EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

自分の“したい事”が叶う!?秋葉原のリフレ店『わんだーらんど』、「なな」ちゃん体験レポート

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
自分の“したい事”が叶う!?秋葉原のリフレ店『わんだーらんど』、「なな」ちゃん体験レポート

読者投稿30代の男性

 前回、とあるブロガーの記事を見て潜入した『わんだーらんど』だが、今回は女の子の許可のもと、写真を投稿・記事にする。
Checkコンセプトは“ゆーとぴあ(理想郷)”!秋葉原のリフレ店、『わんだーらんど』体験レポート

 お店の場所は以下の通りだ。



「ランドプール秋葉原」外観2  1階が蕎麦屋さんの雑居ビル、ここに着くとドキドキする。

秋葉原『わんだーらんど』立て看板2  階段を登り3階へ。
 わんだーらんどはお店の扉が開いているため、わかりやすい。

えっと、したいことを叶えるオプションかな?(笑)


 受付にいたのは男性スタッフ。
 テンション高めだが、腰は低いタイプだ。

 今回はリフレの60分コースを選択。
 取材時間が欲しいのと、イチャイチャするのに30分では足りないだろうと思ったからだ。

わんだーらんど「なな」1  女の子を写真で選ぶ際、筆者のタイプに近い「なな」ちゃんを指名。
 5番の部屋で待つように言われた。

『わんだーらんど』個室ドア  奥の部屋はカーテンが閉まっている。
 楽しそうな話し声が聞こえる部屋と、怪しげに静かな部屋がある。
 …やけに緊張してしまう。

 部屋に入り待っていると、ななちゃんが登場。

わんだーらんど「なな」2
なな
失礼します
 可愛い…写真通りの美形だ。

どうしたんですか?(笑)
あ、ごめんね(笑) 可愛いね!
いやいや、そんなことないです(笑) 今日はお仕事帰りですか?
いや、えっと…仕事中?(笑)
えー!リフレしてていいんですか!?
 なんとも答えづらくなってしまう質問だ。
 まだ身分は明かせない。

リフレコースは何してくれるの?
まずは手もみでもしますね!
 触られる事にやけに緊張する…。

これオプション表なので、気になるのがあったら言ってください!
 逆リフレか…コスプレか…まずはガードを崩したい。

コスプレだと何が人気?
私は彼シャツよく着ます!
 笑顔で答えるななちゃんを見て、コスプレを入れたくなってくる。

じゃあ彼シャツで
ちょっと待ってくださいね!
 一体どんな格好になるのか。

わんだーらんど「なな」3
お待たせしました
おぉ…
 露出が多く、なんとも言えない高揚感に包まれる。
 ここぞとばかりに追加攻撃だ。

逆リフレもいいかな?
はい!
 やっと触れる…ドキドキが止まらない。

もー、どこ触ってるんですか?(笑)
あ、ごめん
 ついつい下心が出てしまう。
 ここで忘れてはいけない、あのオプションだ。

“ゆーとぴあ”ってどんなオプション?
えっと、したいことを叶えるオプションかな?(笑)
じゃあ…










 割愛。

今日はありがとう
いえいえ、また会えたら嬉しいな♥
 しばらく雑談してから、取材の旨を伝える。

そうなんですか?店長は知ってるんですか?
実は内緒なんだよね…
じゃあこれは内緒にしておきますね♥
 しばらくすると、時間終了のタイマーが鳴った。
 玄関まで送ってもらう。

ありがとうございました♥
スタッフ
またお待ちしております!
階段急だから気をつけてね!

最後に

『わんだーらんど』では、相変わらず非常に楽しい時間を過ごせた。
 交渉の仕方はとても大事で、オラオラしていたり無理やりはNG。
 お互いに納得した上で成立するのが、“ゆーとぴあ”の良さなのだろう。

 コッソリやるのがリフレのマナー。
 次回の突撃がますます楽しみだ。

秋葉原『わんだーらんど』バナー
『わんだーらんど』の公式ブログを見る!

  • 店舗情報
  • 利用者アンケート
潜入日2017年2月2日
店名わんだーらんど
嬢名なな
電話番号070-4466-8555
営業時間16:00~23:00
実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『わんだーらんど』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

2.5 rating

コメントする(承認制です)

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top