EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

オールタイム20分3,000円から抜ける!大塚の激安ピンサロ、『ロコモーション』に行ってきた

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
オールタイム20分3,000円から抜ける!大塚の激安ピンサロ、『ロコモーション』に行ってきた

【出典:大塚ピンサロ『ロコモーション』】

ライターチャン小林

 ピンサロ店が狭いエリアに密集している地域と言えば…真っ先に思い浮かぶのが大塚である。初めて大塚のピンサロへ行ってから、早いもので14年が経っている事に驚いてしまう。
 しかし、いつまで経っても、大塚の街並みは昔ながらのアダルトな雰囲気を漂わせており、暇さえあればサクッと抜きに行ってしまうのだ。

 フリーライターとして活動するメリットは、風俗店が混まない時間帯に遊べるということである。仕事帰りのサラリーマンでごった返す時間を避け、ほぼ待ち時間なしで入店できるのだ。
 とは言え、待合室ではスーツ姿の男性を多く見掛けることがある。きっと、外回りの仕事中やお昼休憩中といったところではないだろうか。いずれにせよ、ムラムラが我慢できなかったのは間違いない。

 筆者のムラムラは当日いきなり襲ってくる事が多く、事前に予約をして遊ぶわけではない。今回も仕事が早く終わり、ボーッとしていたら無性に抜きたくなってしまったのだ。
 そして、以前から気になっていたホームページの水着が眩しい大塚のピンサロ、『ロコモーション』へ行くことにしたのである。

オススメは30分4,000円の2回転コース


大塚駅北口
 JR山手線に揺られながら大塚駅に到着。平日の昼間ということもあり、ピンサロ店がある北口の人通りはまばらだ。

大塚の街路
 スタバの脇道を入って真っ直ぐ進むと、左手に「チョモランマ山(ラーメン・餃子屋)」と「横浜家系ラーメン」が見えてくる。これが分かりやすい目印なのだが、いかんせん慣れない人には入店しづらい場所にある。

『ロコモーション』が入っているビル
『色々な人に見られていたら恥ずかしい…』と思ってしまうかもしれないが、コツは周りを一切見ないことに尽きる。筆者も人目に付く店は苦手意識があるため、いつも心を無にして入店しているのだ。
 しかし結局、一番必要なのは「勇気」だが…。

『ロコモーション』看板
 昭和の匂いがする派手な看板を確認してから、細い階段を昇り2階の受付へ。

『ロコモーション』階段
 気を付けて頂きたいのは、自動ドアではないため、ドアの前にジッと立っていても開かないという事だ。
 ドアを開けると、受付と右手に待合室があり、入った瞬間に男性スタッフから声が掛かる。

店員「いらっしゃいませ~♪今日はどうしますか?」
筆者「初めてなんですけど、コースは何があります?」
店員「ありがとうございます!コースはコチラです!」

 受付にある、料金システムが記載されたボードを見ながら簡単な説明を受ける。一番安いのは20分3,000円なのだが、オススメは30分4,000円の2回転だそうだ。
 今回は気持ち良く一発抜ければオッケーということで、20分3,000円コースを選択する。

 受付横にあるカーテンの奥がプレイルームとなっていて、座席は全て靴を脱いで上がるフラットシートタイプ。狭い造りではないため、脚を伸ばして座れるのは客からすれば嬉しい。
 薄暗い店内だが、真横に座っている男性の姿はモロ見えであり、チラチラと目が合う筆者。しかし、『むしろ思う存分見てくれ!』と悟りを開けば全く気にならない。

確かに気持ちいいのだが…「発射させるフェラチオ」ではない


 座席に案内されるとお茶が運ばれ、再度簡単な注意事項の説明を受ける。

ロコモーション「進藤」 すると、すぐに南国風の洋服(パレオ?)を着た「進藤(しんどう)」嬢がやって来た。ホームページが水着推しだったこともあり、『まさか水着で来るのか!?』と淡い期待を持っていた筆者。

 気持ちを切り替えて嬢の姿を確認してみると…30代である事は間違いなさそうだが、スレンダーなスタイルと大きいオッパイに気付く。3,000円という料金を考えれば、納得のいくレベルではないだろうか。

 座席に着くと、会話の間もなくうがいをするよう伝えられ、その後は筆者の上に乗り、キスで攻めてくる進藤嬢。
 そして、ディープキスへと移行していくのだが…舌の絡み具合がイマイチフィットしないのだ。お互いにフィットするよう顔を横にしたり、舌を絡ませようとするものの、やはり上手くいかない…。

『このままキスをしていてもダメだ!』と思い、オッパイを見せて欲しいと伝えると、南国風の洋服から大きなオッパイが現れたのである。筆者の上に進藤嬢を乗せたまま、オッパイを堪能。柔らかいオッパイではなく、身が詰まった硬めのオッパイだった。

 乳首をつまみ、舌先で刺激してみたが、反応は薄い。
 20分しか無い事もあり、パンツを脱いでフェラチオ体勢になると、進藤嬢が裏筋と金玉を舐めてくれる(舐め上げてくれると言った方が正しいかもしれない)。裏筋と金玉を舐められると、筆者の愚息はギンギンに硬くなっていったのである。

 激しいフェラチオではなく、ネットリ舌を這わせたり、ゆっくりと咥えるタイプのフェラチオを披露する進藤嬢。『ジュポッジュポッ』という唾液が絡むような音は無く、静かに頭を上下させる。確かに気持ちいいのだが…「発射させるフェラチオ」ではない。

 進藤嬢も焦り始めたのか、乳首を弄りながら手コキにシフト。
 しかし、フェラチオで発射したい筆者にとっては、手コキでは逆に萎えてしまい、そのままタイムアップを迎えてしまったのである。

「気持ち良くなかったですか?」
「いや、きっと暑さでバテてたんだよ」
「本当にゴメンナサイ」
「大丈夫!大丈夫!」

 一生懸命に謝る進藤嬢が悪いわけではない…。
 ただ、店を出た後にスタッフが勧めてくれたコースを思い出し、『2回転にすれば良かった…』と後悔しながら帰宅したのであった。

実際に店舗を利用した方へ、アンケートにご協力下さい

大塚『ロコモーション』の総合評価は?

投票結果を見る

Loading ... Loading ...


【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)

拝啓 風俗店・ライト風俗店経営者様へ
風俗系店舗様の「記事広告」募集中(ピンク)

4.0 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top