EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

「噂ではヤバいらしいよ」秋葉原のメイドリフレ店、『萌コンシェル』に行ってきた

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
「噂ではヤバいらしいよ」秋葉原のメイドリフレ店、『萌コンシェル』に行ってきた

【出典:萌コンシェル】

ライターホンダ

 某日、筆者は秋葉原のとあるメイド喫茶へ立ち寄った。
 そこで付いた女の子は、メイド喫茶で数年間働いているらしく、情報収集としていくつかのヒアリングを行った。

①メイド喫茶の掛け持ちは不可
②メイド喫茶とリフレ店の掛け持ちはOK
③時給は平均900円~1,100円ほど(研修期間を含む)

 なるほどと思いながら聞いていると、リフレ店について言及があった際、

「リフレは変なコトするのが目的のとこも多いよね。噂では萌コンシェルがヤバいらしいよ

との情報を得た。

『萌コンシェル』は、創業5年目を迎えた老舗のメイドリフレ店である。

(今の状況は分からないが、面白いネタになるかもしれない)

 こうして、調査目的で同店を訪問する事にした。

この店はとにかく寒い。色んな意味で寒すぎる


『萌コンシェル』は秋葉原の中央通り沿い、ドンキの向かい側の「第26東(アズマ)ビル」内に位置する。同ビル内には、いちゃキャバ(セクキャバ)の『アキバ体育倉庫』も入居している。

『萌コンシェル』コスプレ一覧 エレベーターを降り、鉄製の扉を開けて中へ進入。
 入り口正面には受付カウンターがあり、男性スタッフが対応していた。

 リフレ店の一般的な説明を受け、指名の有無などは聞かれず、接客スペースへ案内される。
 ブース(個室)の様子は写真に収めているので、参考にして欲しい。

 しかしこの店、とにかく寒い。寒すぎる。暖房をケチっているのか、客が居ないからなのか…。
 土曜の夕方にも関わらず、入店時の客は筆者のみ。ちなみに、退店するまで他の客は一切来なかった。

 フリーの女の子の空きが無いのか、ブースで10分ほど待ちぼうけ。
 特段の説明もなく、なんだか手持ち無沙汰であった。

『萌コンシェル』ブース1 そうこうしていると、ようやく20代のメガネっ娘「ちの」ちゃんが登場。
 とても愛想が良く、全体的には好印象なのだが、出っ歯が若干気になる。
 ルックスレベルは普通、可愛いと思うかは人によるだろう。

 リフレは複数のコースから選べるのだが、今回筆者は「リフレクソロジー40分コース(4,500円)」のハンドリフレを選択。
 手にクリームを擦り込まれながら、会話に終始することとなる。

 働いている理由を聞くと、「こういうコトは若いうちしか出来ないので」とのこと。
 業界的に、20代が「若い」と言える年齢なのかは議論が飛び交いそうだ。

 尚、ちのちゃんとは、40分ひたすら「好きな寿司ネタ」を語る謎の会話となった。

総括


 筆者が勝手に舞い上がっていた為、「ガッカリ感が強い」とも言えるのだが…『萌コンシェル』は普通のリフレ店である。

『萌コンシェル』ブース2 特筆すべき事も無いので、皆様にはご報告レベルでまとめさせて頂くが、「ちの」ちゃんは接客レベルは高いものの、リフレ店に期待するようないわゆる“直接的なコミュニケーション”は一切無く、そもそもそういった事をする雰囲気の店ではないと強く感じた。

 店内はBGM等も流れておらず、無音のため会話はフロアに丸聞こえ。ブースの出入り口も透けたカーテンで外から丸見え。仕舞いには「健全なお店なんですよ」とのっけから謎のアピール。

 申し訳ないが、4,500円を支払ってこのルックスレベル・年齢の子と会話をするだけなら、酒が飲めるガールズバーへ行く。
 閑散とした店内にも納得が出来るというものだ。

 メイド喫茶の女の子の言う「ヤバイ」は全くの絵空事であった。
 HPを見ると「個人撮影会」というメニューもある為、もしかしたらと考えたが…かなり本格的なスタジオ(HPの写真を参照)があるだけで、何かが起こる可能性も一切感じられない。
 ちのちゃんによると、店の女の子の撮影に加え、普通のスタジオとしても使えるらしい。
 至って健全店というワケである。

 可愛い女の子との濃密なやり取りを想像しすぎた筆者が悪いので、店の悪口は言わないようにしておくが…とにかく寒いフロアだけは改善して頂きたい。

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『萌コンシェル』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

3.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top