EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

風俗嬢の独り言

オススメ特集記事

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)
【EGweb】有料サービス
風俗嬢の独り言

読者投稿年齢不詳の現役風俗嬢

 ソープ嬢にもランクがある。

 高級ソープは1時間4~5万円。

 中級で3万円前後。

 大衆級で1万5千円前後。

 どれも基本サービスは同じ。

 違いは高級ソープが生の中出しで、他はゴム付きというくらい。

 マット洗いは1時間ポッキリ。

 客が同じソープ嬢を指名すると指名料金を払う。

 それを店とソープ嬢が折半する。

 ソープ嬢は、客の支払い金額の50~60%を日払いで貰う。

 デリヘル嬢も50~60%と同じ割合。

 最近は客が少なく、時間帯でサービスタイムになって金額が下がる。

 風俗嬢には交通費は出ない。

 客が付かなければ収入もない。

 稼ぎがない時は、出会い系で客を探す。

 でも風俗業界では、店以外で客を取ればクビだ。

 業界に名前が知られれば、風俗で仕事をすることはできない。

 身体を張る風俗嬢から言わせれば、

「生活のために同じ事をしてどこが悪い!?」

というのが共通の思いだろう。

 デリヘルにも援デリのように、セックス有りの裏デリもある。

 身体を張って稼ぐ風俗嬢は、間違いなく生活がかかっている。

 即尺やごっくん、洗ってないチンチンを咥えてフェラ、そしてチンチンの精子を飲み込む。

 もしくは、別料金のアナルセックスで稼ぐ。

 マット洗いは思いのほか重労働。

 男性の身体にローションを塗り、女性が身体で洗い、フェラからのセックス。

 リピーターを増やすために、サービスの質を上げる。

 とくに若いデリ嬢の努力には頭が下がる。

 別料金がかかるところを、タダでサービスしたり。

 子供のために働く女性。

 親のために働く女性。

 若い時に入って、普通の仕事ができなくなってしまった女性。

 キャバクラで、客の売掛金を払うために風俗に入ったり。

 風俗嬢の男性へのサービスは、セックスが終わってゴムを外し、チンチンを口と舌で掃除するまで続く。

 私と仲が良い風俗嬢は、「仕事」と割り切って男性の喜ぶことは全てしてあげている。

 そして、割り切り女性にも2つのタイプがある。

 普通の割り切り女性は、男性がお金で助けてくれるから、精一杯サービスをする。

 だから、リピーターも増えていく。

 その一方で、「どうせ素人だから」とマグロ状態、フェラも適当な割り切り女性もいる。

 そういう女性には、男性は「二度と会わない」と思うだろう。

 私は風俗嬢にも、割り切り女性にも、フェラテクを教えてあげることがある。

 それは彼女たちが、「少しでも身体が楽になるように」との思いからだ。

 男性は1回射精すると、セックスが終わる。

 私1人では面倒を見れないから、余計に彼女たちの身体を心配してしまう。

 既婚者の女性に助言を。

 貴女は旦那を愛していますか?

 家族のために必死に働く旦那を。

 金を運ぶだけですか?

 帰って来たら、「ご苦労様」と言っていますか?

 化粧はしていますか?

 女を忘れていませんか?

 風俗嬢は生きるために働く。

 割り切り女性は、生活のために身体を売る。

 金を稼ぎ、守る人が居れば身体を売ることはない。

 妻の立場は、旦那が稼ぐから守られている。

 旦那に感謝を忘れていませんか?

 子供がいる人は、なかなか家でセックスを楽しめない。

 月に1回はラブホで、夫婦が男と女になり、セックスをしませんか?

 ソープ嬢のように、旦那にサービスをしてみませんか?

 貴女には、日頃できない体位で愛して貰いましょう。

 二人で毎月セックスをする日を決めて。

 貴女は化粧して、勝負下着で。

 二人のセックスライフはより良いものになるでしょう。

 女性が浮気して不倫する。

 男性が浮気して不倫する。

 もちろん、それぞれ理由はあります。

 でも、愛する2人の心に隙間風ができるのはなぜ?

 それは、お互いに愛を上手く表現していないからでしょう。

 たまには風俗嬢のように、彼氏や旦那に尽くしてみては?

 尽くされた彼氏や旦那は、貴女に愛のあるセックスで答えてくれるでしょう。

 それでは、皆さん良い出会いを。



 う~ん…深い、深すぎるぜ…。

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top