EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

とある友人の一言「ローションこわい」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
とある友人の一言「ローションこわい」

【EGweb】運営者江川

 飽くなき出会い系の探求者、友人R。

 主な狩場はLINE掲示板、彼はそこで女の子を喰い散らかしている。

 そんなRから、つい先ほどLINEでメッセを貰った。

「ローションこわい」

 たったこれだけだ。

 何のことだかサッパリ分からない。

 気になったので返信してみる。

R「忙しいだろうから、前フリだけしといた」

俺「よけい気になるわwwwどうしたのよ」

 事情を聞かないわけにはいくまい。

 Rは雪国の青森市在住、そこは俺の地元でもある。

 普段は働き人の彼だが、急遽2日間の休みが与えられた。

 当然のごとく、Rは初日からLINE掲示板で女の子を探した。

 すでに定期の子(定期的に会える女の子)は数人いるのだが、彼はリスクを犯してでも、常に新たな出会いを望むのだ。

 この精神は見習うべきものがある。

 そしてRが目を付けたのは、某LINE掲示板の書き込みだった。

写真:無し
名前:くう(ハンネ)
身長:160cm
体型:グラマー
タイプ:癒し系

 こんな女の子をチョイスし、ホテルで会う約束を取り付けたという(援交ではない)。

 俺の経験からすれば、『グラマー+癒し系』はかなり危険な組み合わせ。

 ある友人いわく、「デブだけど優しいよっ♪」と言っているに等しいそうだ。

 実に的を射ている、その例えは的確だと感じた。

 だが、Rは積み上げてきた経験から、強靭なメンタルを身に付けていた。

 今までに地雷ばかりを踏んできたため、『あいつよりマシ』と思えば怖いものは無いのである。

 さらに今回、Rには野望があった。

 彼はまだ、ローションを使ったことがなかった。

 どうしても、一度試してみたい。

 湧き上がる好奇心が、彼の背中を押した。

 ローションは、ホテルの浴室に用意されていることが多い。

 万が一を考え、Rは自分で用意した物を携えて、意気揚々とホテルで待機していた。

 ホテルの部屋には、階段状に高くした三段ほどの床の上に、ハート型のジャグジーがあった。

 ピンクにライトアップされたハート型のジャグジーの中にローションを入れ、ローション風呂にして楽しみたい…。

 Rの胸は躍った。

 彼はまんまるで可愛いデブを「トトロ」、上背がありゴツいデブを「トド」と呼び分けていた。

(「トトロ」ならいい)

 そしてやって来た『くう』は、見事な「トド」だった。

「ちゃんとくびれてますよぉ」

 明るく言うのは可愛い…が、背中と肩周り、でん部と大腿部の贅肉が素晴らしい。

 結果として腰の周りが細く見える、“自覚なきグラマー”だった。

「ローション風呂やってみたいんだけど…いい!?」

 くうは、Rの申し出を快くOKしてくれた。

 ジャグジー目指して階段床を登る姿が、「シーパラダイスで見たトドのダイビングショーそのままだった」と言う。

 Rも後を追ったが、ジャグジーはくうで一杯、彼の入る隙間は無い。

 それでも、かろうじて両足を入れることができた。

 しばらくの間、トロトロになったお湯をくうにかけたり、彼女を触ったりしていたものの、Rの心は高まらない。

(こんなものじゃないはずだ)

「じゃあ、今度はRさんが入ろう」

 なぜか順番制になっていた。

 くうが、斜めに身体を持ち上げながら、片足を床に乗せ、もう片足を引っ張り上げた瞬間…そのまま階段床をデロデロとすべり落ちていった。

『ヌモッ!』

 聞いたこともない、重く粘ついた音を立てながら、くうが湯上りのドアにぶつかった。

(こんなにすべるのか)

 Rは大きなショックを受けた。

 幸い、くうに怪我はなく、Rがシャワーで洗い流してやり、「今度は俺がやってみる」と言いながら、ジャグジーに入り、わざと階段床を滑り降りて、笑い話でまとめた。

 こういう優しさは、俺がRを尊敬する所以だ。

 しかし、Rが期待していた快感は得られず、ローションは彼に“滑ってこわい”という印象だけを残した。

 そして帰りがけ。

「あ、お風呂場にローション置いてあるじゃん!持って帰ろうっと」

 くうはほがらかに宣言して、いそいそとバッグに詰め込んだという。

R「ジャグジーに自前のローション流し込んでるときはさ、まさかこのあと、『トド』が滑り落ちることになるなんて、思ってないからさあー」

R「今度は、普通に平面のところにするわ」

 そう言った。

俺「滑ったお前に怪我はなかったのか?」

 彼は右の肘をすりむき、右足の親指の爪が縦に割れ、はずみで舌を噛んで血が出たという。

俺「けっこうな怪我じゃんかwww」

R「な?ローションってこわいだろ?」

 それは、ローションのせいではない。

PDFで読む、LINEトーク術。

3.0 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top