EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

ハッピーメールと美女と桜

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
ハッピーメールと美女と桜

読者投稿20代後半の男性

 初めてハッピーメールで会った人のお話。

 あれからかなりの時間が経ったけど、今でも時々思い出す。

 元気にしているだろうか。

 この体験談は、ちょっぴりセンチな内容になります。

 今となっては詳しく覚えていないけど、始まりはアダルティな感じだったと思う。

 メアドを交換して、他愛もないメールをやり取りする日々が続く。

 わかっていたのは、少し年上の人妻という事、「日々の生活に疲れを感じて、刺激を求めてサイトに来てます」という事だった。

「写真を見たいです」

 こちらのお願いに送られて来た写メには、想像以上の美しい女性が映っていた。

 好みは人それぞれだけど、まぁ10人中9人は美人と言うであろうレベル。

 昔はキャバ嬢をだったらしいが、その話は信憑性が高そうだった。

 一度会ってみようという事で、彼女の希望する店を予約して待ち合わせ。

 その待ち合わせ場所に現れたのは、写真どおりの美しい女性だった。

 少し時間に遅れていて急いだ事か、それとも初めて会う事への緊張か。

 店に入った後の彼女の顔は、しばらくの間赤く上気していたのを覚えている。

 初めの数分こそぎこちなかったものの、お酒が入り始めてからは、持ち前の天真爛漫でサバサバした彼女本来の姿に戻り、会話もかなり弾んだものになった。

 しかし、その明るさの端々には、ほんの少し引っ掛かりを感じていた。

 メールをしている時から感じていた事だが、小さな影と言うか…それを見せないためにあえて明るく振る舞っている。

 そんな印象を受けた。

 お酒が入るにつれ、彼女の口からポツリポツリと語られる重い過去。

「酔っ払ってるよね、ゴメンね」

 そう謝りながらも、一度口から出てしまった言葉を止める事は難しい。

 途切れ途切れながらも、徐々に彼女の持つ「影」の部分が明らかになっていった。

 自分としては、もう全てを聞くしかない。

 重い話をしながらも、時々見せるはにかんだような笑顔が、今でも印象に残っている。

 気が付けば、随分と時間が過ぎていた。

 一度店を変えようという事で、彼女のリクエストでカラオケに行く。

 この時には、もう元の通りの無邪気な彼女に戻っていた。

 カラオケでは、互いのジェネレーションギャップやら、昔好きだった歌手やら、バカ笑いをしながら普通のデートのような時間を過ごしていた。

 そろそろ終わりの時間が近付いてきた時、急に彼女が黙り込み、自分のほうへもたれ掛かって来た。

「ギュッてして」

 これまでのイメージからは程遠い、消え入るようなか細い声。

 彼女に愛おしさを感じ、優しく抱きしめてそのままキスをした。

「ゴメンね」

 彼女は小さくつぶやいた。

 何を思ってそう言ったのかは、今でもわからない。

 カラオケを出てからは、まるで付き合いたての学生のように、ちょっとした暗がりを探してはキスを繰り返していた。

 自分の手を引っ張って、人目を避ける場所を探す彼女。

 その無邪気な顔は、強く記憶に残っている。

「朝まで一緒にいたい」

 そう彼女に伝えたが、「どうしても家に帰らないとダメなの」という事でその日は別れた。

 以降も彼女とのメールは続いていたが、以前と比べて若干の変化が生じていた。

 彼女からのメールの返事は少しずつ遅れがちになり、自分の仕事が忙しくなった事もあって、メールのインターバルは1日から2日、そして1週間と徐々に延びていった。

 たまに来るメールはネガティブな内容が多く、返せない事もしばしば。

 いつしか、彼女に対する記憶は日々の生活から消え始めていた。

 彼女の事をすっかり忘れかけていたある日、一通のメールが届いた。

 詳しい内容は割愛するが、離婚が決定したということ。

 それともう一つ、ある程度は予測しながらも、自分の中では衝撃的な内容が書かれていた。

 そのメールには、一枚の写真が添付されていた。

 満開の桜の写真だった。

 その時の季節は、まさに桜が満開の時期。

 初めて会った冬の日から、もう数ヶ月が経っていた。

 おそらく、特に理由はなかったのだろう。

 もしかしたら、彼女の間違いだったのかもしれない。

 その一面に咲き乱れる桜の写真が、何故だか深く心に刻まれた。

 もう一度会ってどうこう出来るわけでもないが、ただ願う。

 彼女に幸せが降り注ぎますようにと。



「女性の重い過去と、メールの衝撃的な内容は書けない」とのこと。

 隠されると、余計気になります。

『ハッピーメール』のレビューはこちら
600_400a

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top