EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

ナンパからセックスまでの流れをリアルに解説!都内の某スポットで、実際にナンパ師に付いて行ってみた

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
ナンパからセックスまでの流れをリアルに解説!都内の某スポットで、実際にナンパ師に付いて行ってみた

ライターmarimari

 5月18日の15時。東京都内の某ナンパスポットをウロウロしてみた。
 服装は黒のミニスカートに上はTシャツというラフな格好。あまり張り切り過ぎないほうが声をかけられやすいと思い、オシャレ過ぎないコーデをチョイスしたのだ。

 この服装のおかげか、あっさりとナンパの声掛けに捕まる事に成功。
 今回は実際にナンパについて行き、セックスに至るまでの経緯を紹介しようと思う。

もし急ぎじゃなければ一緒について来てくれませんか?


 15時過ぎ。某ナンパスポットにてウロウロしている私に、声をかけてくる男性がいた。

すいませーん、道を聞きたいんですけどー。いいですかー?
 道を聞くふりをしてナンパに持ち込む作戦だろう。とりあえず応じてみた。

○○郵便局がこの辺にあるって聞いたんですけど、分かんなくて…
 推定年齢28歳~32歳。決してイケメンではないが、背は高くてオシャレ。ナンパに慣れていそうな感じだ。

marimari
○○郵便局ですか。そこの突き当たりを右に曲がって、その先にありますよー
 答える私を品定めするかのように見ている男性。下から上まで何をチェックしているのか、なかなか私と目が合わない。
『ペチャパイか…』とでも思っているのだろうか。

んー、分かりづらいな。もし急ぎじゃなければ一緒について来てくれませんか?ちょっと迷っちゃいそうで…
 きたきた。ナンパ特有の「一緒について来て」のセリフ。
 人の親切心をいいように利用するなんて許せない。

ここであっさりOKをするのもなんだか悔しい


 しかし、今回はナンパの検証をするので、悪態をついてその場を去るわけにはいかない。

いいですよー!今日は暇なんで時間ありますし
 私の「今日は暇なんで」という言葉に男性はすかさず反応。

今日暇なんだ!じゃあ、お礼も兼ねてお茶でもしようよ
 どうやら、こちらから仕掛ける必要はないみたいだ。

(でも、ここであっさりOKをするのもなんだか悔しい)

 そんな乙女心を持つ私は、ちょっとだけ渋ってみた。

えー、知らない人とお茶するの怖いなー
 渋られるのは慣れているのか、ひるまずに男性は

お茶だけだし、何も怖い事ないよー
と言ってきた。

 最初は敬語で話していたのに、いつの間にかタメ語になっている。
 ナンパ慣れしている男性は、絶妙なタイミングで女性との距離を詰めようとするので、もしかしたらこの「馴れ馴れしさ」もテクニックの1つなのかもしれない。

しないしない!俺そんな野蛮な事しないよ!


 とりあえず、近くのカフェでコーヒーを奢ってもらい、テラス席で1時間ほど会話を楽しんだ。
 そして気づけば夕方に。

この後どうするー?
と聞いてくる男性。まだ知り合って1時間ちょっとだが、お互いにだいぶ仲良くなったように感じる。
 正直、このままセックスの流れになると検証もクソもないので、こう答えてみた。

そろそろ帰ろうかな~。けっこう喋って疲れちゃったし
 すると男性はすかさず、

えー!なんかmarimariちゃんと話してると楽しいしもっと遊ぼうよ!じゃ、お酒でも飲みに行く?
と次のお誘いを提案。酔わせて襲うスタイルなのだろうか。

えー、お酒飲んだら変な事されそうー!
しないしない!俺そんな野蛮な事しないよ!
 野蛮な事をする奴に限って、必死で否定するような気がするのは私だけだろうか。

 とりあえず、そのまま近くのお店でお酒を飲むことにした。
 私はあまりお酒に強くないので、飲み過ぎないようにセーブしていたのだが、男性に

もっと飲みなよー!
とドンドン注文される。
 頼んで貰っているので飲まないわけにもいかず、次から次へとグラスを空ける。

 その結果、完全に酔っ払ってしまった。

相手は『今夜はイケそうだ』と確信していただろう


 気分よくお酒を飲んでいるところに、男性がいきなりキスをしてくる。
 しかし、私は酔っ払っているのでイチイチ拒否していられない。

キスすんなー、変態ー
と上機嫌で指摘する事しかできなかった。

 私に拒否されないと分かった男性は、その後からキスとボディタッチの嵐。
 肩を抱き寄せたり、背中に手を回したり(多分このときお尻触ってたはず)、お腹をつついてきたり…さすがに胸や下半身を触ってくる事はなかったが、相手は『今夜はイケそうだ』と確信していただろう。

 そんなこんなで、気分よく酔った私と男性はお店を出ることにした。

ちょっと飲み過ぎだよmarimariちゃん
あんたが飲ませたんでしょうがー
と笑いながら歩く。
 このときの私は、どこに向かっているのかなんて考えていない。『とりあえずゴロゴロしたい』、『気分が良い』ということしか頭になかった。

 お店を出て10分ほど。着いたのはラブホだ。

ここラブホじゃーん!
という私の言葉に、男性は

ゴロゴロしながら飲み直そうよ!飲みながら寝れるし良くない?
と提案してくる。
 なぜだろう。酔っ払っているからなのか、誘い方がいやらしくないからなのか、『ラブホだけど本当に変な事されずに終わりそうだな』と思ってしまう。

 そして、

いいねー、じゃあ中で飲み直そう♪
という結論に至ってしまうのだ。

まさか本当に何もしない気?ホテルに来てるのに!?


 入室し、バッグやら荷物やらはとりあえずソファにドサッと放置。
 そのままベッドにダイブすると、男性は有料冷蔵庫からビールを持って来る。

はいどうぞ
と渡されたビールを飲みながら、再びキスやらボディタッチをされる私。
 ベッドの上でイチャイチャしているのだ。そりゃもう男性はたまらないだろう。

 酔っていながらも、『リアルな体験談のためだ』という事はきちんと覚えている。ナンパからセックスに至るまでの流れを調査しなくてはいけない。
 とはいっても、もし男性にその気がなければ、今回は「失敗談」という事になる。
 せっかく1日使ってここまで来たのだ。できればセックスして、気分よく帰りたい。

 チラッと男性の股間を見てみた。ジーンズ越しでよく分からない。
 勃っているのかいないのか。それだけでも知れれば、今夜のセックスの可能性が分かるのに…。

 男性はひとしきり私の体をベタベタ触って、存分にキスをした後、また冷蔵庫に行ってお酒を持って来る。

(まさか本当に何もしない気?ホテルに来てるのに!?)

という気持ちが私の中で駆け巡る。
 お酒と会話を楽しむというスタンスで、なんと1時間ほど何もない時間が流れた。

(今日のナンパ体験は失敗だなー)

 そう思っていると、男性がやっと動き出した。
 もう1回私にキスをする男性。さっきまでとは違い、舌を絡めるディープな方。酔っているので、私もあっさりそっちのスイッチが入ってしまう。

 ここまで来たら、その後は早かった。
 Tシャツをめくられ、スカートを脱がされ、あっという間に全裸になった私。お互いに舐め合ったり、触りあったりしながらイチャイチャタイム。
 ゴムを付けて色々な体位で突かれながら、お互いに満足するまでセックスを楽しんだ。

最後に

 今回、私に声をかけて来た男性との「セックスまでの流れ」は、某スポットでナンパ→道案内→お礼のカフェ→仲良くなったところでお酒→酔わせてホテルというものだった。
 定番中の定番ではあるが、やはりセックスの成功率が高いからこそなのかもしれない。

 ちなみにその男性は、2日前にも同じやり方で2人の女の子とホテルへ行ったのだそう。
 私の体験を参考にしながら、ぜひ読者の皆さんもナンパをマスターしてみよう。

4.5 rating

この記事の著者

職業:フリー記者R18ライターmarimari

エロへの好奇心が原動力。過去に風俗とキャバクラの運営スタッフだった経験をもとに、気になる女性のアレコレや夜の店の情報を暴露します。


コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top