EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

浮気とセックスについての8つの考察

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
浮気とセックスについての8つの考察

読者投稿30代後半の女性

 この記事は、『男女関係についてきちんと考えよう!』というテーマの下で書いています。

 私事ですが、東京に居たときは色々な「夜のお仕事」をしておりました。

 ありとあらゆる場面で、あらゆる年齢層の女性や男性と知り合い、真面目に話す機会が多かったのです。

 そのような立場で接していると、普通は聴かせてもらえないような話を聴く機会があります。

 それが、“浮気”と“セックス”についてです。

 物事をビシッと書いていますので、どうぞご容赦ください。

 この記事は決して強要するものではなく、読んでくださった方の中で1人でも共感したり、『へぇ、そうなんだ!』と新しい発見をして頂けたらそれで良いのです。

 私の経験を基に、独断と偏見で書いています。

 様々な批判や反論などが出てくると思いますが、広い心を持って貴方の中で自問自答してみてください。

 私は貴方の悩みや、家庭やカップルの問題を解決する専門家ではありません。

 以上を踏まえてお読み下さい。

1.適度な浮気は許す


 男性は人類が誕生した時から、種を蒔き、子孫を増やすという能力が盛んに働いています。

 それがそもそもの男性の本能というものです。

「酔った勢いで…」、「つい出来心で…」なんて言う浮気は可愛いものです。

 笑い飛ばしてやりなさい。

 彼氏やご主人が浮気したことは、事実としてはお辛いかもしれませんが、それだけ女性を惹きつける魅力のある証拠なのです。

 素敵じゃないですか!

「清潔感が無い…」、「体臭や口臭がキツい…」などと言われず、パートナーがキラキラした大人として見られているんですよ?

 誇りを持って良いはずです。

2.浮気とは何か?


 キャバクラ、スナック、おっパブ、風俗、そういった類のものは“浮気”とは言えません。

 需要と供給の下で成り立つ、しっかりとした立派な“お仕事”なんですね。

 そこで働く女性の気持ちを考えたことがありますか?

 どんなに嫌な相手でも、どんなに嫌なことを言われても、どんなに嫌なことをされても、その場を乗り切る強い精神力を持ち、作り笑いと演技力で男性を喜ばせているのです。

 そこで働く女性はみんな女優、演じているのです。

『楽して稼げる』というイメージを未だに持っている方がいるかもしれませんが、それは間違いです。

 何かしらの事情を抱え、人にはなかなか話せない秘密を抱え、時には苦痛を味わいながら、ストレスで一杯になることもあります。

 本当に大変な仕事なのです。

『相手の立場で物事を考える』という思考をいつも忘れないで下さい。

 浮気とは、異性に心が動いてしまい、パートナーに対する愛情ゲージがほぼ0になってしまう状態のことです。

 それが本当の“浮気”です。

3.なぜ浮気をするのか?

 そもそも浮気は、されるほうにも原因があると思います。

 なぜ男性は風俗に行くのでしょうか?

 なぜ違う異性にハマってしまったりするのでしょうか?

 それは残念ながら、貴方の魅力が欠けてしまったからです。

 貴方は日々、パートナーをドキドキさせるような努力をしていますか?

 愛情表現を言葉に出して、本当の気持ちを伝える。

 たまには勝負下着を着けて誘ってみる。

 セックスについてきちんと向き合う。

 こういう事をしていますか?

 ご主人が帰ってきた時、ご飯やお風呂の準備をして、「お帰りなさい。今日もご苦労様でした」と迎えていますか?

 なんなら三つ指ついてもいい位です。

 男性は家庭を守るために、貴方の知らないところで嫌な上司やお客様を相手にして、多大なる不満や愚痴などのストレスを、どっさり抱えて帰って来ているかもしれませんから。

4.心から感謝をする


 パートナーに食べさせて貰っているのなら、たとえ共働きであっても、やはり家庭の大黒柱に対しては、心からの感謝の気持ちを持つべきと思います。

 これらは、他人同士が1つの絆を持ち、それを持続させるためにとても大切な事なのです。

「セックスについて話し合うのが恥ずかしい」、「面倒臭い」なんて言うのなら、さっさと別れてしまいなさい。

 その時点で、貴方は『2人で愛を育む』ということを諦めてしまっているのです。

 諦めたら、そこで何もかも終わりです。

 愛とは、育むものなのです。

 植物も、ただ水をあげているだけでは育ちません。

 愛情を与えてあげないとダメでしょう?

 それと同じです。

 ましてや、相手は心がある人間なのですから。

5.貴方のセックスは間違っていませんか?


 男性のほとんどは、AVによって“セックス”という行為の存在を知るのでしょう。

 実は、その時点で間違っているのです。

 AVに出ている、いわゆる「AV女優」というのはプロの方で、お金を貰うことでそのようなビデオに出演しておられます。

 対価と引き替えに行っている“仕事”であり、“演技”なのです。

 そして、ターゲットは視聴者である男性なのです。

 AVは『見て興奮するセックス』を重視しています。

 だからこそ、もの凄く激しかったり、女優も大きな声で喘いだり、叫んだりするわけです。

 あんな声、普通出ません。

 声を出していないのを「感じてない」と誤解した貴方が、「もっと激しくすれば良いんじゃないか」と考えてさらに乱暴になる。

 女性からすれば、まるで強姦です。

 苦痛以外の何物でもありません。

 これを男性の痛みに置き換えたなら、たぶん性器にデコピン100連発とか、股間をマジ蹴りされるとか、そんな痛みだと思います。

 私には想像できないけれど。

 女性にしか無い部分は、女性にしか分からない。

 そこはとてもデリケートな部分ですし、いつか赤ちゃんがやってくる道なのです。

 それを荒らしてはいけません。

 だから優しくしてあげてください。

 潮を吹かせるだの、テクニックだの、そんなものは自慢になりません。

 むしろ、「俺はAVを沢山見てるんだぜ!」という自己満足のレベルです。

 健気な女性は、時には苦痛に耐え、最後には「気持ち良かったよ」などと男性を喜ばせるために嘘をつくのです。

 それで相手が喜ぶならいいと。

 AVで見たままを実践しているセックスなら、実生活においては茶番でしかありません。

6.下着を見ていますか?


 女性は365日1年中、上下セットのゴージャスな下着を着けているわけではありません。

 普段は手頃な値段の下着を着けていても、男性と会う日はそれなりの値段のするブラやパンティを色々と考えて、下着からオシャレをするわけです。

 前夜には脇毛を剃ったり、ムダ毛を剃ったりもしているのです。

 だから、まずは女性の下着を誉めてください。

 貴方の「可愛いね」の一言は、大切な女性の心に響きます。

7.正しい下着の脱がし方


 これはそれぞれのスタイルがあると思いますが、例えば女性のブラジャーを一瞬にして片手で外したとしましょう。

 入念に選んだ下着を眺める事もなく、一瞬でポイッとされたら、『あーあ…』と思ってしまいます。

 ブラジャーは、女性を正面から抱き締める形で背中に手を回し、優しく両手でホックを外しましょう。

 そして外したブラジャーを丁寧に畳み、椅子やテーブル、枕元などに置きます。

『大切にしている』いう姿勢を、女性に見せてやってご覧なさい。

 それはもう心から喜びますよ。

 パンティも同じです。

 片手でむしり取るように脱がすのではなく、ゆっくりと脱がしましょう。

 ブラジャーと同じように大切に扱ってください。

 そして、露わになった女性の裸を誉めます。

「恥ずかしいから見ないで…」と言われても、「そんなことない、綺麗だよ」という一言を添える。

 こういった1つ1つが非常に大切なのです。

8.レイプされ続けた2年間


 私の友人の彼氏が、AVそのままのセックスを実践していたそうです。

「彼氏とセックスをしていて、気持ちがいいと思った事は一度もなかった」と言っていました。

 キスをして、胸を揉み、乳首を愛撫し、女性の大事な部分に指を突っ込んで、乱暴に引っかき回す。

 濡れたらすぐに挿入して、AVで囁く男優の言葉なんかを真似て、「イカせてやってる」「抱いてやってる」と言う。

 なんでも自分優位のセックスだったそうです。

 髪を撫でたり、抱きしめたり、「可愛いね」、「綺麗だね」などの言葉もなく、本当に自分勝手なセックス。

 そんな事を2年間もされ続けていた彼女は、ついに彼氏と別れることが出来ましたが、それ以来セックスが嫌いになってしまったそうです。

 悲しいことですね。

 その彼氏は、「自分のしているセックスは最高だ」と信じてしまっているのですから、もはや救いようがありません。

最後に

 女性が100人いたら100人、感じる部所も感じ方も濡れ方も違います。

 だから思いやりを忘れずに、相手の身体とじっくり向き合って愛撫すれば良いのです。

 セックスは十人十色です。

 これらが本物のセックスだとは言っていません。

 カップルの数だけ、色々なセックスの形があって良いのです。

 ですが、どんな女性に対しても、その時だけでもいいから、優しさや思いやりは忘れずに持っていてください。

 ここで今一度、男女を問わず、愛やセックスやパートナーとの関係について、じっくり考え、話し合ってみてはどうでしょうか。

 新しい発見が、きっとそこにあるはずです。

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top