EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

“名物店長”…感動しました!秋葉原の学園系リフレ、『ラブアワーズ』がガチ美少女だらけで天国だった件wwwww

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
“名物店長”…感動しました!秋葉原の学園系リフレ、『ラブアワーズ』がガチ美少女だらけで天国だった件wwwww

ライターホンダ

 読者の皆様は“旬”を味わっているだろうか?
 現在、巷にはありとあらゆるリフレ店が存在する。
 その中でも今、最も勢いに乗っている“リフレ界の旬”と言える店が、今回ご紹介する秋葉原の学園系リフレ、『ラブアワーズ』である。

 長文に興味が無い方向けに、まず結論を。
 とにかく読者の皆様に言いたい事、それは…










『全員可愛い』

は?マジかよ?
 きっとあなたはこう思っただろう。

 しかし、今回筆者は2度訪問し、4人の女の子と遊んできたのだが…まさかのハズレ無し。
 お世辞抜きに全員可愛いという結果だったのだ。

 それでは、ハイレベルな女の子たちに圧倒された体験談をお伝えしよう。

余計な誘惑を避けたいなら、末広町駅からのアクセスが吉


 筆者は普段、リフレにはあまり行かない。
 何故ならコスパが悪い印象があるからだ。
 とは言え、冒頭に記したように話題の店には必ず突撃し、全身全霊で体験をするよう心掛けている。

 その日は8月頭の暑い平日。
 仕事を終えた筆者は、20時半頃に秋葉原へ上陸した。
 目指すは未開拓の店、『ラブアワーズ』だ。

『ラブアワーズ』アクセス  JR秋葉原駅からは、店舗HPの案内図が分かりやすい。
 中央通りを上野御徒町方面へ北上し、東京メトロ末広町駅を過ぎたら、さほど迷う事なく辿り着けるだろう。

「末広町駅」出入口  ただし、秋葉原駅から向かうと、道中でメイドやJK系のビラ配りの女の子たちとの遭遇は必至。
 余計な誘惑に邪魔されたくなければ、末広町駅からのアクセスをオススメする。

 また、特に夏の時期は外を歩くだけで汗が吹き出してくる。
 余計な体力消耗を避け、清潔な体で女の子と戯れるためにも、やはり末広町駅発ルートが賢明な選択だろう。

『ラブアワーズ』周辺  店舗が入居するビルの外観は中華料理屋だ。

「森沢ビル」入口  脇の入り口からラブアワーズを目指す。

「森沢ビル」階段  同店は4階に位置するため、階段を上る試練だけは避けようがない。

自らの影響力と経営手腕が武器、20代の“名物店長”


『ラブアワーズ』入口ドア 多少の息切れとともに店舗のドアを開けると、右側に受付、左側に下足箱という風景が目に飛び込んで来た。
 そして受付には、話題の“名物店長(詳細は補足を参照)”が座っている。

 この日はひっきりなしの来客だったらしく、客と女の子さばき、電話対応など右に左に非常に忙しそうにされていたが、筆者が来店した際は丁寧に接してくれた。
 たまに来店客を放置し、予約電話に対応し続けるだけの店に遭遇するが、その点は好印象である。


管理人の補足:“名物店長”とは?

 ラブアワーズは今年の6月13日にオーナーが変わり、新たに20代の女性が経営を引き継いだ。
Check当店の経営引き継ぎのお知らせ

 そして、彼女は以下のTwitterアカウントを持っている。

ラブアワーズ店長のTwitter
18歳Fカップ割とすぐOK👙
リフレ店を営む女

 基本的にシュールなツイートが多いのだが、特に前者の『18歳Fカップ割とすぐOK👙』は現在約22,000人ものフォロワーを抱え、いわゆる「アルファツイッタラー(多くのフォロワーと大きな影響力を持つユーザー)」の部類に入る。
 彼女は同アカウントを求人や集客に活かし、ラブアワーズを更なる人気店へと急成長させた。

 自身の影響力と経営手腕、この2つは、他の同業者には無い彼女独自の強力な武器となっている。


『ラブアワーズ』リフレコース 『ラブアワーズ』コスプレ表 初訪問という事もあり、システム説明を受ける。
 詳細は店舗HPを参照して欲しい。

 この時の出勤は5名。
 指名料は掛からないが、予約で埋まっている女の子が複数いるそうだ。

店長
今からすぐに入れる女の子は…
 説明を受けながら、用意されているチェキ(インスタント写真)を凝視する筆者。

(おいおい、みんな可愛いじゃん!)
(この写真加工してんじゃないの!?)

 …疑惑がムクムクと湧き出してくる。
 筆者はチキンなので、

ホンダ
絶対盛ってますよね?
とは聞けなかったが、期待と不安が半々という心境だった。

管理人の補足:指名方法について

 先述の通り、ラブアワーズの受付テーブル上には、現在出勤中の女のコのチェキが置かれている。
 コレは一見客に対し、各嬢の顔と源氏名を示すための物だ。

 そして実際に指名する時は、受付左側の待機スペースに居る女のコをマジックミラー越しに選び、気になるコを見付け次第、店長に源氏名を伝える仕組み。
 この実物指名ゆえに、ハズレを引く事は100%あり得ない。

 尚、同店は15分ごとに(60分コースなら最大4回まで)指名変更が出来る。
 女のコを変える場合は、その度に上記の方法で指名しよう。

 ホンダ氏は事前に電話予約をした為、この“マジックミラー指名”を行っていない。
 そのため、当補足にてラブアワーズの指名方法を解説した。


 今回は初めての人にオススメらしい60分コース(6,500円)にし、計4人を指名する事に決定。
 しかし…

今からは2人しか空いてないので30分しか入れません…
少しお待ち頂ければ、その後に空きが出る女の子もいるのですが…
と、大変申し訳なさそうに伝えてくる店長。

(どんだけ人気店なんだよ!!)

 仕方なく30分コース(4,000円)に変更、今回は2人の女の子で様子を見る事に。
 靴を脱ぎ、左手のブース方面へ侵入。

『ラブアワーズ』個室  個室内は、広めで清潔感のある印象だ。
 ソワソワしながら最初の女の子を待つ…。

1人目:癒しの代名詞、大事な時間を“つむぐ”「つむぎ」ちゃん


つむぎ
失礼しま~す
 期待を膨らませる声と共にカーテンが開き、女の子が登場。





(か、可愛い…!)
(これは…当たりだ!!)






今日はありがとうございます♪
 素敵な笑顔と丁寧な挨拶。
「プロリフレ嬢」にありがちなスレた雰囲気は全くない。

 「つむぎ」ちゃんは常に笑顔で、とにかく積極的に話し掛けてくる女の子だ。
『お客さんの事をよく知って接客したい』との姿勢が強く伝わる。
 こちらの寒いボケにもコロコロと可愛く笑ってくれるので、とても安心して会話できる。
 これぞリフレ、『癒し』の代名詞である。

『ラブアワーズ』オプション表  さて、1人15分と短時間な事もあり、すぐにオプションを発注。
 密かに狙っていた「対面ハグ」だ。

えいっ!
という可愛い声で、筆者の膝の上にしっかりと跨(またが)ってくる。
 そしてギュッと抱き付かれると、女の子らしい柔らかな体が全身に密着する。

あぁ~…
 これぞ至福の時。
 可愛い女の子との密着ハグは本当に癒されるものだ。

 対面ハグをしながら会話を継続。

どんな女の子がタイプなんですか??
ハグ気持ちいい~♥ お兄さんはどう?
ぎゅってしてると安心しますね~♥
 こうした実直な接客態度が常連客を生んでいるのだろうか。
 露骨なセールストークではなく、

また来てくださいね♥
の言葉が素直に刺さり、笑顔がとにかく印象的だった。

 つむぎちゃんは制服を自ら購入するほどの気合いの入り具合で、筆者の全身の押し付けにも嫌がる素振りを見せない。
 間違いなく良嬢。リフレの醍醐味を、大事な時間を“つむげる”女の子だった。

 しかし、楽しい時間はあっという間。
 タイマーが鳴り、つむぎちゃんの接客は終了。
 彼女はやはり笑顔とともに去って行った。

 リピートしてしまいそうだ…。

2人目:楽しい思い出を作り出す、白石麻衣似の「らん」ちゃん


 再び1人で待つ筆者。
 正直なところ、つむぎちゃんが良すぎた。

(これは2人目のハードルが上がってしまうなぁ…)

 そう心配していると、

らん
お邪魔しま~す
 2人目の女の子、「らん」ちゃんが登場した。

 話は変わるが、乃木坂46は清楚さを売りにするアイドルグループだ(別に大ファンというワケではない)。
 つむぎちゃんもそうだが、リフレの女の子に通じる点があるのではないだろうか。
 しかし、何故いきなり乃木坂の話をしているのかと言うと…

 実はらんちゃんは…







誰もが知るあの白石麻衣似なのだ!!







 さすがに「白石麻衣そのもの」とは言いすぎかもしれないが…メチャクチャ可愛い!!
 そしてスタイルがメチャクチャいい!!!

 らんちゃんが登場した時、思わず筆者は声を発してしまった。

ええっ!?
 そのくらいの驚きを携えて、彼女は現れたのだ。
 身長160cm、細身のしなやかな体には称賛の声しか生まれない。

 らんちゃんは間違いなく綺麗系の顔立ちだ。
 人によってはキツい印象を与えてしまうだろうが…つむぎちゃんと同様に全くスレている雰囲気がない。
 とにかく笑顔で話し掛けてくれるので、癒し要素もバツグンだった。

 さて、オプションについて相談していると、らんちゃんから

これとこれはやったことない…
「キック」「踏みつけ」の提案があった。
 それならと両オプションを発注!
 初物、頂きます!!

やったことないから楽しみ~!
どうやってやるんだろ~?痛かったらゴメンね(笑)
 まずはキックからだ。
『何が楽しいの?』と思う読者もいるだろうが、想像して欲しい。
 あの白石麻衣が、子供のようにワクワクした笑顔で、今か今かとキックの準備をしている様子を。

こういう体勢なら蹴りやすいかな?
え~(笑) 足の角度これくらいかなぁ?
笑ってはいけないシリーズの罰ゲームみたいだねぇ(笑)
 こんな感じの共同作業が楽しいのだ。
 頂きましたよ、筆者のケツに、貴重な初キックを。

 さて、次は踏みつけである。
 寝転がる筆者の上から、色々な所を踏みつけてくれるらんちゃん。
 当然スカートの中も見えるが…これはあくまでも不可抗力だ。
 くれぐれもヤラしい気持ちで見てはいけない、誤解しないように!!

 らんちゃんは時間内に思い出を共有し、とても楽しい時間を作り出してくれる。
 リフレ店に居る事を忘れてしまうような女の子だ。

 最後はひざ枕をして貰いながらお喋り。

お客さんをひざ枕してあげてるとき、自分はこんな風に見られてるんだねぇ…勉強になるね
 見た目に反して凄く真面目で誠実だが、多少Sっ気もある。
 また、

時間もったいないよ
などの気遣いもあり、時間稼ぎをしてこない。

 イメージでギャルと思う事なかれ、らんちゃんは間違いなくいい女だ。



 初日はつむぎちゃんとらんちゃんの2人に入り、既にメロメロな筆者。
 しかし、まだまだ未体験の女の子たちが残されている。

(これはリピート訪問するしかない!)
(他の女の子にも入りたい!!)


 そんな欲求が疼いて仕方がなかった。

 というワケで、その場で2日後の土曜日に予約。
 気になった女の子を2名指名させて頂いた。

もう不安はない。むしろ期待感でいっぱいだ


「森沢ビル」外観
 土曜日という事もあり、お昼の時間帯に突撃(土日祝日は15時開店)。
 休日の秋葉原は平日にも増して誘惑が多い。
 しかし、迷わず末広町駅からお店へGO!

 前回と同じく変わったTシャツを着た店長の受付を終え、ブースへ入室。
 もう不安はない。むしろ期待感でいっぱいだ。

3人目:中毒症状が出そうな萌え系女子、「●●(※1)」ちゃん


●●
開けます~、こんにちわぁ♪
 とても可愛い声で現れたのは、待ってましたの●●ちゃん。

ふぁっ!?
 この子は間違いなく人気嬢だ。確信した、一目で。
 低身長のロリ系、華奢な体に可愛い声、そしてなんともビューティフルなお顔。
 特に筆者のようなオッサンは間違いなくハマってしまうだろう。

 ●●ちゃんはいわゆるアニメ声(萌え系の声優のような声)なのだが、細い声質がまた、たまらない。
 ウィスパーボイス(ささやき声・ささやきに近い息漏れ声)なのでイヤミがなく、むしろエロい。

 優しく優しくこちらに笑顔を向けられ、『ヤベェ…』と思いながら会話を続けていく。
 なんだか恋人同士のような安心感だ。
 この感覚を求める常連客もいるのだろう。

 そんな可愛い●●ちゃんとの密着を楽しみたくなり、「女の子掛ふとん」オプションを発注。
 体重を掛けすぎないように気を使いながら、筆者の上に優しく乗ってくる●●ちゃん。
 華奢ゆえに細くて軽いものの、骨ばっておらず女の子らしい柔らかさがある。







(いい…!いい……!!いいぞ………!!!)

 ●●ちゃんは小さめの身長なので、スッポリ乗られた状態になり、体がとても暖かい。
 そのまま耳元でピロートーク(枕を共にしながら交わす会話)をされると、まるで本当に恋人同士のようだ。
 疑似恋愛…これもリフレの醍醐味だろう。

肩凝ってますか?
いつもお仕事お疲れ様です♪
ゆっくり癒やされてくださいね♥
 ●●ちゃんはオプション(女の子掛ふとん)終了後の残り時間も、自ら進んで肩と手を丁寧にマッサージしてくれた。
 筆者はこれほど好待遇の接客を受けた事がない。

(ヤバい…)

 男はこういう女の子に弱い生き物だ。
 可愛いだけじゃなく、女の子特有の癒し…安心を求めているのだから。

 読者の皆様はくれぐれも注意して欲しい。
 中毒症状が出そうなほど、オススメすぎる女の子である。

 そして、●●ちゃんとの素敵な時間もあっという間に過ぎていった。
 いよいよ最後の女の子だ…!

4人目:超ゼロ距離接客、橋本愛似のラスボス「ゆうな」ちゃん


 筆者のラブアワーズ体験記は、この子で締め括られる。
 一言で表現するなら…







『ラスボス』

 現れた「ゆうな」ちゃんを見た瞬間、筆者は思わず後ずさった。
 そして叫んだ。





うそだろーーー!?







 橋本愛(ファッションモデル・女優)が、そこに居た。










(美少女すぎる…!!!)










 ちょっともう混乱してきた。
 なんなんだ、この店は。なぜ出てくる子がみんな可愛いのか。
 筆者が運良く当たりばかり引いているだけなのか…?

 メダパニ状態の筆者を見ながら、ゆうなちゃんはガンガンそばに寄って来る。

ち、近いよ…!!
 そう、ゆうなちゃんはとにかく距離が近い…近すぎるのだ。
 まるでこちらのドキドキを見透かしたかのように、筆者の顔を見つめてくる。

ゆうな
ええ~?どうしたんですかぁ??
ドキドキしてるの~?
 とにかくずーっと目を見られる。
 恥ずかしなり、ゆうなちゃんの顔を直視できない筆者。
 完全に落ちている。やられました。

 ゆうなちゃんは165cmの18歳、ソフトボール経験者のスタイル抜群な美少女だ。
 無駄のない体型とイタズラっ子のような笑顔は、もはや神々しいレベル。
 良い意味でリフレに居そうな感じが全くしない。

私のこと気になるの~?
どうしよっかなあ~?
 小悪魔すぎる笑顔にズッキューン!
 慌ててオプションを発注!!

(とにかく…とにかくこの子とイチャイチャしたい!!)

 欲望に忠実な筆者はそれしか考えられなかった。

ふっふっふ…
 笑顔で対面ハグをしてくれるゆうなちゃん。
 柔らかい、可愛い、そしていい匂い。
 あぁ…究極の至福…リフレ…ラブアワーズ…メッチャいいじゃん…。



【!!!WARNING!!!】





 ゆうなちゃん





 対面ハグ中







 顔が近い。










 マジで










 キスしたくなるほど















 顔が近い。















 読者の皆様、気を付けよう。
 一発で魂を抜かれないように。

 ちなみに筆者は調子に乗ってキスしようとしたら、物凄く上手くかわされた。
 かわし方も超一流だ…!

 また、ゆうなちゃんはお仕事感を出してこない。 
 なんだかんだと柔軟に対応してくれるので、更に好感度が上がる。

 本当に月並みの感想になるが、とにかく最高だった。
 人間は“本当の上質”に出会った時、シンプルな言葉しか出ないのだよ…。

 スーパーオススメ女の子、ゆうなちゃん。
 尚、筆者はリピートする模様だ。

総括

 帰り際、筆者は店長に

感動しました
と口にしてしまっていた。
 店のスタッフなどに感想を伝える事はあまり無いのだが…思わず出た言葉だった。

ですよね!?また来て下さいね!
 この“名物店長”も、『ラブアワーズ』の魅力の1つなのだろう。

 リフレ業界は、まさに戦国時代。
 規制が強化され、女の子が働きづらい環境にもなりつつある。
 そんな中、ラブアワーズには本当に素晴らしい女の子ばかりが揃っていた。

 皆様もぜひ、美少女たちとの“極上の時間”を味わってみてはいかがだろうか。

Check
伏字部分・限定情報は『公式メルマガ』で公開中!


『ラブアワーズ』バナー
『ラブアワーズ』の公式サイトを見る!

  • 店舗情報
  • 割引情報
  • 利用者アンケート
潜入日2017年8月9日
店名ラブアワーズ
嬢名つむぎらん●●(公式メルマガ内で公開中)ゆうな
電話番号03-5826-4499
営業時間平日17:00-23:30 土日祝15:00-23:00
受付時に「【EGweb】を見た」と伝えると、以下の割引を適用!
30分4,000円1,000円割引(3,000円)
45分5,000円1,000円割引(4,000円)
60分6,500円1,000円割引(5,500円)
90分9,500円1,000円割引(8,500円)
120分12,500円2,000円割引(10,500円)
※その他割引との併用不可。
実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『ラブアワーズ』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

5.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top