EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

出会い系サイトで妻と出会った話

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
出会い系サイトで妻と出会った話

読者投稿40代前半の男性

 これは実話である。

 それも、私自身の身に起きた出来事だ。

 出会い系サイトを利用する既婚男性がもっとも出会いたくない者、出会ってはならない者、それは妻であろう。

 出会い系サイトを使っていることが妻にバレるパターンは、主に2つある。

①妻も同様にサイトで遊んでいて、偶然男女として出くわした(互いに知らない)。

②夫の浮気を疑う妻がサイトを調査して会員登録し、他人のふりをして接触してきた(妻だけが相手が夫だと認識している)。


 私の場合は…最悪のパターンだった。

 今年の春、私はとある出会い系サイトに登録した。

 ハンネは「黒田」である。

「飲み友達が欲しくて登録しました。仕事帰りの軽い一杯にお付き合いいただける、日本酒好きの方歓迎します。なお、当方既婚につきカラダのお付き合いは望んでいません。Hな香りのするメールには返事しませんのでご了承ください」

 このような趣旨のことをプロフに書いた。

 これは本音だが、同時に業者対策も兼ねている。

 業者(援助交際や割り切りなど)は基本的にプロフィールを読まずに定型文を送ってくるため、逆援やセフレ募集や人妻乱交サークルなど、そういうメールは片っ端から削除していった。

「出会い系なのにセックスしたくないなんて、本当?」

 こんなメールも何通か貰ったが、「そうです」と答えると「目的が合わないので…」と去って行った。

 登録して3日後のことである。

「私はメル友募集で、会うつもりは全然ないんですが、それでも話し相手になってくれますか?」

 同年代の女性からメッセージが届いた。

 飲み友はすぐには見つかりそうになかったし、2、3通やり取りして普通の女性だと思ったので、メルアドを交換する事にした。

 こちらから送ろうと思っていたら、相手からメルアドが送られてきた。

 ニックネーム+4桁の番号のgmailアドレスである。

 かなり本物っぽい。

 少なくとも、業者の偽造アカウントのパターンではなかったので、直メを送ることにした。

 そうして得た彼女の情報は、

●名前は「梨絵」。
●既婚、子供が2人いる。
●子供を預けている保育園が我が家と同じ。
●夫が出会い系をやめてくれないので悩んでいる。
●「友達が欲しいだけでHする気はない」というのが夫の言い分だが、一体何を考えているのか分からない。
●もう、ただの同居人と割り切るしかないと思っている。

 悩み相談だろうか?

 だが驚くほど、状況が我が家に酷似している。

 子供の人数と、通わせているスイミングスクールが違うくらいだ。

 妻の知り合いの可能性もあるので、直接会わないほうが良いと考えた。

 冗談のつもりで、「日曜日の昼過ぎに、喫茶店かファミレスでお茶でもいかがですか?」と誘ってみたが、

「初めにメル友だって言いましたよね?」

と拒否され、逆にホッと胸を撫で下ろした。

 ある日梨絵が、夕方に子供を田舎に帰すので、その後で会わないかと言ってきた。

 梨絵から誘ってくるとは思わなかったが、私は快くOKした。

 そして当日の朝。

「接待があるから帰宅は遅くなるよ」

 そう言って家を出ようとすると、

「どうだかね」

と玄関先へ見送りにきた妻が言った。

 …明らかに疑っている。

 会社へ着くと、コスト削減のために接待は中止となっていた。

 夜の予定が丸空きになったが、すぐに妻にメールした。

「接待中止。早く帰るよ」

 梨絵からの誘いはその1時間後だった。

 どういう風の吹き回しだろう?

「どうしますか?」

 梨絵が尋ねる。

 しかし私は…

「やめときます。妻には帰ると連絡したばかりだし、私が妙な行動を取れば、たとえお茶しただけでも疑いを深めるだけです」

「そうですか…わかりました」

 梨絵とのメールは、それが最後だった。

 家に帰ると、妻が玄関先で待ち構えていた。

「どこかへ寄ってくるのかと思ってたわ」

 妻は私と話をしたくて、私の帰りを寝ずに待っている。

 私も話していて楽しいので、基本的に真っ直ぐ家に帰る。

 ただ、アルコールが入るとすぐに寝てしまうという弱点があるため、妻は私が酒を飲むことについて苦々しく思っている。

「飲んでくる」と言うと、露骨に顔をしかめる妻。

 私はそれがイヤで、“帰宅メール”を打つタイミングを遅らせては、密かに寄り道する時間を作り続けていた。

 妻はその事に気づいていて、更にそれを浮気の前兆と危険視していたのだ。

「言った通り真っ直ぐ帰ってきたよ。ただいま」

「…お帰り。疑うの、もう疲れちゃった」

 妻は頭を私の肩に預けながら呟いた。

「疑うって、僕が浮気してるってことをかい?」

「うん。だって貴方、出会い系ちっともやめてくれないんだもの」

 実は、出会い系サイトを利用するのは今回が初めてではない。

 妻に目的を伝えた上で使っていて、成果がちっとも上がらないため、「止める」と一度宣言したのにも関わらず、陰でコッソリ色々なサイトを試していたのだ。

 出会い系には習慣性がある…これホント。

「で、実際僕は浮気なんかしてたかい?貴女が誘ったって断ったでしょ?」

 首を振った後、妻は息を呑んだ。

「…梨絵があたしだと気づいてたの?」

「いつから気付いていたの?」


 私の行動が妻に筒抜けだったあまり、逆に私が妻の動きを察知していたとは夢にも思わなかったようだ。

 …まぁ、それが普通だろう。

「疑いを持ったのは、送ってきたメアドを見たときだな」

 もっとも、確証があったわけではない。

 だが、相手が妻だろうと赤の他人だろうと、態度を変えるつもりはなかった。

 Hな話題には一切触れず、ひたすら悩み相談を受けた。

 妻の事を時々話題にしたが、陰口や愚痴はこぼさず、どちらかというと褒めることが多かった。

「旦那の言葉を信じられない」と言う“梨絵”に、「行動を見ていれば分かる」と伝えていた。

 私の行動を見ていて、妻はどう感じたのだろうか?

 疑うのがバカバカしくなってくれたら最高なんだが。

「心のどこかで、いつか貴方は去ってしまうんじゃないかと…不安でしょうがなかったの」

 妻は言った。

 そう思わせた私にも責任はあるけれど。

「貴女はもっと自信を持って良いんだよ。貴女が思っている以上に、僕は貴女の事を好きなんだから」

「…ごめんなさい」

 その晩は、妻と激しく愛し合った。

 妻の持つ罪悪感をすべて拭い去るように、全身に舌を這わせ、キスをした。

『何日振りかな』と振り返ってみたけれど、そんなに前ではなかった。

 梨絵のメアドをゲットした日にヤっていたから。

 お互いに、何かしらの手応えを掴んだ日でノっていたのだろう。

 後日、妻はママ友の飲み会で

「ちょっと聞いてよー!うちの旦那、隠れて出会い系してたのよ」

と暴露したらしい。

 ママ友の反応は、

「殿、御乱心!?」

だったそうだ。

 こうしてこの事件は収束し、笑い話として残り続けた。



 旦那さんイケメンすぎwwwww

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top