EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

介護中、36年前の不倫に怒り…夫(79)を暴行死―妻(71)に執行猶予判決

オススメ特集記事

管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】
管理人が厳選した【優良出会い系サイト集】(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
介護中、36年前の不倫に怒り…夫(79)を暴行死―妻(71)に執行猶予判決

 人を死に至らせて執行猶予付きの判決…これは甘いのか?情状酌量の余地があるから妥当なのか?

2015年6月26日14時18分

 暴行のきっかけは、36年前の夫の不倫だった――。東京・目黒で昨年7月、介護していた夫(当時79)を殴って死なせたとして、傷害致死の罪に問われた妻(71)の裁判員裁判の判決が25日、東京地裁であった。島田一裁判長は「夫の不倫を思い出して不満がこみあげ、暴力に及んだ」と認める一方、「反省している」として、懲役3年執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。

 判決によると、被告は夫の介護を続けていた昨年7月24日、東京都目黒区の自宅で、夫の頭や顔を数回殴り、8月2日に急性硬膜下血腫で死亡させた。

(中略)法廷で被告は「あまりに急な介護で心の準備が追いつかなかった」と証言。そんなとき、36年前の苦い記憶が脳裏をよぎったという。

 1979年、夫は45歳、被告は36歳だった。(中略)ある日、夫の名刺入れから女性の写真を見つけた。(中略)夫は不倫を認め、謝罪した。

(中略)不倫発覚後も、子どもに夫婦げんかを見せまいと、夫を責め立てることはしなかった。自分のプライドもあった。胸にしまったはずだった。

 しかし、一昨年から、夫婦の思い出話をする中で、ふと、この不倫が話題にのぼった。夫は時効と思ったのか、女性を次第に好きになり、旅行に行ったことなどを打ち明けた。「妻としては、一番聞きたくないことでした」と被告。そこに介護の不安が重なり、犯行に及んだと説明した。(中略)

【出典:朝日新聞デジタル

年齢が年齢だけに、裁判長は余生を静かに送ってもらいたいと思ったのかな・・・
ヤる夫(喫煙中)
ちなみに「執行猶予」とは、猶予期間を罪を犯さずに過ごした場合、言い渡された刑罰が効力を失い、その刑が無効になる制度のことだ
つまり、今回の判決の場合は5年間穏便に過ごせば刑罰を受けなくて済む

既婚者はこうならないよう、日頃からコミュニケーションを取ってパートナーの不満を溜めないようにしておけよ
ヤらない夫(指差し)

総務省の調査で「会える確率35.8%」新型出会いSNSとは・・
エンタメであいジャーナル

4.5 rating

この記事の著者

職業:R-18ブロガー【EGweb】運営者江川
『役に立つ記事の提供』がモットーのR-18案件専門ブロガー。
月間55万PVの男性向けWebマガジン、【EGweb】を運営しています。

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top