EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ハッピーメール】出会い系の法則!?ポイントにうるさい男はリアルでもモテない!

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
【ハッピーメール】出会い系の法則!?ポイントにうるさい男はリアルでもモテない!
読者投稿年齢不詳の女性

 いきなりだけど、「ところで直メする?」って言う人なんなの?


『するんだったら、してもいいけど』みたいな感じ?


「別に私は必要ないので、結構です(^^)」


 これ以外になんて返事したらいいのかな???


 それまでに信用を得てないこととか、文章力の無さで相手を不快にさせてることは棚に上げて、


「キャッシュバッカー?」


 そんな負け惜しみを言うために、自ら無駄なポイントを使ってらっしゃる男性が多すぎるwww


 確かにキャッシュバッカーもいるけど、聞いたところによるとハッピーメールは還元率が悪いらしく、稼ぐには不向きらしい。


 男性が日記で「キャッシュバッカーに遭った!」なんて書くと、同じく被害(?)に遭った男性がコメントを残したりしてるのよ。


 そういう人たちを見ると、日記の内容以前に文章がつまらなくて、『メールもつまらなそう…』と思ってしまう。


 似たようなケースをもう1つ。


「直メ教えてくれないし、会うのも先伸ばしにされた…。脈ないのかな?」


 こんな感じで悩んでいる男性の日記に、


「それはキャッシュバッカーだね!(`・ω・´)キリッ」


みたいなコメがあったりwww


 普通の女性なら直メも教えてくれるし、会う前提で楽しくお話できるのが当たり前。


 それ以外のリアクションの悪さを、“キャッシュバッカー”にしちゃう男性が多い気がする。


 そんなに魅力的で自信があるんだったら、出会い系にいる必要ないよ!(笑)


 そもそも私は、キャバ、ホスト、ソーシャルゲーム、そして出会い系、後で愚痴るくらいならお金使わなきゃいいし、使うほうが悪いと思ってる。


 本当にキャッシュバッカーだったら、気付かせずに末永く上手くサイメするに決まってんだろうが!


 そもそも、勘違いして1人で空回りする男性が多すぎる。



空回りメール実例


男「良かったらメールしません?」


私(…何が「良かったら」なんだろう…。まぁとりあえず返事してみるか)


 何度かメールをやり取りする。


男(返事が来るうちはイケる!俺に気があるんだ!)


私(この人のメールつまらないけど、決定的にダメなわけでもないし…。しかし正直めんどい)


男「会いませんか?」


私(え、まだ全然会いたい気持ちになれてないんだけど!)


私「すみません、すぐにはちょっと…(>_< )」


男(後々会えるってことはやっぱ脈あるじゃん!)


男「じゃあ直メ交換しません?」


私(な…なぜメアド交換可能と判断されたの!?どのへんで?ねぇどのへんで!?てかガンガン好感度下がってんのに気がついて!誰か彼を止めて~!!)


私「直メはちょっと…」


男「キャッシュバッカーかよ!騙された!」


私 (゚Д゚)




 男性はガッカリだけど、女性もガッカリしてるよ!


『キャッシュバッカーに遭った!』


 こう騒いでる男性は、それも含めて魅力なし。


 普通の女性が冷静に判断した結果、切っているだけであって、全ての女性がキャッシュバッカーではないよ!


 男性の文章に魅力が足りないんだよ!


 誰かハッキリ言ってやって!


 さらに腹立つのが、最初のメールで軽く自己紹介された後、捨て台詞みたいに


「会う気ないなら返事しないでください。勿体ないんで」


 これよぅ…18歳の学生が言うんならギリギリ許せるけど、大体オッサンが言ってくるのはなんでだろwww


 私にだけメールしてるわけではないだろうし、僅かにあったかもしれない可能性を自ら潰したこと、本人は一体いつ気が付くのだろうか…。


 ポイントを無駄にしたくないんだったら、無駄にならないように工夫したほうがいいよ!


 人のポイントとはいえ、ケチな私は勿体なくってしょうがないよ(>_< )


 とりあえず、一言だけのメールは誰も幸せにならないからやめてー!


 出会いたい女性はいるぞ!


 言葉と誠意を尽くせばチャンスはあるよー!


『ハッピーメール』のレビューはこちら
600_400a
3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookでコメントする

Return Top