EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

『おっパブ』で感動した話

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
『おっパブ』で感動した話

読者投稿30代後半の男性

 おっぱいパブとは、おっぱいのパブである。

 パブって何だかよくわからないので、結局はおっぱいである。

 10年程前に、会社の上司に連れて行かれた。

 上司は得意げにこう言った。

「○○も社会人になったらこういう遊びを知らないとな!」

 俺は既に、ソープもヘルスもピンサロも経験済みであった。

 だが新人らしく、

「そんなところ行くの初めてです!」

と無駄に初々しさをアピールしていた。

 連れて行かれた店の名は、



《パイパニック》



 当時はタイタニックの映画が流行っていたので、そのパロディであろう。

 俺はくだらない店舗名に感動すら覚えていた。

 軽く酒を飲んでから、パイパニックへ向かった。

 めっちゃ並んでた。

「え?ドラクエの発売日だっけ?」

くらい並んでた。

 いい歳したおっさん達が、すごい真面目な顔して並んでた。

 待ってる間、店から出てくるサラリーマン達の顔を見ると幸せそうで、どこか誇らしげだった。

 どんなシステムか把握してなかった俺は、どんな桃源郷かと楽しみにしていた。

 店に入ると、広い室内でソファーが大きな円になっていた。

 そこは見たことのない乳の山。

 バカ殿のテレビで見るような、たくさんのおっぱいであった。

 ソファーに座ると1人の下着姿の女性が横につき、

「よろしくね!飲んできたの?」

と元気よく話かけてきた。

 その女性と会話を5分程すると、音楽が急にアップテンポなものに変わった。

 クレヨンしんちゃんの曲だった。

 ボーイが無表情で、テンションの高い合いの手をマイク越しに叫ぶ。

「お待たせしましたぁぁ!パニックタイム突入でございまぁぁす!
 もんでーもんでー♪ハイハイハイ!パニックパニック♪ハイハイハイ!!」

(何が起こるの?)

 戸惑っていると、隣についた女性がブラを外して俺の膝の上に跨がる。

 女性は躊躇する俺の両手をつかみ、自分の両乳房にあてがう。

 そして

「優しくね!」

と言われたので、俺は揉んだ。

 ただひたすら揉んだ。

 すると店の中で流れていた曲がスローテンポなものに切り替わり、女性はいそいそとブラをつけて

「ありがとうございました!」

と左隣の席に移動した。

 俺の席にも、右隣の席から新しい女性が来る。

『少し話す ⇒ パニックタイム発動 ⇒ 揉む』

 これを繰り返した。

「おっぱいの回転寿司やー!」

 彦摩呂ならそう表現するだろう。

 ただひたすらに、流れてきたおっぱいを揉む。

 その途中で、おっぱいを揉んでるのか肉を揉んでるのか感覚が麻痺していく。

(小学校の時、エロ博士が「なあお前知ってたか?おっぱいは二の腕と同じ柔らかさなんだぜ!」そう言ってたなぁ。みんな元気かな)

 軽く走馬灯が流れる。

 握力がなくなるほどにおっぱいを揉む。

 隣の席に目をやると、上司は何かのストレスをぶつけるかのようにおっぱいを揉み、時にはしゃぶりついていた。

(人間てすごいな)

 そう思いながら時は流れ、20個くらいのおっぱいを揉んで店を出た。

 上司は満足しきった顔で、

「いいか、おっパブはスポーツだ」

 両手首を伸ばしながら、そう言った。

 そう言った上司は、とても輝いていた。

 俺は上司に感謝するとともに、感動を伝えた。

 俺はその後、1人でヘルスに向かった。



 おっパブは前に行ったことあるけど、結構面白かったよ!

 でもヌキは無しだから、その後はムラムラしてヤバいだろうね!

 そのムラムラをどう処理するかは、人それぞれだよね!

4.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top