EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【ワクワクメール】献身的な女の子「真樹」

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー

ライターDH

 今回は、私が出会い系サイトで大当たりの女の子を引いたレポートである。

WANTED

写真
真樹1
名前
真樹
年齢
28歳(OL)
職業
ショップ店員
出会うまでの料金
400円
出会うまでの日数
2週間
出会った場所
立川

「真樹」との出会い


 去年の夏、ワクワクメールで掲示板に書き込みを行っていると、年上の女の子「真樹」からメールがあった。

「最近飲みに行けてないので、一緒に飲みに行きませんか?」

 私は20代前半の年下の女の子を探していたので、正直なところ返信に迷った。

 プロフィールを見てみるとプリクラが載っていたが、あまりタイプではなくさほど可愛いというわけでもなかった。

「来週の土曜が空いてるんだけど、どうですか??場所は真樹さんに合わせます」

 すぐに誘ってみて、もし駄目ならさっさと切り上げるつもりでいた。

「いいですよ。場所は立川が近いから立川がいいな」

 すると、意外にすんなりオッケーの返事。

 連絡先を交換して、約束の土曜日までの2週間は毎日メールをした。

 会ったら何をするか、どんな人がタイプかなどについて話し合った。

 聞くと今は彼氏がおらず、職場は女の子ばかりだという。

 女性向けのショップのため、お客さんも同性ばかりで、本当に男性との出会いがないということだった。

 私に好意を抱いてくれているようで、長文のメールが多く、メールの返信も早かった。

 そしていよいよ当日。

 期待していなかった私の前に現れたのは、スラリと伸びた脚、くびれた腰、私好みの大きな胸という最高のスタイルをした女の子だった。

 しかも、プロフィールに掲載していたプリクラよりも断然可愛い。

 私のテンションが一気に上がったのは言うまでもない。

 その後、近くの個室のある居酒屋に入り、お酒を2~3杯軽く飲んだ。

 真樹も私のことを気に入ってくれたらしく、お互いのアクセサリーについて褒め合ったり、軽くボディータッチをしながら過ごした。

 この時点で、かなり親密になっていたように思う。

 軽くお酒が入った真樹と、近くのゲームセンターで記念のプリクラを撮った。

 そのとき勢いでチュープリを撮り、「DHが彼氏だったらいいのにな」と言われた。

 しかし、このとき私は「年上の彼女は結婚の話とか出てきそうで面倒臭い」「今はもっといろんな女の子と関わりたいから彼女を作るのは微妙」などの考えがあったため、曖昧な返事をしてしまった。

 その後はどうしようか迷ったが、とりあえずいちゃつきたかった私はネカフェを選択した。

 カップル席に入り漫画を持ち寄ったものの、すぐにお互いの体を密着させ、抱きしめたり頭を撫でたりして時間を過ごした。

 大きな胸に手をやり、サイズを聞くとEカップだという。

 脱がそうとすると「ここじゃ駄目」と言うので、場所を変えたらいけると考えた。

 立川のホテルには詳しくなかったためどうしようか悩んだが、ダメ元で「真樹の家に行ってもいい?」と聞いてみた。

 一人暮らしと言っていたので、もしオッケーならホテルを探す手間が省け、お金もかからない。

 真樹は少し悩んだ後に「いいよ」と答えた。

真樹の家にて


 彼女の部屋はとても女の子っぽく、至る所にリラックマやキティちゃんなどのキャラクターアイテムが置かれていた。

 真樹のために準備しておいたプレゼントのお菓子を渡し、食べ終わった後にベッドに移動して彼女の服を脱がした。

 待ちに待った真樹の大きな胸を堪能していると、彼女も積極的に私のモノを触ってくる。

真樹2
 すぐに真樹が上になり、私のモノを丹念に舐めてくる。

 さすがに年上で「エッチが好き」と言うだけあって上手かった。

「する前にお風呂に入りたい」と言うので、お風呂を溜めている間にずっと舐めてもらった。

「お湯加減を見てくる」という彼女を追いかけ、お湯に手を入れる真樹のお尻を捕まえて後ろから挿入した。

 真樹は「だめぇ」と言いながらも受け入れる。

 そのままお風呂に入り、その中で湯船に浸かりながら一回戦を終えた。

 最後は口の中に出したが、真樹は何も言わなくともそれを飲み込み、出し終えた後も綺麗に舐めとってくれた。

 その後、寝る前にもう一回戦をした。

 彼女は騎乗位が好きなようで、自分から積極的に動いてくれる。

 その他の体位でも、私の動きに合わせて腰を振ってくれた。

 真樹はテクニックがあるだけでなく、とても奉仕的なエッチをしてくれる女の子だった。

 寝る前に私の念願であった、「お目覚めフェラで起こしてほしい」とお願いした。

 すると翌朝、私は下半身をモゾモゾと触る感覚で目が覚め、気が付くと真樹が寝起きで早速フェラを始めていた。

「明日水族館に行こう」という話だったが昼過ぎまで抱き合い、真樹と合計4回もしてしまった。

 出会い系で出会った女の子とのエッチでは、間違いなく一番だった。

水族館にて


 そして、昼過ぎからは品川の水族館で一緒に時間を過ごした。

真樹3

真樹4

 しかしこのとき感じたのが、真樹とは酒を飲んでいない状態だとあまり話がかみ合わず、相性が良くないかもしれないということだった。

 いくら体の相性が良くとも、心の相性が合っていないと一緒にいて楽しくない。

 やはり、「彼女」にするのは難しいかもしれないと感じていた。

 その後はさすがにエッチをする体力がなかったため、そのままご飯を食べて別れることにした。

 後日談であるが、真樹とはもう一度会ってエッチをしただけで、それ以降は音信不通となってしまった。

 当時は他の女の子と会うことで忙しく、真樹のほうも「土日の休みが取れない」という理由から徐々に時間が経過。

 その間に冷められてしまったようである。

 真樹とのエッチを思い出し、その後に何度か連絡をしたが、返事がくることはなかった。

 セフレにするならば、真樹のような献身的なエッチをしてくれる娘が良いのだろう。

 後にも先にもあれほど奉仕的な女の子に会ったことがなかったため、今となってはもったいないことをしたなぁと後悔している。

『ワクワクメール』のレビューはこちら
『ワクワクメール』バナー

4.0 rating

この記事の著者

職業:自営業期待の新星DH
大好きだった彼女に振られ、己の恋愛経験の浅さに気付き出会い系を始める。
飲み屋からホテルへの流れは自信があります。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top