EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ハッピーメール】浮気性の男を切れない女「洋子」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【ハッピーメール】浮気性の男を切れない女「洋子」

読者投稿40代前半の男性

WANTED

写真
なし
名前
洋子(仮名)
年齢
当時28歳
職業
専業主婦
利用したサイト
ハッピーメール
出会うまでの料金
400円
出会うまでの日数
3ヶ月
出会った場所
広島県

前編


 これはハッピーメールでの昔話。

 洋子と知り合ったのは、恋破れて立ち直ろうとする途中だった。

 彼女は私の日記に共感する部分があって、メールをくれたとの事。

 洋子には3年くらい付き合っている彼氏がいたが、あまり上手くいっていない。

 お互いに既婚者同士で、彼氏は色んな女性と付き合いたいが、彼女は自分だけを見ていて欲しいタイプだ。

『付き合うのは1人だけ』と考えている洋子は、彼氏にもそれを求める。

 考え方が違うなら別れてもいいのだろうが、別れを切り出す度に彼氏に寄りきられてしまう。

「他の男性と付き合えば、忘れられるのでは?」

 時に私は、こう進言した。

 洋子が彼氏を切れないのは、彼氏の「マメさ」加減が居心地がよく、『こうして欲しい』と思うことを、タイミング良くやってくれるからという理由らしい。

「見切られている」と言えばそれまでだが、洋子にとって彼氏は代替が利きにくい存在だった。

 彼女は昔の男に「放置」され続け、振り回された経験を持つ。

 それを優しくケアしたのが、今の彼氏という訳だ。

 3年経っても、1日50通を超えるメールのやり取り、1日置きのラブコール…なかなか真似できることではない。

「いつも側で囁いてほしい。もう、淋しい想いはしたくない」

「旦那(彼氏)とは冷めていて、旦那は外で勝手に遊んでいる。せめて、ここ(ハッピーメール)での出逢った相手には自分だけを見ていてほしい」


 この2つが洋子の願いだ。

 彼氏は淋しさを埋めてくれるが、他の女性にも手を出し、それを洋子に咎められ、別れ話を出されてさらにマメになる…ということの繰返し。

 彼女が1番激怒したのは、「ハンネを変えたら、私と知らずにお誘いメールがきた」ことである(笑)

 責めた挙げ句の切り返しは、「お前が浮気しないかどうか試した」と言い出す始末。

 他の男には期待できない「マメさ」と「3年間」という歴史が、洋子の判断を曇らせている。

 私と洋子は、お互いの愚痴の言い合いで始まったやり取りだったが、次第にそんなメールが日常になってきた。

 3ヶ月ほど直メールのやり取りをした後、彼女に逢いたくなり、最初のランチデートに誘う。

 初めて逢ったとき、写メや自己申告が『嘘だろ?』というケースは多いが、洋子は逆で予想以上に美形だった。

「水商売」をしていた経験を持っているのも頷けるほど、化粧映えする顔だち、子供を2人生んだとは思えないほど、整ったスタイル…正直なところ気後れしてしまったのも事実である。

 これなら飽きたとしても、彼氏が手離したがらないのも無理はない。

 性格は「気が強くさっぱりしてる」との洋子の弁、だが『彼氏との事を除く』という前提であろう。

 逢瀬の終わりに、付き合いを申込んでみた。

 彼女はちょっと考え、OKの返事をしてくれた。

「努力はするけど、1日50通のメールは絶対無理(笑)」

 私の言葉に対し、洋子は

「大丈夫、私が仕込んであげる(笑)」

と返し、和やかな雰囲気でデートを終えた。

 浮気性の彼氏との精算については、私の「しばらく並行して、気持ちの整理がついたときでいいから」との言葉に対し、

 洋子は笑いながら、「そんな不誠実な事はしません。きちんとケリをつけます」と言った。

 今思えば、これが私が見た彼女の最後の笑顔であった。

後編


 その日の夜、洋子からメールが届いた。

 そこには、「ごめんなさい。付き合えません」との内容が書かれていた。

『また彼氏に押しきられたのか』と思い、再度説いて洋子から「考えさせてください」との言葉を引き出した。

 それから数時間後、洋子から「ごめんなさい、やっぱり付き合えません。もう一度彼氏とやり直してみます」とのメールが来た。

 昼間の彼氏への不信感は影を潜め、絆が戻ったような洋子の言葉に“終戦”を痛感した。

 私の魅力が乏しかったのも事実であろうが、数日後、逆転劇の裏側を知る。

 彼女はサイトを退会していた。

 おそらく…洋子1人が退会したのではなく、彼氏も同様に退会したのであろう。

「自分の退会」と引き換えに、「相手の退会」を促す。

 どちらから切り出した条件なのかは分からないが、彼氏から見れば、起死回生の誠意を示せるチャンスであり、洋子から見れば、たまにこっそり再登録して、彼氏が退会したままかどうかにチェックを入れておけば、少なくとも彼氏のサイトでの女性の物色は止まる。

 男女の仲は当事者にしか分からないものであるが、これが彼ら(彼女ら)にとっての結論ならば、それも1つの形であろう。

 しかし…私が洋子を通して知る彼氏は、これで収まるタイプではない気がする。

 ほとぼりが冷めた後、何らかの理由を付けてアドレスを変え、違うハンネで再登録…という可能性もあるのではないか。

 いずれにしろ、彼女の『一途な想い』が通じる事を祈るばかりである…。

最後に

 出会い系サイトの女性は無条件でモテる。

 だがリアルで逢った場合、同じモテ方を維持できる女性は、男性の思い込みもあるゆえに少数であろう。

 洋子はそういった意味での少数派であり、水商売の経験もあるため、男性の扱いやアプローチ方法などは熟知しているはずである。

 それでも、『恋に落ちる』と自分の気持ちをコントロールできず、胸中の苦しさに悩まされる事になる。

 洋子によると、彼氏は取り立ててイケメンではなく、羽振りがいいわけでもないそうだ。

『相手のニーズを的確に捉え、他人より付加価値を加えて相手に接する』

 これが彼氏の生命線であろう。

「敵を知り己を知れば、百戦錬磨危うからず」-孫子-

 彼氏の人間性をなじったり、洋子に同情したりするのではなく、男女間について多くの事を学ぶ出逢いだった。

『ハッピーメール』のレビューはこちら
600_400a

3.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top