EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

「好きなタイプは?」と質問することの無意味さ

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
「好きなタイプは?」と質問することの無意味さ

【EGweb】運営者江川

 異性に対してする王道の話題で、「これは困るだろうな」と感じる1つの質問がある。

「好きなタイプは?」

 俺は正直、この質問をすることに意味はないとすら考えている。

 その理由は主に2つあり、言語の多義性と人間の両面性に起因する。

 まずは、言語の多義性について考えていこう。

 たとえば「優しい人」と一口に言っても、人それぞれ「優しい」の意味合いは違ってくる。

「黙って自分についてきてくれることが優しさだ」と言う人もいれば、「ワガママを許してくれるのが優しさだ」と言う人もいる。

 俺の場合は、「女性のことを認めて褒めてあげる」ことを優しさだと考えている。

 その他にも、女性がワガママを言ったり、筋が通っていないことをした時には、注意することを「優しさ」だと感じている。

 このように、同じ言葉で表現していても、各個人によって求める本質には大きな違いがある。

 これが言語の面白い部分でもあるし、同時に不自由な部分でもある。

 とくに初対面の人間同士では、この不自由さが前面に出やすい。

 そのため、自分のタイプを言語化することはあまり意味を成さない。

 次に、人間の両面性について考えていこう。

 男性が女性と話していても、「好きなタイプは?」と聞かれることがある。

 自分なりに答えた上で、相手にも聞いたほうが良いと思って聞き返すと、返信メールにこんなことを書いてくる人をよく見かける。

「甘えさせてくれる人」「引っ張ってくれる人」「ドMだからSな人」

 このような「好きなタイプ」を見ると、俺はつい首をかしげてしまう。

 どんな人間でも、常にしっかりしているかというとそんなことはない。

 普段はイジられている人だって、つい意地悪したくなることもあるだろう。

 いつもSな態度を取る人だって、時々は甘えたいと思うときもあるだろう。

 そして、相手によってキャラクターが異なってくるのが当たり前だ。

 家にいると両親に対して威張り散らしているが、学校ではあまり会話をせず友達も少ない。

「内弁慶に外地蔵」がまさに典型的な例である。

 コミュニティによって立ち位置が異なるのは、円満な人間関係を築く上で重要な要素だからだ。

 本来、人間はこのように両面性を持つ生き物である。

 そのため、最初から「自分はこういうタイプです!」と一面性を主張してくる人は、「私はこういうタイプだから、あなたが私に合わせてね」と言っているのと同じなのだ。

 つまり、どれだけ忠実に「好きなタイプ」を言語化したからといって、常に同じスタンスを取れるわけではない。

 以上の理由から、俺は「どんなタイプが好きですか?」というほど虚しい質問はないと考えている。

 もちろん、知り合ってから長い時間が経っていて、お互いのことを理解しているならばこの限りではない。

 そもそも、楽しく話ができる人というのは、こういった野暮な質問はしない。

 この質問が初期の段階で出てくる時点で、「話の引き出しが少ない」というレッテルを自分で自分に貼っているのだ。

「じゃあ、相手の好みを聞くにはどうしたらいいんだよ?」

 このように憤慨する人もいることだろう。

 そこで、俺から1つ提案がある。

「好きなタイプ」ではなく、「嫌いなタイプ」を聞いてみることだ。

 好きなタイプは時間によって移れども、『嫌いな人・受け付けない人』というのはそうそう変わるものではない。

 そして、好きなタイプよりもはるかに言語化しやすい。

 その質問は有益であると同時に、相手にとっても返しやすいだろう。

 話を弾ませるための1つの手段として、ぜひ使ってみてはいかがだろうか?

2.5 rating

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top