EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

まるで場末のスナック…上野のセクキャバ、『clubくのいち』の熟女にテンションダダ下がり(1軒目)

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
【EGweb】有料サービス
まるで場末のスナック…上野のセクキャバ、『clubくのいち』の熟女にテンションダダ下がり(1軒目)

【出典:上野セクキャバ『clubくのいち』

ライターホンダ

 その日、筆者は疲れていた。溜まりに溜まった仕事を「やってられるか!」と切り上げ、上野駅に降り立ったのが9月13日の16時頃の事である。
 目的はお馴染みの上野仲町通り。

(若くて可愛い女の子と談笑したい…)

 身も心も疲弊していた筆者は、その純粋ながらもぼんやりとした思いを胸に、夕暮れ前のナイトスポットへ繰り出したのだ。

女の子と飲めてちょっとだけイチャイチャ出来るお店ならありますよ


 仲町通りの入り口は、上野駅から南進、中央通りからスイーツ店「ABAB」を挟んで反対側、ちょうどTSUTAYAとサンクスの間に存在し、多くの飲食店と風俗店が軒を連ねている。
 その日は日曜日かつ夕方の早い時間という事もあり、

(キャバクラはやってないだろうな…)
(でも風俗って気分じゃないしな…)

と迷いながら看板を物色していた。
 自身のニーズを明確に把握していない状態…これが最大のミスだと後に思い知る事となる。

 仲町通りをブラブラと歩いていると、案の定キャッチからちょくちょく声を掛けられた。

「今日は何をお探しですか?」
「オッパイいかがですか?」

 そんな中、比較的真摯な態度の若いお兄ちゃんに話し掛けられ、足を止めてしまった筆者。

黒服「何かお探しですか?少し遊んでいきませんか?」
筆者「この時間はどんな系統の店があるの?」
黒服「キャバクラは日曜の早い時間なのでどこもやってませんね」
黒服「セクキャバやピンサロなら…いかがですか?可愛い子揃ってますよ」
筆者「キャバは無いんだ…女の子と飲みたいだけだから抜きは要らないよ。イチャイチャもあんまり」
黒服「それなら、女の子と飲めてちょっとだけイチャイチャ出来るお店ならオススメありますよ」

(やっぱりキャバはやってないのか…まぁ、女の子と飲めればいいか)

筆者「じゃ、行こうかな。いくら?言っとくけど抜き無しだから!風俗は行かないからね!」
黒服「はいはい、40分7,000円です」
筆者「高い。無理」
黒服「では、40分6,000円で頑張りますんで…」

 日曜の夕方である。冷静に考えたら、もっと安くなるはずなのだ。
 しかし、疲労困憊の心と体は「癒し」を求めていた。

(若くて可愛い女の子と楽しく話したい…)

 そんな強い想いから、キャッチとのやり取りもそこそこに妥結してしまった。
 そして案内されたのが地雷店1軒目、『clubくのいち』である。

あまりにもしつこい追加オプション攻撃に、テンションは下がる一方


 外観は赤を基調とした『くのいち』のデカイ看板が目立つ。そのまま同店の黒服に引き渡される筆者。

 まずは入り口で6,000円を支払う。パネル指名なども出来るようだが、今回はフリー。
 飲み物を聞かれ、少々時間が掛かるとの事で待合室へ移動。まずここが狭い。
 待合室に居たのはいかついおじ様(客)だったが、すれ違うのもつらいほど狭いのだ。

 程なく店内の黒服に呼ばれ、ブースへ移動。この時点で筆者のニーズとマッチしていない感が漂い始める。
 オフィス内をパーテーションで仕切ったようなブースに、申し訳程度の机(灰皿とグラスを置いただけで埋まる)と2人掛けソファーがあるのみ。

 更にここで5分ほど待たされる。
『なんだか気分が乗らないなぁ』と思い始めた頃…

「お待たせ~」







 35歳~40歳と思しきお姉さまが登場。

 熟女好きな方には申し訳ないが、筆者は若い子が好きだ。若ければ、多少ブサイクでも愛嬌でごまかせる時もある。
 しかし、お世辞にも綺麗とは言えず、くたびれた場末のスナックに居そうな印象の嬢が登場したのだ。当然ながら、この時点で『ハズレだ…』とテンションダダ下がりになってしまう。

(まぁいいか…女と楽しく酒飲めるなら一応はクリアだな)

 そう思い直して会話をスタートすると…程なくして

「今日はどうする?私も飲んでいい?追加料金で触ってもいいよ?どこまでしたい?」

(はぁ?)

 筆者は多少混乱していた。
 ここは、いわゆる「いちゃキャバ」ではないのか?
 下品な嬢から、まるでJK店の裏オプのような勧誘を受けるハメになろうとは…。

「えーっと…意味分かんないんだけど。俺は飲みに来たんだけど」
「飲むだけの人なんていないよー。みんな追加料金でしたいコトするよー。スッキリして行く人も多いよ」
「ねぇ、触っていい?アソコ見たいなー」

 もう完全に趣旨から逸脱している。
 嬢のうざいテンションを掻い潜りながら聞いてみると、どうやらこの店は「抜きオプションがある、セクキャバのようなピンサロのようなお店」という事だった。

 そもそも、上野にはフラ系のピンサロ『アイドリング』がある。

管理人の補足「フラ系」とは?
 川崎の老舗ピンサロ、『フラミンゴ』のグループ店を指す。フラ系の「フラ」は、同店の頭文字から来ている。

 また、おっぱいを触りたいなら、上野の『吉原』や『大江戸』等、一定クオリティのセクキャバもある。

Check「毛布」を使えば手マン黙認!上野の和風セクキャバ、『吉原』に大満足wwwww

 都内には、巨乳美人が一生懸命に抜いてくれる店がいくらでもあるのだ。

 が、『clubくのいち』はコンセプトがイマイチ分からない。しかも嬢が低クオリティときた。
 ここでようやく気付いたのだ、“地雷店”である…と。

 あまりにもしつこい追加オプション攻撃に、筆者のテンションは下がる一方。
 なんだか、この店に来てしまったこと自体が申し訳なくなってきた。
『もういいや…』とドリンクだけは飲んで頂いたが…2,000円、高すぎである。

 大して面白くない話を可愛くない嬢と続けていると、退店時間。
 筆者はそそくさと店を後にした。

最後に

 黒服からは40分と聞いていたが、若干時短だった気がしないでもない。
 なお、後ほどHPを見てみると、筆者が訪問した時間帯の料金は40分4,000円…微妙にボッタとも言える。
 これぞまさに「踏んだり蹴ったり」である。

 ちなみに、隣のブースからはペッティング音とバキューム音が聞こえてきた。自身のニーズにマッチした客も居るのだろう。
『自分には合わなかった、ただそれだけの事だ…』と無理やり納得させる筆者であった。

次の記事「タケノコ剥ぎ」と悪評!上野のイチャイチャ倶楽部、『エンジェルぱい』で追加オプション断固拒否(2軒目)

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

『clubくのいち』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.0 rating

コメント&トラックバック

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By だまされたw

    オプションあるなんて知らないのと
    中国系で日本語通じないでオプションの良く分からない話される訳で

    絶対入らない方がいい店w

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top