EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

ソープ嬢の裏事情

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
ソープ嬢の裏事情

読者投稿30代半ばの男性

 お友達のソープ嬢(お客ではなく飲み友達)から酔ったはずみに聞いた話です。

 ソープ嬢は個人事業主に近く、たとえば50分15,000円の店舗だと、店舗の経費(電気、水道、ガスはもちろん、ローション、歯ブラシ、ボディソープ、待合室のお茶や雑誌)やボーイの人件費、パネル代や広告費等がかかるので、実際は約半分程度(7,500円)が嬢の報酬。

 さらに、キャンペーンや空き時間を減らすため、1,000円割引等をすれば、さらに報酬は減るそうです。

 指名を得るために、やることもたくさんあります。

 愛想良く一生懸命サービスをして、空き時間や休暇日もブログの更新を欠かさないようにしなければ、リピーターは増えないそうです。

 つまり、がんばり屋さんでないとソープ嬢は続かないということです。

 高級店であればお客も紳士が多く、70~80分で30,000~40,000円のお店であれば、15,000~20,000円がソープ嬢の手取りになります。

 ここでネックになるのが、お客の指名が取れれば…ということです。

 高級店でお客の指名を得るためには、容姿の手入れや愛想はもちろん、大衆店にはないサービス、脱衣や着衣サポートを始めとして、即尺(洗わずにフェラ)、お店によっては精飲やノンスキン(中出し)を求められます。

 つまり、精神的苦痛や性病のリスクが多くなるのです。

 高級店では、毎週同じソープ嬢を指名する客はほぼいないそうです。

 特定の愛人を囲うのと差がありませんからね。

 大衆店のほうが、コンスタントに指名が入りやすいそうです。

 お客の立場からしても、1度会って気に入った嬢なら、パネルマジックや会話に関して心配はいりませんし、手軽な金額で安心したサービスを受けられます。

 相手のお客が2、3度目なら、また指名を入れて貰える可能性が高いので、ソープ嬢もより一層のサービスをしようと思うそうです。

 ただ、大衆店にも困った問題があります。

 それは、酔っぱらった観光客や出張客です。

 酔いに任せて暴言を吐いたり、嬢が嫌がるセックスを求めたりする場合があるそうです。

 風俗で遊ぶときは、いくらお客とはいえ、女の子への気遣いを忘れずに、ルールを守って楽しく遊びたいですね。

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top