EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

キャバ嬢にとっての「頼れる人」とは?

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
キャバ嬢にとっての「頼れる人」とは?

【EGweb】運営者江川

 独り身の女の子が常に求めているのは、いつの時代も「白馬の王子様」である。

 少し言い方が古かったかもしれないが、言い換えれば「ピンチのときに助けてくれる男性」のことだ。

 誰だって窮地に陥ったときは、どうすれば良いかわからなくなることがある。

 こみ上げる不安とともに、誰かに頼りたくなる気持ちも強まってくる。

 そんなとき、あなたが颯爽と登場して助けてくれたとしたら、女の子は絶大な好意と信頼を寄せてくれる。

 具体的には、「ノルマ達成のために店に通ってあげる」、「悩みを聞いてあげる」など、キャバ嬢が困っているときにあなたが駆けつけてあげよう。

 キャバ嬢には店から指名・アフターなどのノルマが課せられ、それが達成されないと給料が支払われないことも多々ある。

 また、誰にも打ち明けられない相談や、重い悩みを抱えこんでいるときなど、あなたが聞いてあげるだけでも気持ちは本当に楽になるもの。

 それを繰り返しているうちに、女の子は「頼れるのは○○さんしかいない」と思ってくれるようになる。

 言うなれば、あなたがキャバ嬢の「ヒーロー」になってあげるということだ。

 どれだけ親密になれるかは言うまでもないだろう。

 ただしヒーローとは、「何でも言うことを聞いてあげる」ということではない。

 本当にピンチのときに助けてくれる人が「ヒーロー」であり、何でも要求を受け入れる人は「便利くん」に過ぎない。

「便利くん」として認識されてしまったら、その立場から脱却するのは簡単なことではない。

 女の子と早く親密になりたい気持ちはわかるが、そういった意味を履き違えないように、本当に困っているときだけ手を差し伸べてあげるようにしよう。

PDFで読む、キャバクラ投資術。

2.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top