EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

不況がキャバクラを襲う!?“援交キャバ嬢”に遭遇した男性を直撃!

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
不況がキャバクラを襲う!?“援交キャバ嬢”に遭遇した男性を直撃!

【EGweb】運営者江川

 アベノミクスが叫ばれている昨今、企業は儲かるが、労働者の所得は増えない。

 2014年4月には消費税が8%、2015年10月には10%にまで引き上げられる行く末は、庶民の生活が苦しくなることを示している。

 単細胞な俺の頭で考えても、消費は落ち込み、財布のヒモが固くなっていく様は目に見えるようだ。

 その影響を受けたのは、何も昼の世界だけではない。

 夜の世界にも、冷え切った風が吹き込んでいた。

 キャバクラへ足を向ける客は減り、労働者であるキャバ嬢も悪影響をモロに食らう。

 それを体現するかのごとく、キャバ嬢たちは水面下で金集めに勤しんでいた。

 なんと、「援助交際で現役キャバ嬢と遭遇した」と言う男性2名を発見!

 あまりにもイビツな副業、彼女たちはなぜ危ない橋を渡るのか!?

ケース1.A氏(43歳)


江川「そもそも、何をきっかけに援助交際を始めたんですか?」

A氏「出会い系サイトです。1ヶ月に10人以上と待ち合わせできて、(援交に)夢中になってる時期があったんです。その半数は遠くから顔を見てドタキャンしました。20代の若い子を狙ってたので、見た目にもこだわってました」

 一時期は援助交際にハマっていたというA氏。

 それでは、彼がキャバ嬢に遭遇したシチュエーションとは?

A氏「いつも通り20代の女の子とアポを取り付けたんですが、待ち合わせ場所にキャバ嬢風の女の子が来たんです。いや、服装とか見た目とかじゃないですよ。私はよくキャバクラにも通うので、なんとなく雰囲気で分かるんです」

 第六感で察するA氏、だてにキャバクラ通いしてません!

江川「ホテルではどんなやり取りを?」

A氏「まず最初に、『キャバ嬢でしょ?』ってカマかけてみたんです。そしたら、『なんでわかったの?』って、ビンゴです(笑)」

 軽く話を聞いてみたところ、キャバクラ店での指名が減り、収入は激減。

 生活のため、副業として援助交際を始めたという。

A氏「キャバ嬢として貢いでいる男がいるわけですが、影で私とヤってるわけで、何だか変な気分でしたね。逆に興奮しましたけど(笑)」

 背徳感すらも興奮材料とは、40代の性欲恐るべし!

ケース2.B氏(52歳)


B氏「深夜に安居酒屋で飲んでたんです。酔っ払った勢いもあって、近くの女の子に声を掛けました」

 初めて入った安居酒屋、周りにはなぜか若い女の子が多かったそう。

「じゃあ奢ってくださいよー(笑)」

 女の子にそうせがまれたB氏、若いオナゴのお願いは断れない!

 会計を終えて帰宅しようとした時、彼女からこう言われたという。

「お小遣いくれるなら、ホテルに行ってもいいよ♥」

 男性諸君にとって、店に行かずしてキャバ嬢とヤれるなら本望ではないだろうか?

 しかも“お小遣い”はホ別1.5、通常の援助交際の相場よりもかなり安い。

 酔った勢いも相まってベッドイン。

 顔面騎乗、69の後、激しいセックスを楽しんだそうだ。

江川「でも、その時点ではキャバ嬢だって知らなかったわけですよね?」

B氏「数日後、同僚の付き合いで(フリーで)キャバクラに行ったんです。そしたら、その子が付いたんですよ(笑)

 なんという偶然!これは運命ってヤツでは!?

B氏「お互いに固まりましたよね。『何でいるの?』状態です(笑)『店には絶対言わないで、働けなくなっちゃうから』って言われましたが…」

 キャバ嬢が店外で客と会い、金銭を直接やり取りする行為を「裏引き」と言う。

 本来なら店が得るはずの金を、キャバ嬢が個人的に手にしているワケだから、経営側にとってはよろしくない。

 当然、禁止行為とされている。

江川「それで?」

B氏「その時も結構酔ってましたから、『フェラしてくれたらいいよ。じゃなきゃ言う』って言って、トイレでフェラしてもらいました(笑)」

 援助交際をネタに脅す、恐るべし鬼畜50代!

 ていうかこの話、盛ってません!?

 得意げに話すA氏、その鼻は折らずにおいた(笑)

最後に

 現代は経済不況下、それはキャバクラとて例外ではない。

 男性にとって魅力的に映るキャバ嬢だが、その影では金策に走る姿もあった。

 繁華街の夜を彩る華は、裏側で援交男に蜜を吸われていたのだ!

 キャバ嬢に大金を貢いでいる男性たちにとって、「枕を濡らす」どころの話ではない。

 あなたのお気に入りのキャバ嬢は大丈夫!?

PDFで読む、キャバクラ投資術。

4.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間55万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top