EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

『ハッピーメール』でのフラれ体験談

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
『ハッピーメール』でのフラれ体験談

読者投稿46歳の男性

 ハッピーメールで出会った女性にフラれた話。

 2年ほど前にハピメで知り合い、メッセージの交換を経て、直メールを行う仲になった女性がいました。

 その女性Aさんは45歳の既婚者、会話ではテレビのこと、家庭のことで盛り上がりました。

 普通のメル友として2週間ぐらい付き合ったのかな(2日に1度、数回のメールで会話を交わす程度)。

 もともと僕はHも目的の1つだったので、まずは実際に会ってもらえないだろうかと頼みました(いきなりホテルに連れ込むつもりはなく、相手に自分を評価してもらうためです)。

 Aさんは、最初は実際に会うことを躊躇していましたが、最後には了承してくれました。

 約束の日、Aさんの都合で、逢引の時間は1時間程度。

 実際に会ったAさんは、ごく普通の専業主婦という感じ。

 最初は緊張されていたものの、ドライブ中の会話は重い沈黙もなく、互いに気さくなものになりました(メールのやり取りで、お互いのことをある程度知っていたから)。

 僕はAさんのことを好きになり、別れ際に、これからも長く付き合っていきたい意思を伝えました。

 Aさんが僕に抱かれても良いと思うまで、Hを強要しないことも。

 そして、Aさんも同意してくれました。

 その日の夜、Aさんからメールが来ました。


申し訳ないですが、もう会えないし、メールもできない…。

昔、不倫していた男性と職業が同じで、メールでの会話内容も似ていたから、貴方を彼に見立ててメールしていた。

でも、実際に貴方は彼ではなかった。

当たり前のことなんだけど、それに気付いてしまい、これ以上は深入りできません…。


 そして最後に、「傷つけて御免なさい」と書かれていました。

「僕個人として付き合うことは可能ですか?」とメールを送ったけど、返事はありませんでした。

 しつこく追うのは相手に悪いので、もうメールはせず、アドレスや履歴も消去。

 今もそれっきりです。

 僕の感想として、出会いサイトは近づくのも早いけど、切れるのはもっと早いかもしれません(女性のほうがリスクが高いからね)。

 以上、思い出のフラれ体験談でした。

 さっ、仕事しよ!

『ハッピーメール』のレビューはこちら
600_400a

2.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top