EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

「これ、入るんじゃない?w」高校時代の親友たちと泥沼3P『電マ事件』

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
「これ、入るんじゃない?w」高校時代の親友たちと泥沼3P『電マ事件』

ライター夕花みう

「可愛いなぁって思って」

 彼の口癖はコレである。どんなに痛い子でも、どんなにメンヘラでも、彼はこの言葉ひとつで女の子を昇華させてしまう。きっとそれこそが、彼のモテる由縁なのだろう。
 Dは、そんな人物である。

 彼と久しぶりにご飯を食べている時、面白い話を聞かせてくれた。

「きっと女の子ってどこまでいっても肩を並べない。フラットに仲良しってことはあり得ないと思うんだよね」
「うん…まぁそう思うけど、いきなりどうしたの?」

 Dのこの意見には賛同する。悲しいかな、実はわたしは友達と呼べる同性は少ない。何かしら男性絡みの用件で連絡をしてくるから、つるんでいるような…そんな感覚の人が大半である。
 わたしほど極端なタイプは少数かもしれないが、女性には男性よりもお互いを比べ合う傾向が顕著に見られる。

「つい最近3Pした時の話なんだけどさー…」

 彼は話し始めた。

なんとか友達ともセックスしたい、上手く3Pにならないかなぁ…


『久しぶりー。今なにしてるのー?』

 LINEが鳴った。相手は、何度か体の関係を持っているCである。彼女は細くてスタイルが良い、派手なギャル。クラブで飲み歩いては、イケメンを狩っている“肉食女子”だ。
 そんなCが、高校時代からの親友と飲んでいるという。可愛い子の友達は間違いなく可愛い。

『今家だけどー』
『ダーツしてるんだけど、来ない?』

 場所は自宅からタクシーで10分ほどのダーツバー。時刻は深夜1時。夜型のDにとっては別に苦しい時間でもなかった。

(とりあえず行こう)

 大通りに出てタクシーを探し、すぐに店へ向かう。薄暗い照明の小洒落たダーツバーの中には、ダーツの機械が何台か並んでいた。

「ひさしぶりーっ」

 かなりお酒の入ったCがいきなり抱き付いて来た。酒臭いが、可愛い子に抱き付かれて嫌な気はしない。

「久しぶりだなー。友達はどこ?」

 見ると、ソファーにおとなしい感じの女の子がちょこんと座っていた。頭をペコリと下げてくる。可愛くないわけではないが、正直地味だ。一緒にいたら、どうしてもCが目立ってしまう。
 だが、2人はかなり長い友達だという。

「こんにちはー。よろしくね」

 ソファーに座り、Cの友人Eと適当に話しながらダーツを進めていく。もちろん、久しぶりに可愛い子と会ったからにはヤりたい。だが、なんとか友達ともセックスしたい。

(上手く3Pにならないかなぁ…)

 そう考えていた。ちなみに、Dはしょっちゅう複数プレイをしてのける猛者である。

 ダーツで自分の番が終わるたびにCとキスをしていると、Eの視線が目に付いた。これはきっと、興味津々の目だ。DはCにナイショで、さりげなく腰に手を回してみることにした。

「…え…」

 最初は戸惑っていたEだったが、目を見るとまんざらでもない。嫌そうな顔もしない。これならイケるかもしれない。
 お互いにお酒も入ってきたので、Cとのイチャイチャはさらにエスカレートしていく。さりげなく胸元に手を入れて乳首をいじってみた。吐息が漏れる。反応は上々だ。

 すると、Eが時折ギュッと服の裾を握ってくる。ヤキモチの意思表示だろうか。程よくお酒も回ってきたところで、Dはとある提案をする。

「ねー、宅飲みしよーよ。俺の家近いし」
「いいねー!」

 2人とも乗り気である。ダーツを終えて、近くのコンビニでお酒を買い、家へと向かった。

あたし女の子攻めてみたかったの、一緒にE攻めよーよ


 部屋に入り、話しながらお酒を飲んでいると、ベロベロなCが首に手を回してきた。友達の前だというのに、ヤる気のようである。Eを見ると、興味津々ながらも恥ずかしそうな表情をしていた。

「ベッド行くか?」

 Dが言うと、Cはコクリと頷いた。
 お酒で大胆になっているのか、いきなり首元を舐めてくる。DはEに聞こえるよう、わざと吐息を漏らした。

「聞こえちゃうよーっ」

 Cはそう言っているものの、喜んでいるのは明白である。じっとりと下が濡れているのをパンツ越しに確認しながら、ここでDは敢えての行動に出る。

「Eちゃんも、来る?」
「…うん、わたしも混ざりたい…」

 暗闇で一糸まとわぬEの姿が見えた。地味に思えたが、なかなかのプロポーションだ。テンションも上がる。Cは「マジで?w」なんて言いながら笑っている。

(よし、イける)

 Cの乳首を舐めていると、Eがフェラをしてきたり、逆にEに手マンしていると、Cが後ろから手で触ってきたりした。どうやら、2人には見えないところで対抗心があるのかもしれない…と気付く。
 ダブルフェラをして貰ったり、かわるがわる挿入しているうちにCがとある提案をする。

「ねぇねぇ、一緒にE攻めよーよ。あたし、女の子攻めてみたかったの」

 家にある電マやバイブを取り出し、2人がかりでEを攻めていく。最初はお互いに面白がって当てる程度だったが、徐々にCのSスイッチが入ってきてしまったようだ…。
 電マの震度をマックスにして、痛そうに体をよじるEに近付けると、ビシャリと潮を吹いた。

「あははー。吹いちゃったー。気持ちいいの?ねぇ、『気持ちいいです』は?」
「……気持ち、いいです…」

 EはドMなのか、言われた通りに繰り返す。CのSっ気は止まらない。

「これ、入るんじゃない?w」

 電マを指差してCが言った。

「さすがに無理だよ…」

 Dが止めたものの、Cはドンドン奥まで挿入していく。ほぼスッポリとEの膣内に電マが収まってしまった。気持ちいいのか痛いのか、絶頂を迎えたEがわんわんと喘いでいる。
 気持ち良さそうにしているものの、これ以上は危険だと思ったDが抜こうと試みた。が…抜けないのである。

「なぁC、抜けないよ…」
「えっ。えっ、ウソ!?」

 素に戻ったのか、必死になったCが抜こうとするが、ギュッと膣内が締まっているのか、電マは一向に抜けない。ローションを付けてしばらく格闘すると、やっと抜くことが出来た。
 女同士の友情の裏側を覗き見た3Pだった…。

後日談

「でも、2人は今でも仲良いらしいけどねー。ちょっとイザコザは残ってんじゃない?」

 パスタを丸めながら何てことのない表情で言うDに、女性代表として一応苦言を呈しておく。

「でも一番ズルいのは、その2人の微妙なコンプレックスを利用して3Pしちゃうあんただからねっ」



可愛いコ2人と3Pとか・・・俺も下半身のダーツを刺してあげたい
ヤる夫(グッと来た)
絶対言うと思ったわww
ヤらない夫

4.0 rating

この記事の著者

現役女子大生ライター風俗・お水業界三冠王夕花みう
現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top