EGweb.TV

“女を求めるは男の本能”
欲望を追求し続ける男性向けWebマガジン。
マルチなR-18ネタを年中無休でお届けしています。

援助交際に紛れた『闇デリ』とは?

オススメ特集記事

【緊急特集】オイシすぎる“タダフーゾク”の実態
オイシすぎる“タダフーゾク”の実態(バナー)
『公式メルマガ登録』バナー
援助交際に紛れた『闇デリ』とは?

【EGweb】運営者江川

 JCやJKによる売春行為には、とある業者が裏で手を引いていると思われるケースがあります。

 18歳未満の児童に援助交際をさせることによって、大きな利益を上げる組織は現実に存在しているのです。

 それが、“闇デリバリー(闇デリ)”です。

 闇デリ業者に当たってしまうと、出会い系サイトを利用する男性はもちろんのこと、JCやJKの人生をも破綻させてしまう可能性があります。

 果たして、そんな『闇デリの実態』はどのようになっているのでしょうか?

『闇デリ』とは?


 闇デリ業者は、風営法に基づく届出を行っていないデリバリーヘルスです。

 これはもちろん違法行為のため、発覚した場合は検挙され、逮捕となります。

 デリバリーヘルスは業務形態上、女性スタッフと待機所、連絡先さえ確保できればすぐにでも開業できてしまいます。

『闇デリ』は開業資金をほとんど必要とせず、大きな利益が見込める違法ビジネスなのです。

 闇デリ業者は、出会い系を始めとする男性が多く利用するサイトに潜入し、女性会員に成りすまして営業をかけ、顧客を獲得していきます。

 特に最近の出会い系サイトでは、サクラではなくデリバリー業者がとても多く見られています。

 闇デリ業者の一番の問題は、JCやJKなどの児童を女性スタッフとして派遣してくることです。

 男性が児童と援助交際を行ってしまうと、「児童売春・児童ポルノ禁止法」などの罪で検挙されることになります。

 その際に、相手が児童であることを知っているかいないかは重要視されません。

 そもそも、性交は深い関係にある者同士の行為です。

 性交の相手方となる女性の年齢確認は、男性側の義務とされています。

 そのため、「児童とは知らなかった」という言い訳で逮捕を免れることはまずありません。

『援デリ』と『闇デリ』の違い


 援デリと闇デリは、業務形態がとてもよく似ています。

 両者の違いは、派遣される女性スタッフの年齢層にあります。

『援デリ』は18歳以上の女性を雇うことが多く、児童が派遣される可能性は少ないと見て良いでしょう。

 その反面、『闇デリ』は女性スタッフに年齢制限がなく、先ほどのように児童が派遣される可能性があるのです。

援デリと闇デリの違い
 わかりやすく言うならば、援デリは「18歳以上の女性部門」、闇デリは「児童部門」です。

 援助交際を行うときには、見た目が若い女の子とは絶対に性交するべきではありません。

闇デリ業者の手口


 闇デリ業者は、出会い系サイトなどで援助交際を希望しているJCやJKをスカウトし、「売春相手の募集代行・トラブルの解決」などの条件を提示して組織に入れます。

 その後は18歳以上として登録した出会い系サイトのアカウントを使い、一般男性とコンタクトを取ります。

 援助交際の条件や待ち合わせ場所などが決まれば、女性スタッフを現地に派遣します。

 しかし、女性の写真がどんなに可愛くとも、客引きのために盛っている可能性が非常に高いのです。

 そのため、援助交際希望の女性と会うときには、期待しすぎないようにしましょう。

 また、ときには全く別の女性スタッフを派遣することもあります。

 こうした行為は売春防止法(管理売春の禁止)違反となりますし、児童を派遣した場合は児童福祉法違反となります。

 さらに悪質な闇デリ業者は、美人局や行為中の不当な金額の釣り上げなどを行うこともあるようです。

 サイトや地域によって違いはありますが、援交目的の女性のほとんどが援デリに関わっているという見解もあります。

 いずれにしろ、JCやJKなどの児童には絶対に関わらないようにしましょう。

 もし援助交際をするのであれば、18歳以上の女性とのみ行うべきです。

 もちろん、もっとも良い対処法は、援交女性と接触をしないことですね。

当記事は『闇デリ』の実態を広く知って頂くことが目的であり、援助交際を助長するためのものではありません。

【悪用厳禁】「誰か泊めてください…」家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態
家出少女が集う『神待ち掲示板』の実態(バナー)

コメントする(承認制です)

*

Facebookでコメントする

Return Top