EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

返信率が3倍アップする「ファーストメール」の書き方

ファーストメール
 このページでは、「返信率が上がるファーストメールの書き方」を解説しています。

 ファーストメールとは、一番最初に相手に送るメールのことです。

 気に入った女性を見つけたら、まずファーストメールを送ってアプローチするのですが、メールが返ってこなければ何の意味もありません。

 ましてや、返信がないからといって、こちらから一方的にメールを送ってしまうと引かれてしまいます。

 ファーストメールに対する返信の有無は、女性と会うためにも重要なポイントになります。

 それでは、どのようなファーストメールを送れば、女性が高確率で返信してくれるのでしょうか。

 ファーストメールに書くべき内容は以下となります。

返信率が3倍上がるファーストメール


Point①軽い挨拶文
例:「初めまして」「こんにちは」

Point②メールを送った理由

Point③返信を求める文章


 上記の3つを押さえた例文です。


 初めまして!《軽い挨拶文》
 同じ●●在住ということで、気になってメールしてみました。《メールを送った理由》
 良かったらメールしませんか?《返信を求める文章》


 「たったこれだけ!?」と思った方もいることでしょう。

 そう、これだけで返信がくるのです。

 具体的に解説していきます。

 まず、≪Point①≫の『軽い挨拶文』は必ず書きましょう。

 挨拶なしのファーストメールは印象が悪くなります。

 次に≪Point②≫、『メールを送った理由』ですが、これは趣味や特技などのことを書いても構いません。

 例を挙げると、

 「プロフィールで趣味をテニスと書かれてましたよね?私もテニスをしているのでメールしました!」

 このような感じでもOKです。

 「プロフィール写真が可愛かったのでメールしました!」のように、見た目での理由は印象が悪いのでやめましょう。

 そして最後に、≪Point③≫の『返信を求める文章』を必ず書いてください。

 「返事待ってます」「絶対返事して下さいね!」など重い感じで書くのはやめましょう。
 
 「こんな簡単な内容で返事が来るはずない…」とまだ疑問に思っている方がいらっしゃるかもしれません。

 確かにファーストメールに関しては、「しっかりと自己紹介文を書いて送ったほうが良い」という意見もあります。

 しかし、私の意見は違います。

 簡単なファーストメールには、以下の4つのメリットがあるのです。
 

1.内容が淡白なため気楽に返せる


 冒頭で書いたように、女性からの返信がなければスタート地点にすら立てません。

 逆に言えば、返信がきたら「こっちのもの」です。

 そのため、相手が「いいよー」「はーい」などの一言で返せる内容で書くのがベストです。
 

2.女性に『とりあえずメールだけ』と思わせる


 あくまでも最初は、「とりあえずメールのやり取りだけ…」と女性に思わせることがポイントです。

 そのほうが、相手も気楽に返信しやすくなります。

 もちろん、会う約束はある程度仲良くなってから取り付けましょう。
 

3.長文メールは『長文で返さないと』と感じさせてしまう


 もし女性がこのような意識になってしまったら、返信するのが面倒くさくなり、最終的にメールがこない可能性もあります。

 それを防ぐ意味でも、あえて短文のファーストメールが有効なのです。
 

4.興味を持たせることができる


 相手に対して聞きたいことが、ファーストメールに長々と書いてあったら…返信する気はなくなってしまいます。

 最初は怪しまれない程度に、『この人はどんな人なんだろう?』と興味を持たせることが重要です。

 しかも、自己紹介はプロフィール内にも書かれています。

 そのため、わざわざファーストメールで書く必要はありません。


 
 私はいつも短文でファーストメールを送っており、多くの女性から返事がきます。

 むしろ長文のファーストメールでは、返信率が低くなるという結果が出たのです。

 あなたも是非、「短文ファーストメール」を実践してみてください。

 女性からのメール返信率が3倍にアップすることをお約束します。
 
 もちろん、プロフィールをしっかり作っていることが前提ですよ(笑)


【超優良出会い系サイト】ランキングを見る

Return Top