EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【イククル】出会い系の女の子から性病を移された話「ユキ」

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
【イククル】出会い系の女の子から性病を移された話「ユキ」

ライターDH

 排尿時、どうも違和感がある。

 気のせいだろうと思っていたが、数日経つと、それは軽い痛みに変わった。

 私の頭にある2文字の言葉が浮かぶ。

 ──性病。

 今回は、私が性病にかかった話をレポートにする。

WANTED

写真
なし
名前
ユキ
年齢
22歳
職業
OL
利用したサイト
イククル
出会うまでの料金
500円
出会うまでの日数
3週間

ユキとの出会い


 いつものように掲示板に投稿していると、社会人1年目という女の子から返信がきた。

 私と同じ業種の会社で働いているという点から仲良くなり、連絡先の交換をして、しばらくメールのやり取りをしていた。

 すぐに会うつもりはなく、その娘はキープの予定でいたが、とある週末に「渋谷にいるんだけど、今から来れない?」と急なお誘いのメールがきた。

 今思うと、おそらく他の男にドタキャンされ、急に時間が空いてしまったのだろう。

「渋谷の美味しいお店を知ってるから一緒にご飯を食べよう」と言われ、ちょうど何も予定のなかった私は嬉々として出向いていった。

 ユキは中の中というレベルの女の子で、一緒にいて落ち着いて話をすることのできる娘ではあったが、外観的な特徴はあまり感じられなかった。

 ユキお勧めのイタリアンのお店でパスタを食べ、その後はカラオケ、そして自然な流れでホテルへ向かった。

ホテルにて


 聞くと今まで付き合ったのは1人だけで、経験人数も1人だと言う。

 ユキはCカップとそこまで大きな胸ではないが、細身で悪くないスタイルをしていた。

 こうなれば、俺がいろいろと教えてやろうと意気込んだ。

 一度目の挿入時にはゴムを使ったのだが、途中で萎えてしまい、外したは良いものの、そのホテルにはゴムが1つしか備えつけられていなかった。

 そしてこのとき、私の脳裏には『経験人数1人であれば病気などの心配もないだろう』という安易な考えが浮かんでしまった。

 出会い系で会う女の子は基本的に警戒するべきだが、1人だけであれば問題ないはずと考えた私は、ユキの許可をもらってゴムを使わずに生で続きをした。

 ユキは自分から積極的には動かないものの、H中は割と大きめの声で喘いでいた。

「フェラをしてほしい」とお願いすると、素直に応えてくれ、30分間延々と咥えっぱなしでいた。

 結局正常位で1回、フェラを1回してもらって、その日は別れた。

感染


 ユキとは翌週も会う約束を交わし、当日の場所は私の家になった。

 そのとき告白されたのが、「実は経験人数は1人じゃなく、10人くらいいる」「大学時代は体だけの関係の人が何人かいた」ということだった。

 今さらそんなことを言われても、もう生でしてしまった私にとっては後の祭りである。

 既にその日も、生で2回してしまっていた。

 まだ性病に掛かったことのなかった私は、『たぶん大丈夫だろう』という根拠のない自信を持ち、その後はセフレ状態になったユキとのHを楽しんでいた。

 症状が現れたのは、ユキと初めてHをしてから3週間ほど経ったときのこと。

 最初は単なる違和感でしかなかったが、放尿のたびに痛みを感じるようになり、私は慌てて病院を探した。

 性病の疑いがある場合、何科にかかればいいのかすら知らなかった。

 必死にネットで探した結果、「泌尿器科」に行くことが分かった。

 病院に行くと、先生から「クラミジアだね」と言われ、薬を一錠処方された。

 それを飲むと痛みや違和感はすぐに消え去り、1週間もすると何事もなかったかのように完治した。

 先生からは、「パートナーにもちゃんと病院に行くように勧めるんだよ」と忠告された。

 当時の私はユキ以外とHをしていなかったので、感染源は100%ユキであった。

 ユキにそのことは伝えづらかったが、「とにかく病院に行って診てもらうように」と勧めた。

「それまでHはしない」とも付け加えた。

 ユキが病院へ行った時には3週間が経っていて、その後は彼女と久しぶりのHを楽しんだ。

 今度はしっかりとゴムをして…。










 結果を言うと、私は再びクラミジアに掛かってしまった。











 問い詰めると、ユキは病院へ行っていなかったらしく、私は冷めてしまって彼女との縁を切った。

 二度目の病院では、先生から「相手が治る前にHをすると、キャッチボールで病気の移し合いになるから気を付けないと駄目だよ」と言われたが、「もう縁が切れたので大丈夫です」と答えた。

 泌尿器科の後、怖くなったのでAIDS検査も受けてみたが、「問題なし」という結果が出たため、ホッと胸を撫で下ろした。

最後に

 最後に、私が今回の出会いから学んだことをまとめる。

出会い系で気をつけるべきこと

●まだ出会ったばかりで、信用できない女の子とのHでは必ずゴムを使う。
●性病はキスやフェラなどでも感染するので注意が必要。
●交通費やホテル代などの必要経費以外は持っていかない。
●違和感を感じたら早めに病院に行く(多少高いが保険の効かない病院もあり、保険証が家族と一緒でもばれない)。
●女の子の性病は症状が少なく、本人が気付いていない場合がある。


 以上をしっかりと頭に入れて、出会い系を楽しんで頂きたい。

 性病に掛かると性欲が激減して、Hする気が本当になくなってしまう(笑)

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)

3.5 rating

この記事の著者

職業:自営業期待の新星DH
大好きだった彼女に振られ、己の恋愛経験の浅さに気付き出会い系を始める。
飲み屋からホテルへの流れは自信があります。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top