EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

「いくつだと思う?」那須塩原で、強烈なインパクトのコンパニオンに遭遇したwwwww

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
「いくつだと思う?」那須塩原で、強烈なインパクトのコンパニオンに遭遇したwwwww

※画像はイメージです。

読者投稿40代前半の男性

 先日、仕事関係のセミナーに出席する為、泊まり掛けで栃木県の那須塩原市へ行ったんですよ。
 取引先やら…総勢50人くらい居ましたかね。

あれっ?コンパニオンの保護者かな?


 セミナーが終わった後は、ホテル内で懇親会が行われました。
 それが、この時代には珍しくコンパニオンが来たんですよ。しかも5人。

 でも、1人だけ違う雰囲気の女性が居ました。
 普通、コンパニオンは20代~30代のイメージなんですが、どう見ても初老の方が交ざっている。

(あれっ?コンパニオンの保護者かな?)

 会場に居た誰もがそう思いました。
 他の4人は全員20代だけに、その女性のインパクトは絶大でした。

 懇親会が始まり、各席にコンパニオンが散らばります。
 幸い、私の近くには髪の長い美人さんが座りました。

 私は“初老コンパニオン”の事など忘れて、会を楽しみました。
 美人コンパニオンから発せられる香水の香り…どうすればお持ち帰り出来るかを考えました。
 例え持ち帰りは出来なくとも…せめて…Bまでは…。

 しばらくして、私がトイレに行ったんです。

(百戦錬磨のコンパニオンをどう口説くかなー)
(私が得意な、元中日ドラゴンズの田尾安志がバッターボックスに入った時の尻の動きのモノマネを披露すれば、確実に口説き落とせるんだけどなー)

 用を足しながら、そんな事を考えていましたね。

宴会のはずが、葬式の仕出し弁当を食べている雰囲気に


 ウキウキしながらトイレから会場に戻ると、私の周りの席の雰囲気がさっきと違います。
 宴会のはずが、葬式の仕出し弁当を食べる雰囲気になっていました…。

(どうしたんだろう)



Σ(゚Д゚)





 私の席の前に、初老コンパニオンが座っている。

(いつの間に…)

 私は気まずい感じで座り、近くで初老コンパニオンを観察しました。
 当初は保護者かなと思ったのですが、どう見ても違う。







(俺のオカン世代じゃん!!)

 しかもこの人、さっきから何も話さない。

(どうすりゃいいんだ…)

 私が困っていたら、隣の席に座っている取引先の方が

「○○(私)さん、年齢を聞いて下さい」

 そう言ってきました。

(えええぇぇー!無理無理無理ーー!)

 そう思いましたが、こういう役は私がしなければなりません…。

 ふと見ると、初老コンパニオンの胸の名札に源氏名が記されていました。
 彼女の名は…







「りあ」。










(「せつこ」の方が似合うぞ)

もう笑うしかありませんでした。とびっきりの苦笑いを


 私は勇気を振り絞って聞きました。

「りあさんはお幾つなんですか?」

 私のそんな質問に対して、りあさんは予想に反した答えを返しました。

「はいっ?」

(チッ、聞こえないのか…)

 私は少し大きな声で再び年齢を聞きました。
 すると、りあさんの口から衝撃発言が飛び出しました。





「すいません。耳が遠いので、近くで言ってもらえます?」







(初老じゃなくて大老じゃねぇか!!)

 仕方なく、りあさんの耳元で年齢を聞くと、彼女は言ってはいけない事を答えてしまいました。





「ンフフ♪いくつだと思う?」







(だああああぁぁぁー!面倒くせえええぇぇぇーー!!)







 デッドボールを当てられて、ピッチャーをぶん殴ったクロマティの気持ちが分かりました。

 明らかに顔が引きつっている私…。
 ちびまる子ちゃんで言うなら、顔に縦線が沢山入っている状態です。

「よ…45歳ですかね?」

 私は恐る恐る、りあさんの耳元でそう答えました。
 かなり気を遣ったつもりです。
 直球でいいなら、72歳と答えていましたから。

 りあさんは金歯をチラつかせ、ニコニコしながら





「ざんねーん!42歳どぇーす♥」





『プチッ』







「おい!誰か鈍器を持って来い!コイツの頭をカチ割ってやる!!」







 危うく暴言を吐くところでした。

(どう見ても42歳には見えねーよ!!俺と2歳しか違わないのに、このくたびれ感はなんだー!?どんな修羅場を掻い潜ればこんなに老けるんだよ!!)

 私は、もう笑うしかありませんでした。
 とびっきりの苦笑いを。

 そして、りあさんは改まって私達にこう言いました。










「初めましてー、新人のりあでーす♪よろしくお願いします♥」










(えええええぇぇぇぇーーー!!し…新人!!!??)

(どう見てもベテランじゃねーかああぁ!家に帰ったらぬか床をかき回すタイプじゃねーかあああぁぁ!!煮物が得意だけど 、妙にしょっぱい味付けをしそうじゃねーかああああぁぁぁ!!!)

 その後、りあさんは私に言いました。

「いやだぁー♥お兄さんよく見たら色男じゃないのー♥」







 うん、ありがとう。

 私の事を「お兄さん」、「色男」と言ってくれたりあさん。
 表現はなんか古いけど、見直しました。
 私の怒りも少しだけ収まりました。
 ただ…「よく見たら」は余計だぞ。

 そんなこんなで懇親会が終わり、部屋に戻って来た私。
 鏡で自分の顔を見ると、そこには疲れきった「おりも政夫」が映し出されていました…。

最後に

 “初老コンパニオン”…これはこれで良い思い出となりました。

(でもあの人、本当は何歳だったんだろう?)

 そんな疑問を残したまま、私は那須塩原から帰路に就きました。

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top