EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

週末は“ラブホ難民”に注意!ラブホテル確保メソッド

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
週末は“ラブホ難民”に注意!ラブホテル確保メソッド

【出典:こたつとねこ

【EGweb】運営者江川

 どうやら、最近では三連休があったようだし、気付けばもう週末。

 自宅で原稿の執筆を続ける俺には曜日感覚など無い。

 要するに、イベント事とは無縁なのだ。

 だが週末や連休となれば、ラブホテルにしけこむ男女も多いだろう。

『早く彼女作りてー!』『セフレが欲しいよー!』

 こんな男性も、来たる冬、来たるクリスマスに向けて、色々な出会い活動をしているのかもしれない。

 まあ、俺は仏教だから関係ないけどね!

 さてさて、今回は「週末にラブホテルを確保する方法」について解説していこう。

“ラブホ難民”にはなるな!


 イベントの多い週末だが、実はラブホテルにもちょっとしたイベントが発生している。

 それは、“ラブホ難民”の出現である。

 いざ泊まろうとラブホテルを探すも、なかなか空き室が見つからず、空いているホテルを探して彷徨う人たちのことだ。

 もしかすると、ラブホテル付近をウロウロする人影を、あなたも目にしたことがあるかもしれない。

 週末や連休直前になると、そんな人々が続出するのだ。

 ラブホ難民は、都市部と地方によって、少し事情が異なってくる。

都市部


 東京でラブホ難民が多く見られるのは、新宿歌舞伎町、渋谷道玄坂、台東区の鶯谷といった場所。

 このような地区では、カップルのラブホ難民が多く出没する。

 そのため、普段なら19時程度までは「休憩」にしているホテルでも、早めの時間帯から「宿泊」オンリーとするホテルも多い。

 その場合はもちろん、料金もシステムも様変わりする。

 午後10時以降は、ほとんどのホテルが「宿泊」となってしまう。

 予約するのがベストだが、ファーストデートではホテルに持ち込める確率が低く、それ以降のデートでも「不発」になる可能性さえある。

 そのため、最低でもラブホテルの休憩・宿泊の時間帯をチェックしておこう。

地方


 主に観光地で起こる現象なのだが、地方ではカップルだけではなく、子連れのラブホ難民も出現する。

 いずれにしろ、お泊りコースが予想できるのなら、ホテルだけは要チェック!

「車の中でお泊り」なんてことにならないようにしてほしい。

 まあ、カーセックスという夢は見られるが…(笑)

ラブホテル確保メソッド


1.デート前にホテルの場所をチェック!


 デートの前には、散策場所に近いホテルをチェックしておこう。

 良さそうなホテルをチェックしておくのは良いが、そんなホテルは不思議なことに、他人も『良い』と思っているもの。

 そこにヤマを張っていたら、「当日は満室だった…」なんてことも結構ある。

 そこで、ラブホテルを何軒かピックアップするのではなく、まずはホテルが密集している場所をチェック。

 万が一ダメだった場合に備え、近場の地域もチェックしておこう。

 このような手順で、第1~第5候補くらいまでをピックアップしておけば安心。

 念のため、アクセスマップの写真を撮っておけば間違いない。

2.料金をチェック!


 仕方のない事だが、ホテル…特にラブホテルは、週末や連休は料金が高くなる傾向がある。

 そのため、財布の中身には余裕を持っておきたい。

 料金はピンキリで一概には言えないが、1~2万円は宿泊代として確保しておいたほうが良い。

3.交通手段をチェック!


 基本的には徒歩や車になるが、どうしても不可能な場合、他の交通手段を考えておこう。

バス
 まずは、デート場所近辺のホテル、またはホテル街までの交通機関をチェック!
 バス停の場所や、目的のホテルまでのバスはあるか?
 夜遅くになっても深夜バスはあるか?
 地方での深夜バスは、厳しい条件かもしれない。


タクシー
 バスの他にはタクシーという選択肢もアリ。
 だが、タクシーが多く走っていてすぐ乗れる場所や、全くタクシーに乗れない場所があるため、できればデート前にチェックしておこう。

 もっと用意周到にするのなら、おおよその時間を決めておけば、予約してタクシーを頼める場合もあるため、これも一つの手段。
 さらに、タクシー会社の電話番号もチェック。
 こちらも数社チェックしておいたほうが良い。

 ラブホテルの場合、利用するのは深夜が多いため、その時間帯に呼べるかどうかもチェック。
 その際、なかなかタクシーが来ないこともある。
 デート日の時間帯は混みそうかどうかを聞いておくのも良い。

 また、帰りにタクシーを頼むなら、電話で居場所を伝える際には、「●●(ラブホテルの名称)前にお願いします」はNG。
 どの辺りの地域なのか、おおよその場所を伝えるのが無難。
 ラブホテルで待っている客に対しては、後回しにされることもあり、それほど良い話を聞かない。


最後に

 上記の3つは全て、できる限り事前調査をしておこう。
 そうすれば、万全の状態でデートに挑むことができる。
 くれぐれも、ラブホ難民にはならないようご注意頂きたい(笑)

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top