EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ハッピーメール】初めて作ったセフレとH三昧「舞花」

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
【ハッピーメール】初めて作ったセフレとH三昧「舞花」

ライターDH

 もしセフレを作ることができたら、皆さんは何をしてみたいだろうか?

 彼女には気を遣ってお願いできないことや、風俗嬢にはお金の問題で頻繁にお願いできないこともあるはず。

 しかし、セフレには気軽にお願いすることが可能だ。

 たとえば、野外プレイ、ハメ撮り、コスプレ、3P、イラマチオ…など。

 普通の女の子なら拒否するようなことも、Hが大好きなセフレは喜んで応えてくれる。

 私が初めてセフレを身近に感じたのは、大学に入った直後である。

 入学して1ヶ月もしない頃に、友人から「セフレができた!」と言われたのだ。

 しかも相手はJKで、私たちの母校の隣にある高校の生徒らしかった。

 私がひどく驚いたのは、身近な人間がセフレを作ったことだけではなく、その友人がいわゆる「ブサメン」だったからだ。

 それもオタク系で、決して女の子から言い寄られるようなタイプではない。

 その友人に、どうやってセフレを作ることができたのかを聞くと、地元にはオタク同士が集まるサークルのようなものがあり、大学や高校を問わず若者が集まっているらしい。

 そこで同じ「オタクJK」を見つけて仲良くなり、セフレになったというのだ。

 さらに聞くと、「彼女になってほしい」と必死に頼み込んだ結果、「彼氏は嫌だけど1回Hするくらいならいい」と言われてセックスをし、その後も体だけの関係が続いているということだった。

 友人は「馬鹿にされていて恋愛対象には見られていない」と言っていたが、当時の私は『JKのセフレを作るなんて羨ましすぎる!』と感じた。

 そして…それから5年が過ぎ、私にもめでたく(?)セフレができたのだ。

 今回はJDのセフレ、「舞花」についてのレポートである。

WANTED

写真
舞花1
名前
舞花
年齢
20歳
職業
JD
利用したサイト
ハッピーメール
出会うまでの料金
1,000円
出会うまでの日数
2週間
出会った場所
秋葉原

秋葉原にて


 舞花はプロフィールなどにHな匂いを一切漂わせておらず、連絡先を交換した後のメールも至って普通の内容だった。

 たまにHなメールをしても恥ずかしがるような返事で、決して自分から食いついてくるということはなかった。

 むしろ、男性の期待に応えるようなHする気満々の女の子は、援助目的が大半なのかもしれない。

秋葉原駅
 舞花と会ってからは、Hをする約束はせず、夜に居酒屋へ飲みに誘う。

 何の因果か、彼女にも多少のオタク趣味があるというので、秋葉原の居酒屋を予約した。


 飲んだ後はいつものようにカラオケ、そしてホテルへと誘うことに成功した。

ホテルにて


 服を脱がすと、Dカップという私好みの大きめのおっぱいが現れる。

 感度もとても良く、少し触ったり舐めたりするだけで、身体をびくつかせていた。

 飲んでいる間は話し上手だったが、服を脱がした途端にしおらしくなり、口数が少なくなる舞花。

 フェラをお願いすると嫌がることなく、口の中で包み込むような深いフェラを時間を掛けてしてくれた。

舞花2 そして挿入のとき、「あれ…?」と焦る私。

 入らないのだ。

 舞花の中は十分に濡れているはずなのに、なかなか入らない。

 指を入れた時に少しきついなとは感じていたが、ここまでとは思っていなかった。

 その後、焦りながらもなんとか挿入完了。

 彼女の中はぎゅうぎゅうでとてもキツく、入れた瞬間に声が出そうになるほどの快感が駆け巡る。

 どうやら舞花の場合、他の女の子に比べて膣内が狭いようだった。

 あまりの気持ち良さに、通常の半分の時間も持たずに果ててしまった。

 その余韻に浸っていると、彼女はすぐに私のゴムを外し、お願いしていないのにも関わらず、濃厚なお掃除フェラを始めてきた。

 舞花が口を上下に動かす度、Dカップの大きな胸が私の太ももにあたり、ブツはすぐに元気を取り戻す。

 そのままパイズリをお願いし、挟んだ状態でしごいてもらう。

 パイズリはあまり得意ではないようで何度も失敗していたが、徐々にコツを掴んできたらしく、柔らかな両胸の感触にまたイキそうになった。

 そのまま立ち上がり、彼女の頭を掴んでフェラをしてもらう。

 男側が動きやすいような上手いフェラ、そして2発目を彼女の口の中に出した。

「飲める?」と無理を承知でお願いすると、彼女はそのまま素直に飲み込んでくれた。

 その日はそれでお別れになったが、舞花の積極的なHと強烈な快感を忘れられず、必死にお願いをして、また会う約束を取り付けることができた。

 その後、「実家暮らしの彼女と遊ぶ時は私の家」というセフレ関係が続く。

 ゲーマーの彼女に「新しいゲーム買ったから遊びに来ない?」と誘うと、「行く行く!」と喜んで何度も来るようになったのだ。

 彼女がゲームをしている時に、私が胸を揉んだりちょっかいを出し、そのままHになだれ込むというパターンが多かった。

 舞花も気持ちいいことが好きなようで、Hを拒んでくることは一度もなかった。

 ピンクローターでゲーム中の彼女をいじったり、目隠しした状態で少し乱暴に襲ったり、ハメ撮りをさせてもらったりなど、実に色々なプレイをさせてもらった。



 普通の女の子にあれこれ教え込んでいくのも良いが、最初からHな女の子と色々なプレイを楽しむことができるのはなお良い。

 是非そんな女の子を出会い系で探し当て、セフレとの充実したHライフを送ってもらいたい。

続編セフレに人生初の中出しをした話「舞花」

『ハッピーメール』のレビューはこちら
600_400a

4.0 rating

この記事の著者

職業:自営業期待の新星DH
大好きだった彼女に振られ、己の恋愛経験の浅さに気付き出会い系を始める。
飲み屋からホテルへの流れは自信があります。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top