EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

2000年の渋谷事情

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー

読者投稿30代前半の男性

 時は2000年、東京都渋谷区。

 僕はまだ大学生で、ただ毎日が遊ぶための時間だった。

 大学の授業など出たことはない。

 西早稲田のキャンパスにはヒッピーのような人間がゴロゴロいて、道端で寝そべり騒いでいる人たちや、いわゆる薬の売人が普通にいて、有事立法に反対する学生運動が行われていた。

 講堂の前では、和田さんが白いスーツを着てパラパラを踊っていた(わかるかな?笑)。

 これが当時の渋谷の風景。

 キャンパス内の通路は、大学に来て友達に会うだけの学生や、授業に出ない学生であふれ返っていた。

 既にそれは、「1つのコミュニティ」と言って良かった。

 大学構内に集まり、そのまま渋谷へ移動する。

 JRの駅を出ると、ハチ公前やスクランブル交差点は、同世代の人間でごった返していた。

 サラリーマンなんていなかった。

 彼らに対しては、いわゆる「リーマン狩り」が行われるのが普通の時代だったから。

 女子高生は超ミニのスカートにルーズソックスを履き、髪の毛はメッシュを入れて、みんな男子校のカバンを持っていた。

 そして、彼女たちは援助交際をしていた。

 男子高校生はズボンを腰履きにして、長めの髪の毛をカチューシャで持ち上げていた。

 僕ら大学生といえば、その頃の直木賞を受賞した「GO」という作品に書いてあるように、石を投げれば90%の確率で当たるという。

 日焼けして真っ黒な肌に長髪(ロン毛)の男たちは、毎日のように喧嘩をしていた。

 かくいう僕は、アフロやスキンヘッドの期間が長かった気がする。

 センター街を途中まで進むと、イラン人かスペイン人に「マリファナ、エクスタシーあるよ」と声をかけられる。

 当時の相場は、それぞれ1g3,500円と8,000円だった。

 渋谷にいる人間のほとんどが、薬物をどこかに隠し持っていた。

 可愛い女の子とすれ違うと、ナンパをするのが義務のようなものだった。

 お互いに慣れていた。

 夜の繁華街は、池袋では「ナンパコロシアム」と呼ばれるように、女の子の取り合いになった。

 当時の渋谷では、センター街へ飲みに行くことはなかった。

 もちろん、280円居酒屋など存在しない。

 でもタバコは1箱280円(笑)

 大学生でも浴びるように酒を飲み、1人4,000円を支払い、それが週に3回ほどあるのが普通の日常だった。

 ちなみに、景気は今と同じくらい悪かった。

 たぶん内定率も、今より悪かった頃だ。

 でも心配や不安に思うよりも、今を楽しく生きることのほうが大事だったのは間違いない。

 女子大生は、全員がヴィトンのバケツとエピ手帳を使っていた。

 黒いロングブーツの「アムラー」が氾濫していた。

 ちなみに、友達と一緒にいるときに携帯電話に出るような奴は、相手にされない時代だった。

 円山町のクラブでは、それぞれが自分の担当する音楽をかける。

 僕はソウルだった。

 当時は第5次ソウルブームであり、ハウス成熟期であり、ヒップホップ創世記だった。

 そして、パーティーミュージックとしてのR&Bの地位と定番曲が、僕らの世代によって確立された時代でもあった。

 ラブホテルを探しに円山町を歩いてみると、当時の宿泊料金は16,000円。

 しかし、空いているホテルはほとんど無い。

 1時間ほど歩いて、どうにか空室を見つけられるという有り様。

 事前にナンパした、名前も年齢も知らない女の子とセックスしていた。

 この生活が毎日のように繰り返され、朝になるとそのまま九十九里にサーフィンをしに行く。

 そして、寝ないでバイトをして、また遊びに行く。

 寝る時間は、電車と車の移動時間だけだった。

 これが、2000年の渋谷の大学生の1日である。

 この話はフィクションではない。

 僕らはこういう時代を生きてきた。

 今の渋谷にいると、当時の面影などまったく無い。

 人の流れを見ていると、『なんだか外国にいたみたいだな』と当時を思い出す。

2.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top