EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

セフレから性病を移されそうになった話

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
セフレから性病を移されそうになった話

読者投稿40代前半の男性

 その彼女との関係はセフレだった。

 基本的に彼女とのメールのやり取りは、オレから会う約束をする時にしかしないようにしてた。

 何故なら、嫁にバレるとまずいから。

 そんな彼女と、何度か素敵なエロい体験をしたある日のこと。

「ブーッ、ブーッ、ブーッ」

 携帯のメール着信音が鳴ったので、見てみると彼女からだった。

 最初はオレからしかメールしないのに、『どうしたんだろう?』と思って中を見たら…。

「もしかしたら性病移したかもしれません…」

「はっ?」

 直ぐには事態が飲み込めず、メールを見ていった。

「別れた彼氏から連絡あって、なんか性病みたいな症状が出たと話しがあって、私もそれらしき症状があるので、もしかしたら、●●(オレ)さんにも移してしまったかもしれないので連絡しました。もしそうだったらごめんなさい…明日、病院で検査受けてきます」

 なんと、オレと出会う直前に別れた彼氏とのエッチで発症したとのこと。

 とりあえずマジでビビった。

 こんなこと嫁にバレたら、完璧に修羅場じゃん。

 ただし、その性病は女性には症状が出て、男性は自覚症状がなかなか出ないらしい。

 さてどうする、オレ。

 元カレとのエッチから性病になり、オレにも移したかもしれないとの状況から、まずは性病にどのような症状が出るのか調べてみた。

 性病の名は『トリコモナス』。

 主に女性に症状が出て、男性は症状無しで終わることが多いということが分かった。

 今のところ、オレに症状は無い。

 無いが…心配で仕方がない。

 やはりオレも検査を受けたほうが良いのか?

 少しばかりの葛藤があった。

『あ~、やっぱりゴム着けてやるんだった~』

 これが、一番思った心の叫び。

 翌日、彼女からまた連絡があった。

 ドキドキしながら見てみると…。

「検査した結果、なんでも無いことが分かりました。お騒がせしてごめんなさい」

 心配は杞憂に終わった。

 オレも彼女も、心底ホッとした。

 皆さんもエッチライフを満喫するために(オレのような体験をしないように)、ゴムを装着して楽しんでくださいね。

2.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top