EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

採用確率わずか1%!イケメン添い寝屋『Rose Sheep』、現役“添い寝士”の仕事内容とは

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
採用確率わずか1%!イケメン添い寝屋『Rose Sheep』、現役“添い寝士”の仕事内容とは

【出典:イケメンの添い寝屋RoseSheep

『人の役に立つ仕事をするというポリシー』
 一条氏のこの理念は素晴らしい。個人的には、ホストクラブのように女性から金を引き出すのではなく、「寂しさを埋める」という仕事内容に好感を持てる。
 管理人(ゲス男)が言うのもおこがましいですが、影ながら応援しています。

[ 2015年11月23日 05:30 ]

 都内にある1Kのアパート。インターホンが鳴り、部屋の主である30代女性が扉を開けると、爽やかな笑顔の「添い寝士」一条楓(24)が現れた。(中略)

 お酒を飲みながらとりとめのない会話を楽しむ様子は、まるでおうちデートのよう。ほどなくして女性は「そろそろ寝ましょうか」と一条を促した。基本サービスとして腕枕をする。(中略)「この前、バカ上司に嫌みを言われて…」と抱えていた悩みを吐き出すように、女性は一気に話し始めた。それに合わせ一条は「そうだったんだ」「うん、うん」と優しく相づちを打ち続ける。

 依頼者は寂しさを感じているタイプが多いといい「仕事のグチや、人間関係などの悩みを聞いてほしいと思っている。アドバイスよりも、共感してあげるのがいいんです」。(中略)

 人の役に立つ仕事をするというポリシーは変えず、全く違うジャンルに挑戦してみたいと、2年前に添い寝の世界に飛び込んだ。現在は30~40代の固定客10人を抱える人気ぶりで、これまで添い寝したのは延べ人数で300人ほど。(中略)

一条が所属するイケメン添い寝業「ROSE Sheep」(東京・池袋)は、女性オーナー・涼宮零さんが「悩んでいる女性を癒やしたい」との思いから2013年に開業した。(中略)

「ROSE Sheep」には、入店を希望する男性からの問い合わせが月に数十件ある。プロフィル、写真審査をクリアしてから面接となるが、涼宮さんによると「採用されるのは1%程度」という狭き門だ。

【出典:スポニチ】

『Rose Sheep』の料金システム


『Rose Sheep』メニュー
“添い寝士”なら女の子と密着し放題、色んなコと出会えてウハウハだおwwwww
しかも「あわよくば」もありそうだから・・・ヤる夫にピッタリの仕事だおwwwwwww
ヤる夫(細かいこと)
こういう安直な理由で応募する奴は確実に落とされるだろうな
依頼者は必ずしも「若くて可愛い女の子」とは限らないし、『Rose Sheep』は性的サービスも禁止事項だ
業務内容は簡単そうに見えるが、お前が考えている以上にハードな仕事だぞ

そして最大の問題点は・・・ヤる夫が「イケメン」じゃない事だな
ヤらない夫(指差し)

4.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間50万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top