EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

あなたは大丈夫!?風俗通いで借金苦に陥る男性が急増中!

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
あなたは大丈夫!?風俗通いで借金苦に陥る男性が急増中!

【出典:闇金ウシジマくん

【EGweb】運営者江川

 健全な男性諸君にとって、風俗は現代社会のオアシス。

 日々のストレスを解放するために、足を向ける男性がいても不思議ではない。

 特にサラリーマンの中には風俗好きが多く、生活費を削ってでも、借金をしてでも通い詰めるケースが続出中だ。

 彼らの姿は、不況下で生きる苦しさを如実に表しているのかもしれない。

 男性は、「ギャンブルと風俗が借金地獄の始まり」と言われている。

 彼らは逼迫した状況の中、なぜ風俗に通い続けるのだろうか?

 俺は借金問題に悩む、3人の男性に話を聞くことができた。

 悪循環を続ける彼らの風俗事情を追う。

ケース1.A氏(37歳)


「ちょくちょくキャッシングで借りてたら、いつのまにか借金が100万円になってました…」

 こう語るのは会社員のA氏。

 そもそも彼が借金を抱えることになったのは、パチンコがきっかけだったという。

「妻にはギャンブルのことを注意されてたんですが、仕事が忙しくつらくて手を出したんです」

 A氏にとって、パチンコは風俗への導線に過ぎなかった。

 次なる現実逃避の場を求め、ヘルスに通い始める。

「子供が2人いて、住宅ローンがあるのも分かってたんですけど…」

 金を返せなくなり、返すためにまたキャッシング。

 典型的な自転車操業は悪循環しか生まない。

 それでもヘルスに通い詰めた結果、現在の借金苦に陥った。

「今のところ妻にはバレてませんが、もしバレたら離婚かも…」

 そう力なく嘆くA氏だが、言ってしまえば自業自得である。

 汗水垂らして働くサラリーマンにとって、風俗はそれほどまでに魅力的に映ったということか。

ケース2.B氏(34歳)


 とある事情で風俗通いがバレてしまったのは、同じく会社員のB氏だ。

「最近、緊急入院したんですが、全治6ヶ月と言われまして。職場の書類が自宅に届くことになったんです」

 入院中、奥さんに「書類は開けていいから」と伝えたところ、中に入っていた給与明細から借金が発覚。

 借金総額310万、時期は1年半前だった。

「その後はもう、芋づる式ですよ…」

 ある日、奥さんが気にかけたのは、車の中に放置されていた鞄。

 それを無用心に思って持ち上げた際、小銭の音が聞こえた。

 鞄を開けてみると、デリヘル嬢の名刺が数枚、ラブホテルの割引き券が多数、コンドーム、マッサージオイルなどが続々と出てきた。

 驚いた奥さんが、B氏の出張時の鞄も調べてみると、風俗店の会員証が数枚、それも直近のハンコが押されている。

 定期的に通っている証拠だ。

 さらに、偽名で書かれた医療機関の受診証も発見。

 処方されたであろう、バイアグラの空シートも多く入っていた。

「共働きで、給与振込口座は嫁に渡していたので、給与明細は今まで見られなかったんです。出張も職業柄仕方ないので、怪しまれる様子もなかったんですが…もう無理でした」

 B氏が入院中のこと、奥さんに「病院で性病の再検査って言われてびっくりしたんだけど、風俗とか行ってないよね?」とカマをかけられた。

 当然、「行ってないよ」と答えるB氏。

 嘘をつかれた奥さんが激怒、病室で大声を出して暴れ出し、看護婦や他の入院患者までもが諌める事態に発展した。

 その日以降、奥さんは口数がめっきり減ってしまった。

「それが逆に怖い」とB氏は言う。

「何を考えているのか分からないのが怖い。多分嫁は私がちゃんと謝るのを待っていると思うんですが…近いうちに全部話して謝ります」

 B氏は無言になった奥さんの様子に怯えながら、正式に打ち明けるタイミングを伺っている。

 そもそも、借金返済のめどはあるのだろうか…。

ケース3.C氏(42歳)


 最後はC氏、彼はかなりエグいエピソードを持っていた。

「今年に一回り年上の妻と結婚して、それなりに幸せだったんです」

 奥さんの父親は、末期ガンで闘病中だった。

 あろうことかその最中、C氏は知人や友人から金を借りて風俗に通い詰めてしまう。

 実は、彼が奥さんと付き合っていた頃にも風俗通いが発覚している。

「その時は『生理的に受け付けないからやめてほしい』と言われました」

 その後は改心を決意、奥さんと一緒にやり直そうと考えた矢先、B氏の借金が発覚。

 新婚4ヶ月での修羅場となった。

 実はC氏、風俗通いがやめられず、知人や友人の他にも、サラ金で400万円の借金をしていたのだ。

「10年くらい前に借りたんですが、どんどん膨らんで返済が追い付かなくなりました。それでも今は200万くらい返しましたが…」

 C氏は奥さんに預けている口座以外にも、10万円分の給料が振り込まれる口座を持っており、現在はそのお金を使って返済しているとのこと。

 とは言え、利息分で10万円も消え、完済するまであと何十年かかるのか…と嘆く。

 C氏の両親は、とある事情で絶縁中。

 お金の相談をするなら奥さんの母親しかいない。

「お父さんは余命わずかな状態だし、そんなこと絶対に相談できない」

 奥さんにはこう突っぱねられた、至極当然の話である。

「こうなったら一生懸命借金を返しつつ、風俗にはたまに行くくらいにします

 この男、全く反省していない…。

最後に
 
 経済不況にある現代、世の男性には繁華街がより眩しく映る。

 だが一歩間違えれば、踏み入れる先が“闇”になることも忘れてはいけない。

 男性諸君、風俗のご利用は計画的に!

 ていうか、ローンとかならまだしも、借金はできるだけしないほうがいいよマジで(現在オートローン中)。

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top