EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

デートでは男性が「提案」しよう

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー

読者投稿20代後半の男性

 まだ僕の女性経験が全く無いころ、やってしまった間違いがあります。

 それは、「優柔不断」という振る舞いです。

 女性に「頼りない」と思われてしまうのは、

「決断できない」「優柔不断」

 主にこの2つが原因です。

 特にファーストデートでは、男性が率先しなければなりません。

 その反面、女性任せにしたり、詮索しすぎることはNGと心得てください。

 女性は、デートで男性を見極めたいと思っています。

 それにも関わらず、最初から女性任せにしてしまったら、判断のしようがありません。

 それはつまり、「KYな男」というレッテルを貼られるも同然です。

 しかし、僕はやってしまいました。

「優柔不断」を「優しさ」と勘違いした僕は、彼女に行き先を決めさせて主導権を握らせてしまったのです。

 もちろん、結果的にイケませんでした。

 こんな状態では、いつまで経っても落とせるわけがありません。

 と言うよりも、男としてダメですね。

 以下からは、例を挙げながら解説していきます。

 たとえば、食事のメニューを決める際にも、「何がいい?」と相手に丸投げすることはNGです。

 このような場合は、先に「苦手なものとかある?」と聞いておきます。

 その後に、「それなら、これなんか良いんじゃない?」と提案すれば良いのです。

 もしくは、「じゃあ取りあえず、僕のお勧め注文しちゃうね」とでも言っておけば、女性も「頼りがいがある」と感じてくれるでしょう。

 もちろん、レストランのメニューに限らず、「何を食べたい?」、「どこへ行きたい?」などと、何も主張しないのはよくありません。

 女性は基本的に、決定することや責任を取ることを嫌います。

 ですから、まずは男性から提案してあげましょう。

「今度○○にでも行ってみようか?」

「そうだね。いいねー」

「じゃあどうしよう。温泉旅行でもしようか?」

「温泉もいいけど、ショッピングセンターにも行きたいな」

「じゃあ、そこも行こうか」

 このように提案しつつ、女性の反応を確かめていきましょう。

 全てのプランを女性に任せていては、相手に大きな負担をかけてしまいます。

 男性が1を提案して、それに対する女性の意見を聞くようにしましょう。

 こうしていれば、女性をリードしつつ、相手の意見を取り入れたデートになります。

 少なくとも、デートで「頼りにならない」と思われることは無くなりますよ。

2.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間120万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top