EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

JCやJKとのセックスを立証する証拠とは?

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
JCやJKとのセックスを立証する証拠とは?

【EGweb】運営者江川

 最近の【EGweb】は体験談に頼りすぎている感があるため、そろそろ俺の記事を執筆しておく(笑)

 JCやJK(児童)とのセックスを切望する男性は後を絶たない。

 それは、彼女たちが持つ“ブランド”の魅力を如実に物語っている。

 かくいう俺も軽度のロリコンであり、JCやJKとのセックスを妄想したことは幾度となくある。

 女性からすればドン引きだろうが、ほとんどの男性はそのような願望を抱いているはずだ。

 膨らんだ欲望を抑えきれず、JCやJKたちに手を出した結果、その手に錠をかけられる男性も見られる。

 そんな報道を目にした時、あなたはこう思ったことはないだろうか?

『そもそもセックスを立証するためには、何が決め手になるの?』

 その疑問を解決するために、俺はこの記事を執筆した。

風俗店が存在できるワケ


 本題に入る前に、風俗店の成り立つ理由を解説しておこう。

「デリヘル嬢と本番した!」「ソープ嬢と本番した!」

 このような話はよく聞くが、基本的に風俗店は性的サービスを提供する場であり、そこにセックスは含まれていない。

 風俗店の営業形態上、売春防止法に違反していないのなら、逮捕や摘発に至ることはない。

 まずデリバリーヘルスの場合は、本番行為を禁止している。

 そのため、届け出に嘘偽りなく営業していれば、摘発対象にはならない。

 仮に女の子が客を個人的に誘い、金銭を対価としてセックスした場合でも、違法ではあるものの「単純売春」となり、現状での刑罰は存在しない。

 デリヘルは店側が本番行為を禁止しているなら、売春ではなく性的サービスを提供する「性風俗関連特殊営業」として存在できるのだ。

 次にソープの場合だが、やはり本番行為を禁止しているものの、実は日常的にセックスが行われている。

 届け出上は「浴場」であり、「性的サービスを提供する風呂」と定められている。

 原則として、備品の管理や従業員の出入り、プレイ内容は女の子の意思によるもの、店側はあくまでも「浴場を提供している」という立場だ。

 デリヘルと同様に性風俗関連特殊営業となり、個人間のセックスを摘発することはできない。

 両者をまとめてみよう。

 デリヘルは性的サービスを前提としており、本番行為は禁止、店側がセックス(売春)を管理していないのならセーフ。

 ソープを営業する店側は浴場を提供、「豪華な風呂で女の子が身体を洗うサービス」という名目上、あくまでも本番は個人間の行為でありセーフとなる。

 余談だが、パチンコ店の出玉を換金する際には、まず景品(主に純金)に交換し、景品交換所で現金と引き換えるシステムになっている。

 これは何故か?

 パチンコ店が出玉を直接換金する行為は違法であるため、景品交換所というワンクッションを入れることにより、法律に触れないようにしているのだ。

 つまり、パチンコ店はあくまでも「出玉を景品に交換する場所」であり、景品交換所とは一切関係ないというワケである。

 そのため、店員に景品交換所の位置を訪ねても、ほとんどの場合は教えてくれない。

 風俗業界も同じように、法律の隙間を縫う「建前」を盾に営業しているからこそ、摘発対象にはならないのだ。

 まさに「物は言いよう」の世界である(笑)

 もちろん、店側が女の子に本番をするように教育したり、強要した場合は経営者が逮捕されることになる。

 摘発されるのは、「本番あり」のサービスを前提にしていたり(いわゆる「裏風俗」)、18歳未満の児童を雇用するなどのケースがほとんど。

 これは個人間の援助交際にも当てはまり、当事者を処罰することはできない。

 その理由は以下の3つである。

密室でのセックスを立証できない。

セックスを立証するにあたって、人権上の問題が生じる。

金銭を対価とする合意があり、被害者が存在しない。

 現状の売春防止法は「ザル法」、売春は「被害者なき犯罪」と言われている。

 風俗業界が建前で成り立っている以上、個室内での本番行為は黙認されているのが現況である。

 いっそのこと合法にしたほうが、地下へ潜り込む業者が減少し、犯罪行為を未然に防ぐことができる…と考えるのは俺だけだろうか。

JCやJKとのセックスを立証する証拠とは?


 さて、ようやく本題に入っていこう。

 風俗店の解説では、「密室でのセックスを立証できない」と述べた。

 これは、18歳未満の児童との淫行においても同様だ。

 その一方で、JCやJKたちと性行為をした男性は多く逮捕されている。

 よくよく考えてみれば、これはおかしい話である。

 そもそも密室でのセックスを立証できないなら、警察は何を証拠として彼らを逮捕するのだろうか?

 最も強力な決め手となるのは、JCやJKの証言だ。

 もともと淫行は密室で行われるケースが非常に多く、状況は当事者にしか分からない。

 そして法律上、児童は「被害者」という立場になり、彼女たちの申告内容が重視される傾向がある。

 つまり、被害者であるJCやJKの証言によって、セックスの有無が決まるのだ。

 児童から「エッチした」という言葉を引き出せば、それが決め手となって逮捕される。

 逆に言えば、彼女たちが「エッチした」と言わない限り、セックスを立証することは不可能に近い。

 それはそうだろう。

 ICレコーダーで録音、監視カメラで撮影でもされていない限り、密室での行為を暴くことは困難を極める。

 部屋中に物的証拠が散乱しているならまだしも、もぬけの殻となった密室で、セックスの有無を完璧に立証できたら逆に怖い(笑)

 たとえ警察に「証言して下さい」と言われても、“まともな児童”が自らのセックスを暴露するはずもなく、「エッチしてない」と証言する、あるいは黙秘権を行使するだけである。

 その反面、簡単に証言されてしまうのは、たとえばレイプや援助交際など、JCやJKから恨みを買っていたり、信頼を得ていないケースだ。

 前者であれば、むしろ児童は『犯人を捕まえてほしい』と考え、基本的に合意で成り立つ後者でも、タチの悪い客(NG客)なら積極的に排除しようとする。

 ちなみに以前、美人局をしていた女の子に聞いた話だが、男性の弱みを握って脅迫する物的証拠を残すために、「ゴムを持ち帰ったり、タンポンを仕込んで精液を取ることもある」と言うから恐ろしい。

 結論として、JCやJKとのセックスを立証させないためには、信頼関係を築くことが一番重要なのだ。

当記事は『児童淫行』の実態を広く知って頂くことが目的であり、売買春を助長するためのものではありません。また、児童との援助交際は犯罪です。違法行為は絶対にしないでください。

【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top