EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

【出会い系サイト】年齢差は38歳!奥手な女子大生とドS老紳士がセフレ関係になったワケ

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
【出会い系サイト】年齢差は38歳!奥手な女子大生とドS老紳士がセフレ関係になったワケ

※画像はイメージです。

ライター夕花みう

「おとなしい子が好きです」

 これは大学の友人A(22)の話である。Aはもともと、セックスが好きというわけでもなく、恋愛にもあまり積極的とは言えなかった。美人系の顔立ちではあるものの、どこか自信なさげな伏し目が印象的な女性なのだ。
 そんな控えめな彼女と奔放なわたしが、なぜ長年友人を続けているのかと言えば、地元が同じだったからである。

 だが、つい先日会ったAはなんだかいきいきとしていて、自信に満ち溢れた印象で、どこか艶っぽくさえあった。

彼氏っていうか、セフレっていうか…なんかそんな人ができて


「え、久しぶり!なんか雰囲気変わったね?」
「そうなの。実は…彼氏っていうか、セフレっていうか…なんかそんな人ができて」

 Aの告白は衝撃だった。ずっとセックスにコンプレックスを抱いていた彼女。とてもスレンダーで背が高く、「中性的なイメージを持たれてしまうのが嫌で、ずっと女としての自信が持てなかった」と言っていた。
 が、実はこの彼女、とってもエロかった。しかもドMなのだ。隠れてSM雑誌を読んだり、AVを観たり、官能小説を読んでマスターベーションをする、言わば“ムッツリ系女子”なのである。

 普段はエロを一ミリも見せないAのカミングアウトにも相当驚いたのだが、まだまだそれは徐の口だったのだ…。

「セフレって言っても、そんな積極的なタイプじゃなかったよね?どこで出会ったの?」
「ネット…それも、出会い系サイトなんだよね」
「ええっ」

 出会い系サイトってよく詐欺とかで問題になるアレだろうか。危険なイメージしかないのだが、大丈夫だろうか…。
 Aは雑誌やネットでオススメされていた●●というサイトを使ったらしい。実際に覗いてみると、たくさんの女性がエッチな写メを載せたり、男性が相手を募集するために書き込んだりしていた。用途は様々。純粋な出会い目的の男女から、セフレ目的、割り切り目的もいるようだ。

「ちょっと怖くない?よく書き込んだね」
「女性ってだけで需要があるみたいで。男の人はプロフィールを見たり、メールを送信したりするのにも若干お金がかかるの。だからお金持ちの人が多いし、やたらと数を打つような人もいないよ」

 Aはそう言いながら、現在セフレ関係を続けているという男性のプロフィールを見せてくれた。

「こんなおじいちゃんですが、柄にもなく」老紳士登場


『おとなしい子が好きです。Mっ気のあるかた、大歓迎。最初はお食事からはじめましょう』

 Aは、エロを全面に出さない彼の紳士な印象に惹かれたらしい。しかも、彼女にはもともと調教されたい願望があった。
 最初は興味本位でメールを送っていたのだが、やり取りも丁寧な敬語。Aの仕事終わりには労(いたわ)りの言葉を掛けてくれたし、そのうちに『会ってみてもいいかなぁ』という気になった。

 彼の年齢は聞いていた。驚くなかれ、60歳である。

「はじめまして」

 待ち合わせ場所のカフェに彼が現れた。「老紳士」という言葉がピッタリで、醜い印象は特になかった。歳を重ねてはいるものの、髪はしっかりとセットされており、仕事帰りの背広姿もどことなくオシャレな雰囲気だった。

「Aさんですか?」
「はい」

 サイト上での名前を聞かれて、Aはコクリと頷く。

「お綺麗な人だったのでビックリしました」

 素直に嬉しいと思った。どちらかというとボーイッシュな印象を持たれることが多く、「綺麗」だとか、「美しい」という言葉には慣れていなかったからだ。おまけに、背もAの方が高かった。

「お会いできてうれしいです。こんなおじいちゃんですが、柄にもなく」

 そう言って老紳士がおどけると、2人の間に笑いが生まれる。とても自然な流れで、2人はメールの続きのようなことを話し、その日は会ったばかりで不安だろうと、老紳士は食事だけで別れてくれたのだった。

 そんな柔らかい印象の老紳士だったが、次に会ったとき、思いがけない一面を見る事になる。

自作のオモチャで調教、調教、調教


「さぁ、行こうか」

 彼が高級外車でAを迎えに来た。なんだか恥ずかしい。視線が集まっている。
 老紳士は自分で会社を経営していて、それもかなり上手くいっているらしい。どうりでスーツもオシャレで清潔感があるわけだ。
 運転する彼はどことなく若く見えた。そして、2人はラブホに入って行く。

「綺麗だよ」

 彼は何度も何度もそう言いながら優しくAを抱いた。経験の深さだろうか。指遣いも舌遣いもひとつひとつが丁寧で、芯まで熱くなるような快感を覚えたという。さすがに老紳士の体は老いており、シミなどが汚く、腹も出っ張っていて、そこだけは不満だったようだが…。

 彼は回数を重ねるたびに、過激なプレイもしたがるようになった。最初はソフトなSMで、軽く手足を縛るぐらいのプレイから始め、首輪・手錠とどんどんエスカレートしていった。
 今ではムチやローソクなどのハードなプレイに夢中らしい。機械にも詳しい彼は、手作りのオモチャも持参するという。なんだかすごい世界である…。

最後に

 そんな御年60の彼は最近、Aのために男性器に真珠を入れたらしい。「いやあ、スゴイですね」としか言いようがない。
 とはいえ、ドM気質のわたしには非常にそそられる話である。わたしもそんな風に調教されたいものだ。わたしも出会い系サイト始めようかな…。『調教してください』って。

【調査報告】“イマドキJD”と簡単に出会う方法が判明wwwww
“イマドキJD”と簡単に出会う方法とは!?(バナー)

4.5 rating

この記事の著者

現役女子大生ライター風俗・お水業界三冠王夕花みう
現役女子大生ライター。キャバクラ、デリヘル、性感マッサージでナンバーワンを取った三冠王。性愛道の修行僧、もしくはエロテロリスト。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top