EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ハッピーメール】居酒屋で女子大生のおっぱいを…「愛」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
【EGweb】有料サービス
【ハッピーメール】居酒屋で女子大生のおっぱいを…「愛」

ライターDH

 今回のレポートは、「ノリと勢いがあればここまでいける」というお話。

WANTED

写真
なし
名前
年齢
21歳
職業
大学生
利用したサイト
ハッピーメール
出会うまでの料金
500円
出会うまでの日数
2週間
出会った場所
新宿

愛との出会い


 ハッピーメールの掲示板から返信があった女の子の中に、カールおじさんのTシャツを着た女の子がいた。

 私はそういう一風変わった女の子に興味を持つことが多く、「なんでカールおじさんなの?」という内容のメールを送った。

 すると、「好きだから」という答えが返って来た。

 その後に5往復ほどやり取りをした後、直アドの交換を経て、来週の日曜日に飲みに行く約束をした。

 最初は若干のぎこちなさがあったが、「会ったら頭なでなでしてあげる」「ギュッてしてあげる」などという内容のメールをしていると、向こうも徐々にその気になってきたらしく、飲みに行く日までにはだいぶ距離も縮まっていた。

 そして、愛と会う当日。

「カールおじさんのTシャツを着て行く」と言っていた彼女は、明るいシャツにスカートという女の子らしいファッションで現れた。

 例のTシャツを着てこなかった理由を聞くと、「さすがに恥ずかしいから」と言っていた。

 愛は多少メイクが濃く、あまり化粧慣れしていない感じがした。

 また、独特の間を持っている個性的な女の子であった。

居酒屋にて


 すぐに個室のある居酒屋に入り、一緒にお酒を飲んだ。

 愛の大学が私の友人の母校であったため、大学のことや彼女のしている結婚式のバイトの話などを教えてもらった。

 そして、出会い系サイトで他に会った男性についての話題になり、「出会った男性2人からホテルに行こうと誘われて気持ち悪かった」という話を聞いた。

 私は笑いながら、どのように誘われたのかを詳細に聞いて、最後に「じゃあ俺とホテル行く?」と冗談交じりに聞いてみた。

 すると、「えー」とあまり良い反応ではなかったので、ここで諦めかけた。

 しかし、その後に下ネタなどを織り交ぜて話していると、またチャンスが巡ってきた。

 最後にキスしたのはいつかという話題になったとき、お酒の勢いも味方に付けて「じゃあ、俺がキスしてもいい?」と聞いてみた。

 だがハッキリと、「駄目」と口を抑えて断られてしまった。

 すぐにそれを冗談に切り替えて、その後ことあるごとに「キスしてもいい?」と迫ってみた。

 すると徐々に抵抗が減ってきて、私が顔を近づけても体を引かないようになってきた。

「これはいける」と思った私は軽くキスをして、そのついでに少し大きめのDカップの胸も揉ませてもらった。

 愛は「胸まで触ったー」と軽く怒ったものの、本気で嫌がっている様子ではなかった。

 この後もイチャつきながら、狭い個室の中で何度もキスをしたり胸を揉んだりした。

(ここまで来たら、行くところは一つだな)

 そう思ったが、この日は日曜日で翌日に私は会社、愛は学校の予定があり、今からホテルに行って泊まると慌ただしくなると考え、残念ながらお別れすることになった。

 とは言え、ここまでして胸を触るだけで帰るというのも我慢できない。

 私は最後のお願いに、「胸を舐めさせてほしい」とお願いした。

 居酒屋の個室は漫画喫茶のような作りだったが、いつ店員が来るか分からない上、窓から外が見える部屋だったため、愛はさすがに「無理」と拒んだ。

(この娘は押せばいける)

 そう判断した私は、キスをしながら彼女のシャツに手を滑り込ませ、胸を直接揉んで少し硬くなった乳首をいじくり回した。

 シャツのボタンを外しながら「良い?」と聞くと、愛は何も言わずに首を縦に振った。

 ボタンを3つほど外してブラをずらし、彼女のぷっくりした形の良い胸を舐めた。

 個室とはいえ、居酒屋でこんなことをしているという状況にとても興奮した。

最後に

 最初に「NO」と言われても、ノリと勢いがあればここまでいけるということを、今回の出会いから学ぶことができた。

 チャラ男やDQNがモテるのは、このスキルを身に付けているからなのかもしれない。

 出会い系で女の子に出会った場合は「押してダメなら引いてみろ」ではなく、「押してダメなら、切り口やタイミングを変えて何度も押し続けてみろ」が吉である。

『ハッピーメール』のレビューはこちら
600_400a

4.0 rating

この記事の著者

職業:自営業期待の新星DH
大好きだった彼女に振られ、己の恋愛経験の浅さに気付き出会い系を始める。
飲み屋からホテルへの流れは自信があります。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top