EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【デリヘル経営者が参る!】「宣材写真」のヒミツ

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【デリヘル経営者が参る!】「宣材写真」のヒミツ

シリーズ物【デリヘル経営者が参る!】

 風俗嬢にとって、武器でもあり生命線でもあるのが「宣伝材料用写真」です。

 宣材写真の出来がいいのと悪いのとでは大違い!
「天国と地獄」と言っても過言ではありません(笑)

 まずは、宣材写真がどのような手順で出来るのかをお話しましょう。
 いいのかな~、暴露しすぎな気がする(苦笑)

宣材写真が出来るまで

1.スタジオ、カメラマンを決定する。
2.スタジオに予約を入れ、嬢に撮影日時を告知する。
3.嬢に撮影パターン、ポーズ数を告知する。
4.運営側で嬢個別に「どういう衣装、ポーズで取るか」を考え、ドラフトを作る。
5.カメラマンと撮影についての打ち合わせをする。
6.3で告知した撮影パターン、ポーズを嬢から提出させ、個別に打ち合わせをする。
7.撮影する(経営者も立会う)。
8.出来上がった写真をROMで受け取る。
9.撮影費を支払う。


 特に大事なのが4~6。
 経営者の立会いは趣味ではなく、立ち会うことで良い意味での緊張感が走ります。
 撮影に掛かった費用はお店持ちですが、中には自分でスタジオやカメラマンを抑えて撮影し、写真を持参するツワモノもおります。(笑)

 このくらい気合が入る撮影スタジオは、天下分け目の関が原の合戦並み!
 今は風俗の宣伝もネットが主流、写真の出来が仕事の量を左右します。
「奇跡の1枚」でも取れたら、2ヶ月は食いっぱぐれが無いんですよ!
 そりゃあ、真剣になりますわな(笑)

 しかし、悲しいかな「写真に映える女性・映えない女性」がいるのが現実。
 両者の間では、何が決定的に違うのか。
 実は面接の時点で、売れるか売れないかが大体分かります。
 私はデリヘル経営者として、多くの女性を見てきましたからね。

「映えない女性」に共通して言えるのは、

①目つきがよろしくない。
②顔に「イヤな雰囲気」がある。
③口の端が話している最中に歪む。
④言葉遣いが間違っている。
⑤口調が馴れ馴れしい。

 特に①と②は、それまで生きてきたモノが出ますから致命的です。
 顔にボカシを入れてもダメですから(苦笑)

 よく小説を読むときに使われる、「行間を読む」という表現。
 行間には何も書かれていませんが、そこに物語の風景や登場人物の心情を考えます。
 それを表現するための比喩です。
 小説とは似て非なるものですが、宣材写真にも同じようなことが言えまして。

『無いモノが写っている』という表現に尽きるのです。

 心霊写真じゃないですよ(笑)
 女性がそのときに思っていることや、大げさに言うと考えや性根が写真に出るんです。

 撮影は疲れますから、嫌がる嬢もいますが、そういう嬢はやる気が無い。
 当然、写真にも「やる気の無さ」が写りますから、映えません。
 映えないと「撮っても無駄ジャン。疲れるだけで結果が出ないし、撮りたくな~い」となるわけです。
 そんなワガママ、許しませんけどね。
 まあ、撮影費が無駄になるのもなんですから、最終的には撮影から外して、仕事も指名以外は干します。

 撮影をすると、当然お金が掛かります(笑)
 大体ですが、1名辺り5,000円~2,5000円(税別)。
 基本は3パターン(衣装3種類)3ポーズ。
 スタジオ内の背景、小道具の有無、ヘアメイクの有無、修正の有無によって値段が変わります。

 最低料金の場合、背景は色紙または無地の布となり、小道具、ヘアメイク、修正無し。
 最高料金の場合、背景はスタジオセットとなり、小道具、ヘアメイク、修正の全てが有ります。
 スタジオがある場所によっても、値段が変わってきますね。
 上野と六本木では、やはり多少なりとも値段差が出ます(苦笑)
 あとはボリュームディスカウント、人数が多いと1名辺りの単価が下がる所もあります。

 スタジオではなく、ホテルの1室を借り切って撮影することもありますね。
 部屋代は高くつきますが、スタジオでは出ない雰囲気が出るのが強みです。

 ここでクセモノなのが、ヘアメイクと修正(苦笑)
 プロのヘアメイクって凄いですよ~。
 本人とは思えないくらいに化けることがあります。
 客が宣材写真で萌えて嬢を呼んだら、似ても似つかない本人が来て落胆することも(苦笑)

 そして修正、今やデジカメで撮影しますから、写真のデータをいじれるんですよ。
 例えば、バスト80のBカップが、写真ではDカップくらいになってるとか。
 ウエストを削ってメリハリボディにしちゃってるとか。
 お尻の形を整えて美尻にしちゃってるとか。
 騙されたほうはたまったものじゃないですよね。
 安い遊びじゃないですし。
 写真の背景がセットで、写真と紹介データに違和感を覚えたら、気をつけたほうが良いですよ(笑)

 あとは撮影用の衣装、特に下着ですね。
 女性が『良い』と思う下着と、男性が『エロい』と思う下着はイコールじゃないんですね(苦笑)
 例えば、ワコールのスタジオ5やサルートっていうシリーズ物は高いんですよ。
 ブラ、ショーツ、ガーターベルトの3点セットで平気で3万超えますから!

 宣材写真のためとはいえ、高い下着を買って撮影して、映えなかったら出血多量で瀕死ですよ!
 なので、ある程度はお店で用意します。
 普段使う下着じゃないので、ヤフオクとかで安く仕入れます。
「誰に似合うか」「サイズは合うか」等を考慮して落札し、撮影日に間に合わせる。
 大変ですけど、嬢の生活が掛かってますから、経営者は頑張りませんとね(笑)

 しかし弊害もありまして、ヒマさえあればヤフオクで下着を見てますから、女性の下着姿くらいだと興奮しなくなってきました。
 悲しいことです。
 でも中身が大事だから、まだまだ現役でイケますよ!(何の話だ)

 撮影用の衣装は、嬢が普段使い兼用で買ってくることもありますし、下着同様、お店が用意することもあります。
 衣装が貯まってきたら、欲しがってる嬢にあげちゃいます。
 私太っ腹!(メタボではない!)
 ニット系やストレッチ素材のカシュクール系ワンピは映えますね。
 やはり身体の線が出る衣装は、「エロい!」っていうことなんでしょう(笑)

 そしてポーズ、これは大事です。
 大事ですが、自分の身体のどこが武器なのかを分かっていないと、良いポーズでの撮影が出来ません。
 それと、写真映えするポーズって、身体への負担が大きいんですよ。
 モデルさんが「ポージング用のストレッチを欠かさない」って言うように、身体を柔らかくしないとああいうポーズは取れないです。
 嬢が形の良いバストを武器だと思うなら、ブラの付け方や見映えのする角度を考えます。
 お尻を武器だと思うなら、お尻が映える下着やポーズを考えます。
 戦略がハマって、問い合わせと予約が殺到したときはガッツポーズですよ(笑)
 何気にビキニラインと、内腿強調のブラジャーとパンティの写真は評判がいいですね(笑)

次の記事私が実践している3つの撮影技術

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top