半の男性

 私にとって最も深刻なトラウマ。
 その起因は、およそ30年前に遡る。

 当時の私は、某TV番組制作会社でADをしていた。
「アシスタントディレクター」と言えば聞こえは良いが、制作会社のADなんて悲惨なものである。
 ほぼ24時間、スタジオでは埃まみれ、ロケでは泥まみれになって働き、おまけに安月給。
 ろくに家に帰ることも出来ず、ほとんど会社に寝泊まりしていた。
 一応、会社には仮眠用のベッドがあるのだが、そこは先輩たちに取られてしまう。
 入社したばかりのペーペーはソファで寝られれば上等、下手すりゃ床でゴロ寝だ。
 労働基準法も何もあったもんじゃない。

 思いのほかロケが順調に終わった12月のある日、社長が私を含む貧乏ADを集めてこう言った。

「お前たち、いつもコキ使ってるからな。今日は俺が、特別ボーナスとして風俗に連れてってやるよ」

 そもそも、この会社にボーナスなんてものは無い。
 番組制作費を水増し請求するか何かして、少しばかり金を浮かせたのだろう。

 連れて行かれたのは忘れもしない、西川口の安っぽくて小汚いピンサロだ。
 それでも、まだ風俗童貞だった私は、ちょっと嬉しかったことを覚えている。

 それからしばらくは年末年始の特番が立て込んで、2週間ほど家に帰ることが出来なかった。
 ようやく家に帰り、泥のように眠ったまでは良いのだが、どうにも股間に妙な痛痒感がある。
 考えてみればこの2週間、1度も風呂に入れなかったので、『身体が汚れているせいだろう』と思い、その夜は銭湯に行って入念に身体を洗った。
 埃まみれでボサボサの髪、伸び放題の髭、饐えたような臭いのする身体、ボロ雑巾のような服。
 銭湯の客たちには、『浮浪者が来た』と思われたに違いない。

 しかし、ある程度の期間が経過しても、股間の痛痒感は治まるどころか、むしろ強くなっていく。
 スタジオには若いアイドルタレントもいるというのに、ジーンズの上から股間に手を突っ込み、ボリボリガリガリと陰部を掻き毟りながら仕事をしていた。

 そして私は、衝撃の事実を知ることになる。
 あまりにも痒いので、明るい電灯の下でパンツを下ろし、しげしげと見てみると…





 何かが動いている。





 しかも1匹ではない。
 陰毛にぶら下がるようにして、何匹もの白っぽい虫のようなものが蠢いている。










 試しに指で掻いてみると、わらわらと逃げ出すように動き回るのだ。










『ぎゃっ』

「背筋が凍る」とは、こんな時に使う表現なのだろう。
 あまりの驚きと絶望感に、全身の血の気が引いていくのが分かった。

 それは「毛虱(ケジラミ)」だった。
 見るのは初めてだったが、それ以外に考えようが無かった。
 そう、あの時のピンサロで拾ってきたのだ。

 大慌てで近所の薬局に走り、「毛虱に効く薬をくれ」と告げると、スミスリンという粉末状の薬を出された。
 照れ隠しに、「いやぁ。犬を飼ってるから、そこから移っちゃったかなぁ」と言ってみた。
 もちろん大嘘である。
 私は犬など飼っていないし、そもそも犬猫に付く虱(シラミ)と、人間に付く毛虱は全く別物だ。
 それを知ってか知らずか、店員は私の言葉を無視して続けた。

「でもこれは、成虫には効きますけど、卵には効きませんよ」

 考えあぐねた末、私は陰毛を全て剃り落とすことにした。
 毛根にびっしりと貼り付いた卵は、爪を立てても取れず、薬も効かない。
 となれば、それ以外に方法は無い。
 裸電球の下で畳の上に新聞紙を広げ、洗面器にお湯を入れ、背を丸めて、安全カミソリで自らの陰毛を剃り落とす。

 その時の自分の情けない姿は、以後の性生活に、今でも暗い影を落としている。
 きっと私が女性の陰部をパイパンにしたがるのも、「SM」の名を借りたトラウマの影響なのかもしれない。



お前ら、「毛じらみ 画像」でググるなよ・・・
絶対だぞ・・・
ヤる夫(冷や汗)
【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top